芥川龍之介 藪の中①

投稿者nyokesi プレイ回数543 順位2370位
難易度(4.5) 4303打 長文 タグ長文 小説 文豪 芥川龍之介
順位名前スコア称号打鍵/秒正誤率時間(秒)打鍵数ミス問題日付
1 Yuu 7173 7.4 96.7% 578.2 4293 145 63 2020/02/10
2 subaru 6580 S+ 6.8 95.9% 624.7 4294 183 63 2020/01/15
3 ななっしー 6151 A++ 6.4 95.2% 661.1 4282 215 63 2020/01/16
4 Haku 5969 A+ 6.2 95.7% 688.7 4303 192 63 2020/01/16
5 ぬんぺっぺ 5721 A 5.8 97.2% 727.4 4285 123 63 2020/01/16

関連タイピング

タイピングが向上しない人のためのタイピング

タイピングが向上しない人のためのタイピング

タイピングをいくら練習しても上手にならないスランプな人へ

プレイ回数553559
長文826打
米津玄師/Lemon

米津玄師/Lemon

米津玄師のLemonです

プレイ回数704807
歌詞かな1119打
第113回 日本語ワープロ検定試験 4級

第113回 日本語ワープロ検定試験 4級

時間無制限です

プレイ回数65641
長文989打
人生1

人生1

人生をたのしく生きるコツまとめました

プレイ回数25337
長文796打
第5回パソコン入力スピード認定試験 試験問題

第5回パソコン入力スピード認定試験 試験問題

約5100文字 ツラいけど頑張って!

プレイ回数27777
長文5256打
P検タイピング

P検タイピング

わりと長文です。

プレイ回数140670
長文582打

問題文

ふりがな非表示 ふりがな表示

(けびいしにとわれたるきこりのものがたり)

【検非違使に問われたる木樵りの物語】

(さようでございます。あのしがいをみつけたのは、わたしにちがいございません。)

さようでございます。あの死骸を見つけたのは、わたしに違いございません。

(わたしはけさいつものとおり、うらやまのすぎをきりにまいりました。するとやまかげの)

わたしは今朝いつもの通り、裏山の杉を伐りに参りました。すると山陰の

(やぶのなかに、あのしがいがあったのでございます。あったところでございますか?それは)

藪の中に、あの死骸があったのでございます。あった処でございますか?それは

(やましなのえきみちからは、しごちょうほどへだたっておりましょう。たけのなかにやせすぎのまじった)

山科の駅路からは、四五町ほど隔たって居りましょう。竹の中に痩せ杉の交った

(ひとけのないところでございます。しがいははなだのすいかんに、みやこふうのさびえぼしをかぶったまま)

人気のない所でございます。死骸は縹の水干に、都風のさび烏帽子を被ったまま

(あおむけにたおれておりました。なにしろひとかたなとはもうすものの、むなもとのつききずで)

仰向けに倒れて居りました。何しろ一刀とは申すものの、胸もとの突き傷で

(ございますから、しがいのまわりのたけのらくようは、すほうにしみたようでございます。)

ございますから、死骸のまわりの竹の落葉は、蘇芳に滲みたようでございます。

(いえ、ちはもうながれてはおりません。きずぐちもかわいておったようでございます。)

いえ、血はもう流れては居りません。傷口も乾いて居ったようでございます。

(おまけにそこには、うまばえがいっぴき、わたしのあしおともきこえないように、べったり)

おまけにそこには、馬蠅が一匹、わたしの足音も聞えないように、べったり

(くいついておりましたっけ。たちかなにかはみえなかったか?いえ、なにも)

食いついて居りましたっけ。太刀か何かは見えなかったか?いえ、何も

(ございません。ただそのそばのすぎのねがたに、なわがひとすじおちておりました。)

ございません。ただその側の杉の根がたに、縄が一筋落ちて居りました。

(それからーーそうそう、なわのほかにもくしがひとつございました。しがいのまわりに)

それからーーそうそう、縄のほかにも櫛が一つございました。死骸のまわりに

(あったものは、このふたつぎりでございます。が、くさやたけのらくようは、いちめんに)

あったものは、この二つぎりでございます。が、草や竹の落葉は、一面に

(ふみあらされておりましたから、きっとあのおとこはころされるまえに、よほどていたいはたらき)

踏み荒されて居りましたから、きっとあの男は殺される前に、よほど手痛い働き

(でもいたしたのにちがいございません。なに、うまはいなかったか?あそこはいったい)

でも致したのに違いございません。何、馬はいなかったか?あそこは一体

(うまなぞには、はいれないところでございます。なにしろうまのかようみちとは、やぶひとつ)

馬なぞには、はいれない所でございます。何しろ馬の通う路とは、藪一つ

(へだたっておりますから。)

隔たって居りますから。

(けびいしにとわれたるたびほうしのものがたり)

【検非違使に問われたる旅法師の物語】

(あのしがいのおとこには、たしかにきのうあっております。きのうのーーさあ、ひるごろで)

あの死骸の男には、確かに昨日遇って居ります。昨日のーーさあ、午頃で

など

(ございましょう。ばしょはせきやまからやましなへ、まいろうというとちゅうでございます。)

ございましょう。場所は関山から山科へ、参ろうと云う途中でございます。

(あのおとこはうまにのったおんなといっしょに、せきやまのほうへあるいてまいりました。おんなはむしを)

あの男は馬に乗った女と一緒に、関山の方へ歩いて参りました。女は牟子を

(たれておりましたから、かおはわたしにはわかりません。みえたのはただ)

垂れて居りましたから、顔はわたしにはわかりません。見えたのはただ

(はぎがさねらしい、きぬのいろばかりでございます。うまはつきげのーーたしかほうしがみの)

萩重ねらしい、衣の色ばかりでございます。馬は月毛のーー確か法師髪の

(うまのようでございました。たけでございますか?たけはよきもございましたか?)

馬のようでございました。丈でございますか?丈は四寸もございましたか?

(ーーなにしろしゃもんのことでございますから、そのへんははっきりぞんじません。おとこは、)

ーー何しろ沙門の事でございますから、その辺ははっきり存じません。男は、

(ーーいえ、たちもおびておれば、ゆみやもたずさえておりました。ことにくろいぬりえびらへ、)

ーーいえ、太刀も帯びて居れば、弓矢も携えて居りました。殊に黒い塗り箙へ、

(にじゅうあまりそやをさしたのは、ただいまでもはっきりおぼえております。)

二十あまり征矢をさしたのは、ただ今でもはっきり覚えて居ります。

(あのおとこがかようになろうとは、ゆめにもおもわずにおりましたが、まことににんげんのいのち)

あの男がかようになろうとは、夢にも思わずに居りましたが、真に人間の命

(なぞは、にょろやくにょでんにちがいございません。)

なぞは、如露亦如電(にょろやくにょでん)に違いございません。

(やれやれ、なんとももうしようのない、きのどくなことをいたしました。)

やれやれ、何とも申しようのない、気の毒な事を致しました。

(けびいしにとわれたるほうめんのものがたり)

【検非違使に問われたる放免の物語】

(わたしがからめとったおとこでございますか?これはたしかにたじょうまるという、なだかい)

わたしが搦め取った男でございますか?これは確かに多襄丸と云う、名高い

(ぬすびとでございます。もっともわたしがからめとったときには、うまからおちたので)

盗人でございます。もっともわたしが搦め取った時には、馬から落ちたので

(ございましょう、あわだぐちのいしばしのうえに、うんうんうなっておりました。)

ございましょう、粟田口の石橋の上に、うんうん呻って居りました。

(じこくでございますか?じこくはさくやのしょこうごろでございます。いつぞやわたしが)

時刻でございますか?時刻は昨夜の初更頃でございます。いつぞやわたしが

(とらえそんじたときにも、やはりこのこんのすいかんに、うちだしのたちをはいておりました。)

捉え損じた時にも、やはりこの紺の水干に、打出しの太刀を佩いて居りました。

(ただいまはそのほかにもごらんのとおり、ゆみやのたぐいさえたずさえております。)

ただ今はそのほかにも御覧の通り、弓矢の類さえ携えて居ります。

(さようでございますか?あのしがいのおとこがもっていたのも、--ではひとごろしを)

さようでございますか?あの死骸の男が持っていたのも、--では人殺しを

(はたらいたのは、このたじょうまるにちがいございません。かわをまいたゆみ、くろぬりのえびら、)

働いたのは、この多襄丸に違いございません。革を巻いた弓、黒塗りの箙、

(たかのはねのそやがじゅうななほんーーこれはみなあのおとこがもっていたものでございましょう。)

鷹の羽の征矢が十七本ーーこれは皆あの男が持っていたものでございましょう。

(はい。うまもおっしゃるとおり、ほうしがみのつきげでございます。そのちくしょうにおとされる)

はい。馬もおっしゃる通り、法師髪の月毛でございます。その畜生に落とされる

(とは、なにかのいんねんにちがいございません。それはいしばしのすこしさきに、ながいはづなを)

とは、何かの因縁に違いございません。それは石橋の少し先に、長い端綱を

(ひいたまま、みちばたのあおすすきをくっておりました。このたじょうまるというやつは、)

引いたまま、路ばたの青芒を食って居りました。この多襄丸と云うやつは、

(らくちゅうにはいかいするぬすびとのなかでも、おんなずきのやつでございます。さくねんのあきとりべでらの)

洛中に徘徊する盗人の中でも、女好きのやつでございます。昨年の秋鳥部寺の

(びんずるのうしろのやまに、ものもうでにきたらしいにょうぼうがひとり、めのわらわといっしょにころされていた)

賓頭盧の後の山に、物詣に来たらしい女房が一人、女の童と一緒に殺されていた

(のは、こいつのしわざだとかもうしておりました。そのつきげにのっていたおんなも、)

のは、こいつの仕業だとか申して居りました。その月毛に乗っていた女も、

(こいつがあのおとこをころしたとなれば、どこへどうしたかわかりません。)

こいつがあの男を殺したとなれば、どこへどうしたかわかりません。

(さしでがましゅうございますが、それもごせんぎくださいまし。)

差出がましゅうございますが、それも御詮議下さいまし。

(けびいしにとわれたるおうなのものがたり)

【検非違使に問われたる媼の物語】

(はい、あのしがいはてまえのむすめが、かたづいたおとこでございます。が、みやこのものでは)

はい、あの死骸は手前の娘が、片附いた男でございます。が、都のものでは

(ございません。わかさのこくふのさむらいでございます。なはかなざわのたけひろ、としはにじゅうろくさい)

ございません。若狭の国府の侍でございます。名は金沢の武弘、年は二十六歳

(でございました。いえ、やさしいきだてでございますから、いこんなぞうけるはずは)

でございました。いえ、優しい気立でございますから、遺恨なぞ受ける筈は

(ございません。むすめでございますか?むすめのなはまさご、としはじゅうきゅうさいでございます。)

ございません。娘でございますか?娘の名は真砂、年は十九歳でございます。

(これはおとこにもおとらぬくらいかちきのおんなでございますが、まだいちどもたけひろのほかには、)

これは男にも劣らぬくらい勝気の女でございますが、まだ一度も武弘の他には、

(おとこをもったことはございません。かおはいろのあさぐろい、ひだりのめじりにほくろのある、)

男を持った事はございません。顔は色の浅黒い、左の眼尻に黒子のある、

(ちいさいうりざねがおでございます。)

小さい瓜実顔でございます。

(たけひろはきのうむすめといっしょに、わかさへたったのでございますが、こんなことに)

武弘は昨日娘と一緒に、若狭へ立ったのでございますが、こんな事に

(なりますとは、なんといういんがでございましょう。しかしむすめはどうなりましたやら)

なりますとは、何という因果でございましょう。しかし娘はどうなりましたやら

(むこのことはあきらめましても、これだけはしんぱいでなりません。どうかこのうばが)

婿の事はあきらめましても、これだけは心配でなりません。どうかこの姥が

(いっしょうのおねがいでございますから、たといくさきをわけましても、むすめのゆくえをおたずね)

一生のお願いでございますから、たとい草木を分けましても、娘の行方をお尋ね

(くださいまし。なににいたせにくいのは、そのたじょうまるとかなんとかもうす、ぬすびとのやつで)

下さいまし。何に致せ憎いのは、その多襄丸とか何とか申す、盗人のやつで

(ございます。むこばかりか、むすめまでも・・・・・・(あとはなきいりてことばなし))

ございます。婿ばかりか、娘までも・・・・・・(跡は泣き入りて言葉なし)

問題文を全て表示 一部のみ表示 誤字・脱字等の報告

◆コメントを投稿

※公序良俗に反するコメントや、他者を中傷するようなコメントはしないでください。
※このゲームにコメントするにはログインが必要です。

nyokesiのタイピング

オススメの新着タイピング

タイピング練習講座 ローマ字入力表

人気ランキング

注目キーワード