よだかの星

投稿者銀次郎プレイ回数295
楽曲情報 よだかの星  伊東 歌詞太郎  作詞伊東 歌詞太郎  作曲伊東 歌詞太郎
難易度(3.1) 1039打 歌詞 かな 長文モード可タグ伊東歌詞太郎 音楽 歌詞 ほしねこ タイピング
よだかの星 / 伊東歌詞太郎
伊東歌詞太郎会場、通販限定CD「ほしねこ」収録「よだかの星」です。
※このタイピングは「よだかの星」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(あのたいようにあこがれたとどけとどけとどけ)

あの太陽に憧れた 届け 届け 届け

(だれかがおしえてくれたうまれたときにぜんぶきまると)

誰かが教えてくれた 生まれたときに全部決まると

(なにもかなしくなんかないあたりまえだ)

何も悲しくなんかない 当たり前だ

(よごれたはねにちいさなめたかによくにたなきごえだけど)

汚れた羽根に小さな目 鷹に良く似た鳴き声だけど

(にくしみとかなしいことばつきさされて)

憎しみと悲しい言葉 突き刺されて

(よるのやみにかくれてはこたえをさがしてたけど)

夜の闇に隠れては 答えを探してたけど

(なぜだろうわけもなくなきたくなった)

なぜだろう わけもなく 泣きたくなった

(まんてんのほしにねがいをこめたならこどくのさきにとべるはずさ)

満点の星に願いを込めたなら 孤独の先に飛べるはずさ

(ぼくのからだはもえてきえたけれどもういっかいもういっかいとびたてる)

僕の体は燃えて消えたけれど もう一回もう一回飛び立てる

(いきることはかなしいねきづかずにだれかをきずつけて)

生きることは悲しいね 気づかずに誰かを傷つけて

(だれよりぼくがぼくのことゆるせなくて)

誰より僕が僕のこと 許せなくて

(だれかにあいされたいとねがうことなどいちどもなくて)

誰かに愛されたいと 願うことなど一度もなくて

(かわらないままいきていたいそれだけだよ)

変わらないまま生きていたい それだけだよ

(よるのやみにかがやいたあおじろいひかりだけが)

夜の闇に輝いた青白い光だけが

(なぜだろうわけもなくやさしくみえた)

なぜだろう わけもなく 優しく見えた

(まんてんのほしにさけびつづけたなら)

満点の星に 叫び続けたなら

(このおもいだけとどけばいいや)

この想いだけ 届けばいいや

(ぼくのからだはもううごかないけれど)

僕の体はもう動かないけれど

(もういっかいもういっかいとびたてる)

もう一回もう一回 飛び立てる

(とどくはずないとわらうこえもきえ)

届くはずないと 笑う声も消え

(もはやだれもいない)

もはや誰もいない

(やっとぼくはぼくのせかいをてにいれた)

やっと僕は僕の世界を手に入れた

(まんてんのほしにねがいをこめたならこどくのさきにとべるはずさ)

満点の星に願いを込めたなら 孤独の先に飛べるはずさ

(ぼくのからだはもえてきえたけれど)

僕の体は燃えて消えたけれど

(もういっかいもういっかいとびたてる)

もう一回もう一回 飛び立てる

(あのほしぞらにあこがれたとどけ)

あの星空に 憧れた 届け

(ずっとあおじろくもえるどこかにあるよだかのねがいは)

ずっと青白く燃える どこかにあるよだかの願いは

(ちじょうをてらしつづけてかがやいてる)

地上を照らし続けて 輝いてる

◆コメントを投稿

※誹謗中傷、公序良俗に反するコメント、歌詞の投稿、宣伝行為は禁止です。

※ランキング登録した名前で投稿されます。

※コメントは日本語で投稿してください。

※歌詞のコメントは著作権侵害となります。投稿しないでください!