光と闇の童話

投稿者日雀 プレイ回数280
楽曲情報 光と闇の童話  Sound Horizon  作詞REVO  作曲REVO
難易度(3.1) 1378打 歌詞 かな
※このタイピングは「光と闇の童話」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

TW

TW

TWの歌詞タイピング

プレイ回数3
歌詞1445打
五月雨

五月雨

プレイ回数46
歌詞かな60秒
The Giving Tree

The Giving Tree

プレイ回数9
歌詞1092打
火刑の魔女

火刑の魔女

プレイ回数102
歌詞かな2383打
黒の予言書

黒の予言書

黒の予言書の歌詞タイピングです

プレイ回数142
歌詞かな1711打
よだかの星

よだかの星

プレイ回数135
歌詞904打

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(みあげればまるいよぞらゆらめくあおいつきよ)

見上げれば丸い夜空 揺らめく蒼い月夜

(かみのなをのろいながらならくのそこでうたう)

神の名を呪いながら 奈落の底で唄う……

(めしいたやみでかれがひかりだとおもっていたのはあやまりで)

盲いた闇で彼が 光だと思っていたのは 誤りで

(そのぬくもりのなはあいだとのちにしった)

その温もりの名は 愛だと 後に知った

(はじめてのともだちはあおいめのかわいいめーとひぇんおわかれさ)

初めての友達は 碧い瞳の可愛い 女の子 お別れさ

(そのせつなさのながこいだとついにしらず)

その切なさの名が 恋だと 遂に知らず

(はなにみずをやるようにままつみにはばつがいるああ)

花に水を遣るように 儘 罪には罰が要る 嗚呼

(やがてぐーてんあーべんとはしるずぃーべんめるひぇん)

やがて《迎宵》疾しる《第七の物語》

(かみにせをむけて)

摂理に背を向けて―

(みおろせばくらいだいちゆらめくあかいほのお)

見下ろせば昏い大地 揺らめく紅い焔尾

(ははのめにだかれながらならくのそこへおちる)

母の瞳に抱かれながら 奈落の底へ堕ちる…

(なぜこのむらにはいまだれもいないの)

何故 コノ村ニハ 今 誰モイナイノ?

(それはむかしみんなしんじゃったからさ)

―其れは 昔 皆 死んじゃったからさ

(じゃなぜむかしむらびとみんなしんじゃったの)

ジャ...何故 昔 村人 皆 死ンジャッタノ?

(それはくろきしのやまいのせいさ)

其れは 黒き 死の 病 のせいさ

(じゃなぜそのもりのむらにははこはいたの)

ジャ 何故 ソノ森ノ 村ニ 母子ハイタノ?

(それはあのいどがよんだからさ)

其れは 或の 【イド】が 呼んだからさ

(じゃなぜいどはなんのためにひとをよぶの)

ジャ 何故【イド】ハ 何ノ為ニ 人ヲ呼ブノ?

(それこそがやつのほんのうだからさ)

其れこそが 奴の本能だからさ

(ああはかあなほってもほってもほっても)

嗚呼 墓穴掘っても 掘っても 掘っても

(ひっしにほってもきりがない)

必死に掘ってもキリがない

(ひさんなじだいさ)

「悲惨な時代さ」

(ああしたいとつちくれしたいとつちくれしたいとつちくれみるふぃーゆ)

嗚呼 死体と土塊 死体と土塊 死体と土塊 多重菓子

(むざんなじたいさ)

「無残な事態さ」

(せいめいのもくてきはいきることとふえること)

生命の目的は《生キル事》と《増エル事》

(ころせとおかせといどはうたう)

殺セと 侵セと 【イド】は唄う

(よつゆにぬれたこけもをふみならすしょうねんの)

夜露に濡れた 苔藻を踏み鳴らす 少年の

(そのあしどりはかなしいほどにかるくしょうねんを)

その足取りは 哀しい程に軽く 少年を

(よびとめたこえはげびたひびきでされどかれはまだしらない)

呼び止めた声は 下卑た響きで されど彼はまだ知らない

(ああせかいのさくいなどせけんのあくいなどなにひとつふれぬままそだったから)

嗚呼 世界の作為など 世間の悪意など 何ひとつ触れぬまま育ったから

(ともだちをだいたまままねかざるきゃくをつれ)

友達を抱いたまま → 招かざる客を連れ →

(やさしいははのもとへとそして)

優しい母の元へと → そして…

(みわたせば)

見渡せば―

(とりにはねがあるようにままよるにはうたがあるああ)

鳥に羽根が有るように 儘 夜には唄が在る 嗚呼

(いずれぐーてんもるげんそまるろーぜんがるでん)

いずれ《迎暁》 染まる《薔薇の庭園》

(かみにせをむけて)

摂理に背を向けて

(きみがいまわらっているまばゆいそのじだいに)

君が今笑っている、眩い其の時代に。

(だれもうらまずしせることをうらまずかならずそこであおう)

誰も恨まず、死せることを憾まず、必ず其処で逢おう

(ひかりとやみのめるひぇん)

『光と闇の童話』

◆コメントを投稿

※公序良俗に反するコメントや、他者を中傷するようなコメントはしないでください。
※このゲームにコメントするにはログインが必要です。