図書室の恋

投稿者sakatakiプレイ回数1875
難易度(5.0) 605打 長文タグたいぴんぐ 小説 図書室
私が作った小説をじっくり打ってほしいです

関連タイピング

問題文

ふりがな非表示 ふりがな表示

(これは、ついさいきんのおはなしです。わたしはあたまがあまりよくありません。)

これは、つい最近のお話です。私は頭があまりよくありません。

(ちゅうがっこうにはいっても、まったくついていけません)

中学校に入っても、まったくついていけません

(わたしはつぎのてすとにむけて、たくさんべんきょうしました。とてつもないぐらいべんきょうした)

私は次のテストに向けて、たくさん勉強しました。とてつもないぐらい勉強した

(でも、まったくりかいできない。あぁ・・・きぶんてんかんに、としょしつにでもいこうかな・・・)

でも、まったく理解できない。あぁ…気分転換に、図書室にでも行こうかな…

(「ここは、ここにだいにゅうするんだ」ひくいこえがきこえた。)

「ここは、ここに代入するんだ」 低い声が聞こえた。

(そのとおりやってみたら、ちゃんとできた!「ありがとうございます」)

その通りやってみたら、ちゃんとできた!「ありがとうございます」

(おとこのひとはへんじはしなかった。だけど、すこしわらったようなきがした。)

男の人は返事はしなかった。だけど、少し笑ったような気がした。

(それからすうじつご、なんか、まいかい1いをとっているひとだったらしい)

それから数日後、何か、毎回1位をとっている人だったらしい

(わたしはもくひょうてんである150てんをしっかりとれた。)

私は目標点である150点をしっかりとれた。

(あぁ・・・またあのひとにあえないかなぁなんておもったりしてっ)

あぁ…またあの人に会えないかなぁなんて思ったりしてっ

(つづく(かもしれない))

続く (かもしれない)

◆コメントを投稿

※他者を中傷したり、公序良俗に反するコメント、宣伝行為はしないでください。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。