trade/GARNET CROW

投稿者NO NAMEプレイ回数51
楽曲情報 TRADE  GARNET CROW  作詞AZUKI 七  作曲中村 由利
難易度(3.0) 920打 歌詞 かな 長文モード可タグ歌詞 GARNET CROW 中村由利 AZUKI七 ビーイング
GARNET CROWの「trade」です。
GARNET CROWの「trade」です。
ラストアルバムとなった「Terminus」収録曲。
※このタイピングは「TRADE」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(あい、というものはわたしにはもうであうことのない)

愛、というものは私にはもう出合うことのない

(げんじつみのないただのことばなんだとおもっていたわ)

現実味のないただの言葉なんだと思っていたわ

(だれかをよぶこえ)

誰かを呼ぶ声

(ゆくててらすひかり)

ゆくて照らす光

(そんなのもなくてもあるいてゆけるからあらしをとめて)

そんなのもなくても歩いてゆけるから嵐をとめて

(あぁながれてゆくながれてゆく)

あぁ流れてゆく流れてゆく

(いつのよもかなしみはきえずにあるのなら)

いつの世も哀しみは消えずにあるのなら

(わたしがひきうけましょう)

私が引き受けましょう

(あぁとめどもなくとめどもなく)

あぁとめどもなくとめどもなく

(いつのよもさびしさがきえずにあるのなら)

いつの世も寂しさが消えずにあるのなら

(わたしがひきうけましょう)

私が引き受けましょう

(あい、というものをどんなふうにかたちにするのか)

愛、というものをどんな風に形にするのか

(かんじんなとこはいつもあいまいなものでいらいらするわ)

肝心なとこはいつも曖昧なものでイライラするわ

(ささやかなおもい)

ささやかな想い

(せまりくるおわり)

迫りくる最期

(どんなにあがいてもかぎられたときならこどうをみせて)

どんなにあがいても限られた時なら鼓動をみせて

(あぁこぼれてゆくこぼれてゆく)

あぁこぼれてゆくこぼれてゆく

(いつのよもにくしみがきえぬというのなら)

いつの世も憎しみが消えぬというのなら

(わたしはわらっていましょう)

私は笑っていましょう

(あぁたえることなくたえることなく)

あぁ絶えることなく絶えることなく

(いつのよもわびしさがきえぬというのなら)

いつの世も侘しさが消えぬというのなら

(わたしはわらっていましょう)

私は笑っていましょう

(かえらぬひびをおもわずにはいられぬさがもかいならせずに)

帰らぬ日々を思わずにはいられぬ性も飼いならせずに

(ねがうのはむじょうのつよさなどどうこくにせをむけ)

願うのは無上の強さなど慟哭に背を向け

(あぁかれのもとにかれのもとに)

あぁ彼のもとに彼のもとに

(いつのよもかなしみがきえずにあるのなら)

いつの世も哀しみが消えずにあるのなら

(わたしがひきうけましょう)

私が引き受けましょう

(あぁとめどもなくとめどもなく)

あぁとめどもなくとめどもなく

(いつのよもさびしさがきえずにあるのなら)

いつの世も寂しさが消えずにあるのなら

(わたしがひきうけましょう)

私が引き受けましょう

NO NAMEのタイピング

オススメの新着タイピング

タイピング練習講座 ローマ字入力表

人気ランキング

注目キーワード

JASRAC 許諾番号9014141001Y38026
NexTone 許諾番号ID000005971