「体を温める」と病気は必ず治る

投稿者馬鹿プレイ回数1605お気に入り1
難易度(5.0) 2559打 長文タグ病気 冷え 健康 不調 長生き
冷えは万病のもと
私たちの体、内蔵は体温が36.5度あることで、正常に働くようにできている。体が冷えれば内蔵の働きが悪くなる。実際に、がん細胞は35.0度という低体温で一番増殖することがわかっている。石原結實「体を温める」と病気は必ず治る」からの抜粋です。

関連タイピング

問題文

ふりがな非表示 ふりがな表示

(ないぞうはたいおんが36.5どあることでせいじょうにはたらく。ひえればないぞうのはたらきがわるくなる。)

内臓は体温が36.5度ある事で正常に働く。冷えれば内蔵の働きが悪くなる。

(がんさいぼうは35.0どというていたいおんでいちばんぞうしょくすることがわかっている。)

がん細胞は35.0度という低体温で一番増殖することがわかっている。

(いちばんたいおんやきおんがひくくなるごぜん3じから5じは、ひとがいちばんおおくなくなるじかんたい)

一番体温や気温が低くなる午前3時から5時は、人が一番多く亡くなる時間帯

(からだをあたためるだけでふちょうがかいしょうする。ふかいすいみんがえられかつりょくがうまれあたまもさえる)

体を温めるだけで不調が解消する。深い睡眠が得られ活力が生まれ頭も冴える

(たいおんが1どあがるとめんえきりょくは5ばいきょうか!1どさがると30%いじょうもおちる!)

体温が1度上がると免疫力は5倍強化!1度下がると30%以上もおちる!

(えんぶんにはからだをあたためるさようがある。えんぶんのひかえすぎはからだをひやすいちいんとなる。)

塩分には体を温める作用がある。塩分の控え過ぎは体を冷やす一因となる。

(すいぶんをとりすぎるとからだがひえる。からだがひえるとろうはいぶつのはいせつがじゅうぶんにおこなわれない)

水分を取りすぎると体が冷える。体が冷えると老廃物の排泄が十分に行われない

(けつえきちゅうにえいようぶっしつやにょうさん、にゅうさん、にょうそなどねんしょうされないろうはいぶつがたまる)

血液中に栄養物質や尿酸、乳酸、尿素など燃焼されない老廃物がたまる

(けつえきがよごれるげんいんはひえのほかにたべすぎ、うんどうぶそく、すとれす、かんきょうおせんぶっしつ)

血液が汚れる原因は冷えの他に食べ過ぎ、運動不足、ストレス、環境汚染物質

(きゅうしゅうははいせつをそがいする。しょうしょくまたはだんじきをするとはいせつがそくしんされる。)

吸収は排泄を阻害する。少食または断食をすると排泄が促進される。

(たべすぎるとこうけっとう、こうしけっしょう、こうたんぱくけっしょうなどのえいようかじょうじょうたいができる)

食べ過ぎると高血糖、高脂血症、高たんぱく血症などの栄養過剰状態ができる

(たいおんの40%はきんにくからうみだされている。きんにくをつかわなければたいおんがさがる。)

体温の40%は筋肉から生み出されている。筋肉を使わなければ体温が下がる。

(すとれすがかかるとすとれすほるもんがぶんぴつ、けっかんがしゅうしゅくしけつあつがじょうしょうする)

ストレスがかかるとストレスホルモンが分泌、血管が収縮し血圧が上昇する

(このじょうたいがながくつづくとけつりゅうがわるくなり、たいおんがていか。はいせつがわるくなりちがよごれる)

この状態が長く続くと血流が悪くなり、体温が低下。排泄が悪くなり血が汚れる

(はっけっきゅうのりんぱきゅうもようかいするので、めんえきりょくがおちびょうきにかかりやすくなる)

白血球のリンパ球も溶解するので、免疫力が落ち病気にかかりやすくなる

(かんきょうおせんぶっしつとははいがすなどのたいきおせんぶっしつ、すいどうすいのなかのえんそかごうぶつ、)

環境汚染物質とは排ガスなどの大気汚染物質、水道水の中の塩素化合物、

(たべもののなかのざんりゅうのうやくやしょくひんてんかぶつ、かがくちょうみりょう、かがくやくひんなど。)

食べ物の中の残留農薬や食品添加物、化学調味料、化学薬品など。

(これらがはいやいちょうからけつえきにはいるとちがよごれる。)

これらが肺や胃腸から血液にはいると血が汚れる。

(しょくちゅうどくのときはおうと、げりはだすがままにしておき、あとでてんてきをするのがいい)

食中毒のときは嘔吐、下痢は出すがままにしておき、あとで点滴をするのがいい

(からだにはいったゆうどくぶっしつをそとにだすためのはいせつをくすりでとめてはならない。)

体に入った有毒物質を外に出すための排泄を薬でとめてはならない。

など

(しっしん、じんましん、かのうしんなどのはっしんはひふをとおしたはいせつ、けつえきじょうかはんのう。)

湿疹、じんましん、化膿疹などの発疹は皮膚を通した排泄、血液浄化反応。

(えんしょうはゆうどくぶっしつをねんしょうするためのはつねつさよう。)

炎症は有毒物質を燃焼するための発熱作用。

(けつえきのよごれをどこかいっかしょにかためてじょうかしようとするのがけっせんで)

血液の汚れをどこか一ヶ所に固めて浄化しようとするのが血栓で

(けっかんがいにだしてじょうかするのがしゅっけつ。どちらもけつえきをじょうかするためのはんのう。)

血管外に出して浄化するのが出血。どちらも血液を浄化するための反応。

(どちらのしょうじょうも、かんぽうの「おうれんげどくとう」や「けいしぶくりょうがん」など、)

どちらの症状も、漢方の「黄連解毒等」や「桂枝茯苓丸」など、

(くおけつ(よごれたけつえきをくじょ)ざいをつかってけつえきのよごれをこんぽんからとりのぞく。)

駆淤血(汚れた血液を駆除)剤を使って血液の汚れを根本から取り除く。

(たいないでけつえきをじょうかするためのそうちが「がんしゅ」。はっけっきゅうとがんさいぼうはにている。)

体内で血液を浄化するための装置が「がん種」。白血球とがん細胞は似ている。

(はっけっきゅうもがんさいぼうもこうげきたいしょうのさいぼうやゆうどくぶっしつをよわらせ、ひんしょくする)

白血球もがん細胞も攻撃対象の細胞や有毒物質を弱らせ、貧食する

(びょうきのよぼう・かいぜんのためにもっともたいせつなことは、)

病気の予防・改善のために最も大切な事は、

(たべすぎをさける。)

食べ過ぎを避ける。

(きんにくうんどうやろうどうなどでからだをよくうごかす。)

筋肉運動や労働などで体をよく動かす。

(からだをひやさない、つめたいものをとらない。せっきょくてきにあたためるようにする。)

体を冷やさない、冷たいものを摂らない。積極的に温めるようにする。

(なるべくかんきょうおせんぶっしつをさけるせいかつをする。)

なるべく環境汚染物質を避ける生活をする。

(まえむきにあかるく、ものごとのよいめんをみてほがらかにくらし、すとれすをへらす。)

前向きに明るく、物事の良い面をみて朗らかに暮らし、ストレスを減らす。

問題文を全て表示 一部のみ表示 誤字・脱字等の報告

◆コメントを投稿

※誹謗中傷、公序良俗に反するコメント、歌詞の投稿、宣伝行為は禁止です。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。

※コメントは日本語で投稿してください。

※歌詞のコメントは著作権侵害となります。投稿しないでください!