要塞砲兵の歌

投稿者Epi‐nastineプレイ回数37
楽曲情報 要塞砲兵の歌  作詞石井 洵  作曲須磨 学之
難易度(2.2) 1622打 歌詞 かな 長文モード可タグ軍歌
漢字の読み方に自信がないので間違えていましたら教えていただければ幸いです。
※このタイピングは「要塞砲兵の歌」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。
順位 名前 スコア 称号 打鍵/秒 正誤率 時間(秒) 打鍵数 ミス 問題 日付
1 zero 4761 5.1 92.7% 314.8 1626 127 72 2021/12/01

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(くずるるしおのうずまきて)

崩るる潮の渦巻きて

(すいろはるけきたいへいよう)

水路はるけき太平洋

(にしにうかべるれっとうは)

西に浮べる列島は

(とうあのちをばまもらんと)

東亜の地をば守らんと

(にせんよさいのいさおしを)

二千余歳の勲を

(のせてうるわしかさいこく)

載せて麗わし華彩国

(うみのじょうちょうもうどうも)

海の城ちょう艨艟も

(まもるにやすしわがほとり)

守るに長し我がほとり

(ただかためたるようさいに)

ただ固めたる要塞に

(けんじにらんでたてるあり)

健児睨んで立てるあり

(げいとうわれれになにかある)

鯨頭我れに何かある

(げいびいかでかふるわんや)

鯨尾いかでか振わんや

(とうげんのゆめさめめしとき)

桃源の夢覚めし時

(しゅしょうやちょうのもののふが)

殊勝や長の武夫が

(まよえるたみをいましめて)

迷える民を警めて

(つつのひびきにとつくにの)

砲の響に外つ国の

(れんごうかんたいげきはしぬ)

連合艦隊撃破しぬ

(ゆらいわがめにてきもなし)

由来我が眼に敵もなし

(またきみみずやげいじょうか)

また君見ずや麑城下

(えいせんのきもひしぎとり)

英船の胆ひしぎとり

(いかりうばいしことあるを)

錨奪いし事あるを

(しへいのみにはあらねども)

子平の身にはあらねども

(たみはえしらぬかいぼうと)

民は得知りぬ海防と

(わがていこくのほぜんをば)

我が帝国の保全をば

(そはかいしんのいちけいろ)

そは改新の一径路

(いまやくわしきほうもあり)

今や精しき砲もあり

(くにのいしずえうちすえて)

国の礎打据えて

(かたきとりでのじゅうよかしょ)

堅き塞の十余ヶ所

(たまたまときはうつりきて)

たまたま時は遷り来て

(えんせいもせしこうじょうたい)

遠征もせし攻城隊

(こうじょうほうのたけきいに)

攻城砲の猛き威に

(むくろとなりしりょじゅんこう)

骸となりし旅順口

(ひのはたたててかためなん)

日の旗立てて固めなん

(なんこうふらくのとりでをば)

難攻不落の砦をば

(ころうかくしてもくすべく)

虎狼かくして黙すべく

(ぼっかいのけんわれにあり)

渤海の権われにあり

(りょうようののにほうてんに)

遼陽の野に奉天に

(てきのぼうびをあだにして)

敵の防備を仇にして

(ほへいみちびくじゅうほうの)

歩兵導く重砲の

(のこるけむりのそこにわく)

残る煙の底に湧く

(どよめきのこえいさむなり)

どよめきの声勇むなり

(せんしんのしのこうたかし)

先進の士の功高し

(さればやわれはいまここに)

さればや我は今ここに

(よばばこたえんふっつのさき)

呼ばば答えん富津の崎

(かんのんざきやよこすかや)

観音崎や横須賀や

(ゆるくながるるはるのみず)

ゆるく流るる春の水

(むかしのゆめをうかべつつ)

昔の夢を浮かべつつ

(われはここにぞおゆるなり)

われは此処にぞ老ゆるなり

(みやじまのかげきよきとき)

宮島の影、清きとき

(きいのとおやまあおきころ)

紀伊の遠山、青きころ

(とえよわがともこのしまに)

訪えよ我が友この島に

(いくやしらほをかぞえつつ)

行くや白帆を数えつつ

(ゆうひのあやにつつまれて)

夕日の綾に包まれて

(がちゅうのみをばわすれなん)

画中の身をば忘れなん

(じんむとうせいそのおりの)

神武東征その折りの

(みちやここなるげいよかい)

道やここなる芸予海

(あかまがせきのかいきょうも)

赤間ヶ関の海峡も

(おもいはすぎてつしまおき)

思いは過ぎて対馬沖

(からやまのくもひくくしたる)

韓山の雲低く垂る

(しんこうのむかしいまにして)

神功の昔今にして

(あきはきにけりほうことう)

秋は来にけり澎湖島

(ふくしゅうのなみかよわせて)

福州の波通わせて

(わがぶをのべんひをはかり)

わが武を伸べん日を計り

(ふゆはつがるのうみあおく)

冬は津軽の海青く

(なみとこしえにうごくうえ)

浪とこしえに動く上

(せっぱくとおしえぞのとち)

雪白遠し蝦夷の土地

(わかれしきみとふみやりて)

別れし君と文やりて

(とりでまもりのしょうぐんと)

砦守りの将軍と

(はてしもあらぬわだつみを)

果てしもあらぬ大海を

(あさなゆうなにながめつつ)

朝な夕なに眺めつつ

(ひじりのくににささげたる)

聖りの国に捧げたる

(わがうんめいをばさとるかな)

わが運命をば悟る哉

◆コメントを投稿

※誹謗中傷、公序良俗に反するコメント、歌詞の投稿、宣伝行為は禁止です。

※ランキング登録した名前で投稿されます。

※コメントは日本語で投稿してください。

※歌詞のコメントは著作権侵害となります。投稿しないでください!