かぜまち

投稿者hoge7215プレイ回数454
楽曲情報 かぜまち  小田桐仁義  作詞小田桐仁義  作曲小田桐仁義
難易度(2.8) 898打 歌詞 かな 長文モード可タグおだじん かぜまち 小田桐仁義 音楽 歌詞
【おだじん】小田桐仁義のかぜまちです
タイピングからは記号を除いています
※このタイピングは「かぜまち」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(とばりのなかでふくみなみかぜ)

帳の中で 吹く南風

(たどりつくまでおいかけよう)

辿り着くまで追いかけよう

(なもしらぬばしょまで)

名も知らぬ場所まで

(あそびつかれてねむりつくまで)

遊び疲れて 眠りつくまで

(まだこのたびはつづくのだ)

まだこの旅は続くのだ

(うみぎりとびこえて)

海霧 飛び越えて

(しゅうまつのてんきよほうくもりかさまーくで)

週末の天気予報 くもり→傘マークで

(すこしだけゆううつなんだけど)

少しだけ憂鬱なんだけど

(きみとならどこまでだって)

君とならどこまでだって

(めぐりめぐるなつのなかでかかぐねがいはかぜにのり)

巡り巡る夏の中で 掲ぐ願いは風に乗り

(ゆめにえがいたかぜまちまでながれたらもうさよなら)

夢に描いた風街まで流れたら もうさよなら

(はまのみなとでふくみなみかぜ)

浜の港で 吹く南風

(そらへまくまでそだてよう)

空へ捲くまで育てよう

(こっそりねがいこめ)

こっそり願い込め

(あらしのなかでこえをひそめて)

嵐の中で 声を潜めて

(かすかなひかりさすなつへと)

かすかな光刺す夏へと

(うぶごえをあげるよ)

産声をあげるよ

(あいぞめのはっぴまとうたいこのおとさわげ)

藍染のはっぴ纏う 太鼓の音騒げ

(すこしだけそうぞうしいんだけど)

少しだけ騒々しいんだけど

(それもまたふうりゅうだって)

それもまた風流だって

(めぐりめぐるなつのなかでたかくはやしはかぜにのり)

巡り巡る夏の中で高く囃子は風に乗り

(だれもえがいたかぜまちまでながれたらもうさよなら)

誰も描いた風街まで流れたら もうさよなら

(くらやみからとかれたときはじめてそらのあおさをしるように)

暗闇から解かれた時 初めて空の青さを知るように

(いっすんさきのかぜをただまっている)

一寸先の風をただ待っている

(めぐりめぐるなつのなかでかかぐねがいはかぜにのり)

巡り巡る夏の中で 掲ぐ願いは風に乗り

(ゆめにえがいたかぜまちまでながれたらもうそうこえたんだ)

夢に描いた風街まで流れたら 妄想超えたんだ

(めぐりめぐるなつのなかでたかくはやしはかぜにのり)

巡り巡る夏の中で 高く囃子は風に乗り

(だれもえがいたかぜまちまでながれたらもうさよなら)

誰も描いた風街まで流れたら もうさよなら

◆コメントを投稿

※誹謗中傷、公序良俗に反するコメント、歌詞の投稿、宣伝行為は禁止です。

※ランキング登録した名前で投稿されます。

※コメントは日本語で投稿してください。

※歌詞のコメントは著作権侵害となります。投稿しないでください!