侵略する者される者

投稿者日雀プレイ回数154
楽曲情報 侵略する者される者  Sound Horizon  作詞REVO  作曲REVO
難易度(3.8) 1117打 歌詞 長文モード可
※このタイピングは「侵略する者される者」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(celtiberosのけんぞくがきずいたじょうへきをくずして)

Celt Iberos の眷属が築いた 城壁を崩して

(carthageがおどったしょうりのぶとうがだいちをふるわせた)

Carthageが踊った勝利の舞踏が 大地を震わせた

(hispaniarmaがあれちをたがやしていしをしきつめて)

Hispania Rma が荒れ地を耕して 石を敷き詰めて

(vandalsのぐんがばんゆうをふるってあらしてまわった)

Vandalsの軍が蛮勇を奮って 荒らして廻った

(visigothsがついだぼうこくのいさんのれきしとぶんかは)

Visigothsが継いだ亡国の遺産の歴史と文化は

(umayyadによっていぶんかとであってはなをさかせた)

Umayyadによって異文化と出会って 花を咲かせた

(aragoncataluacastillaleon)

Aragon=Catalua ⇔ Castilla=Leon

(どうめいをむすんで)

同盟を結んで

(granadaおとせばせきねんのひがん)

Granada←陥落せば 積年の悲願

(ついにれこんきすた)

遂に『領土再征服完了!』

(ああきょうかいのかねをせなかでききながらじゅうじかをむねにいだきへいしはすすんだ)

嗚呼…教会の鐘を背中で聴きながら 十字架を胸に抱き兵士は進んだ

(ああきょうかいのやまをぐんばでこえながらみすえたおかのさきにはあらんぶら)

嗚呼…境界の山を軍馬で越えながら 見据えた丘の先には→『赤い城塞』

(ちちをうばったのはじゅうじをきるけいてんのたみで)

父を奪ったのは十字を切る 啓典の民で

(ははをうばったのはじゅうじできるせいてんのあーふ)

母を奪ったのは従事で斬る聖典の《兄弟》

(なぜひとはたちきれないのだろう?)

何故…人は断ち切れないのだろう?

(あらそいをくりかえすふのれんさを)

争いを繰り返す 負の連鎖を

(よわいわたしはなにをにくめばいいああやっとわかった)

弱い私は何を憎めば良い 嗚呼… やっと解った…

(しんりゃくしゃにうばわれしふそのちをとりもどせ)

侵掠者に奪われし 父祖の地を取り戻せ

(しんりゃくしゃがわらわせるちにまみれたるこらが)

侵略者が嗤わせる 血に塗れたる仔らが

(きゅうさいしゃをおとしめるいきょうとはさびとなれ)

救済者を貶める異教徒は錆となれ

(よげんしゃはかみではないたしんきょうのぐうぞう)

預言者は神ではない 多神教の偶像

(しんりゃくするものされるものれきしはくりかえす)

侵略する者⇔される者←歴史は繰り返す

(しんりゃくするものされるものいくどもくりかえす)

侵略する者⇔される者←幾度も繰り返す

(いまもきょうだいどうしでころしあっているのかじんるいしょくんわれこそがきみたちのてきだ)

「今モ兄弟同士で殺シ合ッテイルノカ?人類諸君、我コソガ君達ノ…敵ダ!」

(あるふぁらーふえるまのまじょーるあるらいえるまのめのーる)

《農夫―即チ兄ヨ》⇔《羊飼い―即チ弟ヨ》

(おそれれよなんじあくのなを)

畏レヨ、汝、悪ノ名ヲ

(おそれよなんじかみのこらよ)

畏レヨ、汝、神ノ仔ラヨ

(せいせんのいべりあ)

『聖戦のイベリア』

◆コメントを投稿

※他者を中傷したり、公序良俗に反するコメント、宣伝行為はしないでください。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。