火刑の魔女

投稿者日雀プレイ回数000
楽曲情報 火刑の魔女  Sound Horizon  作詞REVO  作曲REVO
難易度(3.3) 2383打 歌詞 かな 長文モード可
※このタイピングは「火刑の魔女」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(つみをまつるいびつなさいだんかみにささげられたしかばね)

罪を祀る歪な祭壇 神に捧げられた屍

(きみはなぜこのきょうかいをこえてしまったのか)

君は何故 この境界を越えてしまったのか

(さぁうたってごらん)

さぁ 唄ってごらん

(かすかなきおくのいとをたぐるように)

幽かな記憶の 糸を手繰るように

(ほのぐらいもりへあしをふみいれた)

仄昏い森へ 足を踏み入れた

(おさないきおくのみちをたどるように)

幼い記憶の 途を辿るように

(いりくんだもりのおくへとすすんだ)

入り組んだ森の 奥へと進んだ

(おがわをわたりおばけもみのきをひだりへと)

小川を渡り お化けもみの木を左へと

(そこにたたずむわたしのせいか)

其処に佇む 私の生家

(ものごころついたときにはすでにちちのしょうそくはふめいで)

物心ついたときには 既に父の消息は不明で

(わたしとはははいつもふたりとてもまずしいくらしだった)

私とは母何時も二人 とても貧しい暮らしだった

(いどにどくをいれたなどといわれなきつみでしいたげられることもおおく)

井戸に毒を入れた等と 謂われなき罪で虐げられる事も多く

(わたしにとってともだちといえるのはもりのどうぶつたちだけだった)

私にとって友達と言えるのは 森の動物達だけだった…

(それでもああねぇむってぃわたしはしあわせだったよ)

それでも 嗚呼 ねぇ お母さん 私は幸せだったよ

(そのりゆうをねぇしってたあなたがいっしょだったから)

その理由を ねぇ 知ってた? 貴方が一緒だったから

(それなのになぜはははわたしをすてたのか)

それなのに 何故 母は 私を捨てたのか?

(どうしてもそれがしりたくて)

どうしても それが 知りたくて…

(ちいさなわたしをひろってくれたのはおおきなまちにあるしゅうどういんだった)

小さな私を拾ってくれたのは 大きな街にある修道院だった

(けれどはげしくふきあれたかいかくのあらしと)

けれど激しく吹き荒れた改革の嵐と

(しんきょうとたちのてによってああむざんにもはかいされた)

新教徒達の手によって 嗚呼 無残にも破壊された

(じんせいはすうきのものうんめいはわからないから)

人生は数奇のもの 運命は判らないから

(ひとつのおわりはあたらしいはじまりとしんじてゆうきをもって)

ひとつの終わりは 新しい始まりと信じて 勇気を持って

(せきねんのぎもんをとくためにこきょうをさがすたびをはじめた)

積年の疑問を解く為に 故郷を探す旅を始めた

(おがわをわたりおばけもみのきをひだりへと)

小川を渡り お化けもみの木を左へと

(そこにたたずむわたしのせいか)

其処に佇む 私の生家

(わたしのらいほうをまっていたのはいしのようにとしをとったろうばで)

私の来訪を待っていたのは 石のように歳を取った老婆で

(まるでみしらぬそのじょせいがははであるとはにわかにはしんじがたく)

まるで見知らぬその女性が 母であるとは俄には信じ難く

(わたしであるときづくこともなくただしょくりょうをむさぼるははのひとみは)

娘であると気付く事もなく 唯 食料を貪る母の瞳は

(すでにしょうきをうしなっているようにおもえたそして)

既に正気を失っているように思えた そして

(かいしゅうしたけれどときはすでにおそく)

改宗したけれど時は既に遅く

(ひとりのくいぶちさえもうままならかった)

一人の食い扶持さえ もう侭ならかった

(ざんげをわらうぎゃくじゅうじいのりはとどかない)

懺悔を嗤う逆十字 祈りは届かない

(ゆるしもえられぬままつみだけがふえてゆく)

赦しも得られぬまま 罪だけが増えてゆく…

(もりにおきざりにされたかわいそうなこどもたち)

森に置き去りにされた 可哀想な兄弟

(すてられたこのかなしいきもちはいたいほどわかるわ)

捨てられた子の 悲しい気持ちは 痛いほど解るわ

(ああとりたちをあやつりぱんくずのみちしるべをけし)

嗚呼 鳥達を操り パン屑の道標を消し

(まゆきのようにまっしろなとりにうたわせてさそった)

真雪のように 真っ白な鳥に 歌わせて誘った

(みてへんぜるおにいちゃんほらあそこにいえがあるわ)

見て、【Hänsel】お兄ちゃん。ほら あそこに家があるわ!

(でもぐれーてるそれはこわいまじょのいえかもしれないけど)

でも、【Geretel】それは 怖い魔女の家かもしれない けど

(けど)

けど?

(はらぺこでしぬよりましさ)

腹ペコで 死ぬよりましさ!

(やねはれーぷくーへんまどはしろざとう)

屋根は焼き菓子 窓は白砂糖

(おかしのおいしいいえをこさえてあげようかね)

お菓子の美味しい家を 拵えてあげようかね

(ああえんりょはいらないよ)

嗚呼 遠慮はいらないよ

(こどもにはらいっぱいたべさせるのがわたしのささやかなゆめだった)

子供に腹一杯食べさせるのが 私のささやかな夢だった

(ああかねかしだったおっとはいきてはかえらなかったけど)

嗚呼 金貸しだった夫は 生きては帰らなかったけど

(いくばくかのいさんをことづけてくれていた)

幾許かの遺産を託けてくれていた

(ろうばのこういにむしょうのこういにあまえたふたりはたべつづけた)

老婆の好意に 無償の行為に 甘えた兄弟は 食べ続けた

(しょうじょはあるひまるまるふとったしょうねんをみてこわくなった)

少女はある日 丸々太った 少年を見て 怖くなった

(ああろうばはまじょでふたりたべちゃうつもりなんだわ)

嗚呼 老婆は魔女で 二人食べちゃう心算なんだわ!

(やられるまえにやらなきゃやばい)

殺られる前に 殺らなきゃ ヤ・バ・イ!

(せなかをどんとけとばせ)

背中を ドン!と蹴飛ばせ!

(わたしたちをたべようなんてそうはいかないんだからね)

私達を食べようなんて そうはいかないんだからね

(やったすごいぞぐれーてるこれでまじょもおしまいさ)

やった すごいぞグレーテル!これで魔女もおしまいさ

(となりのとーますにもじまんしてやらなきゃね)

隣のトーマスにも 自慢してやらなきゃね

(ああわるいまじょはひあぶりさこれでおたからは)

ああ 悪い魔女は火あぶりさ これでお宝は

(わたしたちのもの)

私達のもの

(もりにすむこどくなろうばはすべてまじょなんだそうだよ)

森に住む孤独な老婆は 全て魔女なんだそうだよ

(もうこどもなんてずうずうしくてうそつきでわたしはだいきらい)

モウ 子供ナンテ図々シクテ噓吐キデ 私ハ大嫌イ

◆コメントを投稿

※他者を中傷したり、公序良俗に反するコメント、宣伝行為はしないでください。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。