芥川龍之介 藪の中③

投稿者nyokesi プレイ回数328
難易度(4.5) 3192打 長文 タグ長文 小説 文豪 芥川龍之介
順位名前スコア称号打鍵/秒正誤率時間(秒)打鍵数ミス問題日付
1 Yuu 7849 8.1 96.8% 390.6 3169 103 45 2020/06/21
2 ぺこっぱ 7354 7.5 97.4% 422.6 3191 83 45 2020/06/01
3 mamshino 4046 C 4.6 88.1% 682.3 3191 430 45 2020/06/09

関連タイピング

タイピングが向上しない人のためのタイピング

タイピングが向上しない人のためのタイピング

タイピングをいくら練習しても上手にならないスランプな人へ

プレイ回数804501
長文826打
香水 瑛人

香水 瑛人

高橋瑛人 香水

プレイ回数45932
歌詞かな1073打
毎日やると上達する!!1

毎日やると上達する!!1

毎日やるとタイピングが早くなる!

プレイ回数43162
長文かな441打
米津玄師/Lemon

米津玄師/Lemon

米津玄師のLemonです

プレイ回数857935
歌詞かな1119打
第5回パソコン入力スピード認定試験 試験問題

第5回パソコン入力スピード認定試験 試験問題

約5100文字 ツラいけど頑張って!

プレイ回数61021
長文5256打
第6回パソコン入力スピード認定試験 試験問題

第6回パソコン入力スピード認定試験 試験問題

約5300字 腱鞘炎にならないように気をつけて

プレイ回数6851
長文5396打

問題文

ふりがな非表示 ふりがな表示

(きよみずでらにきたれるおんなのざんげ)

【清水寺に来れる女の懺悔】

(ーーそのこんのすいかんをきたおとこは、わたしをてごめにしてしまうと、しばられたおっとを)

ーーその紺の水干を着た男は、わたしを手ごめにしてしまうと、縛られた夫を

(ながめながら、あざけるようにわらいました。おっとはどんなにむねんだったでしょう。が、)

眺めながら、嘲るように笑いました。夫はどんなに無念だったでしょう。が、

(いくらみもだえをしても、からだじゅうにかかったなわめは、いっそうひしひしとくいいる)

いくら身悶えをしても、体中にかかった縄目は、一層ひしひしと食い入る

(だけです。わたしはおもわずおっとのそばへ、ころぶようにはしりよりました。いえ、)

だけです。わたしは思わず夫の側へ、転ぶように走り寄りました。いえ、

(はしりよろうとしたのです。しかしおとこはとっさのあいだにわたしをそこへけたおしました。)

走り寄ろうとしたのです。しかし男は咄嗟の間にわたしをそこへ蹴倒しました。

(ちょうどそのとたんです。わたしはおっとのめのなかに、なんともいいようのないかがやきが、)

ちょうどその途端です。わたしは夫の眼の中に、何とも云いようのない輝きが、

(やどっているのをさとりました。なんともいいようのない、--わたしはあのめを)

宿っているのを覚りました。何とも云いようのない、--わたしはあの眼を

(おもいだすと、いまでもみぶるいがでずにはいられません。くちさえいちごんもきけないおっとは)

思い出すと、今でも身震いが出ずにはいられません。口さえ一言も利けない夫は

(そのせつなのめのなかに、いっさいのこころをつたえたのです。しかしそこにひらめいていたのは、)

その刹那の眼の中に、一切の心を伝えたのです。しかしそこに閃いていたのは、

(いかりでもなければかなしみでもない、--ただわたしをさげすんだ、つめたいひかりだった)

怒りでもなければ悲しみでもない、--ただわたしを蔑んだ、冷たい光だった

(ではありませんか?わたしはおとこにけられたよりも、そのめのいろにうたれたように)

ではありませんか?わたしは男に蹴られたよりも、その眼の色に打たれたように

(われしらずなにかさけんだぎり、とうとうきをうしなってしまいました。そのうちにやっと)

我知らず何か叫んだぎり、とうとう気を失ってしまいました。その内にやっと

(きがついてみると、あのこんのすいかんのおとこは、もうどこかへいっていました。あとには)

気がついて見ると、あの紺の水干の男は、もうどこかへ行っていました。跡には

(ただすぎのねがたに、おっとがしばられているだけです。わたしはたけのらくようのうえに、)

ただ杉の根がたに、夫が縛られているだけです。わたしは竹の落葉の上に、

(やっとからだをおこしたなり、おっとのかおをみまもりました。が、おっとのめのいろは、すこしも)

やっと体を起こしたなり、夫の顔を見守りました。が、夫の眼の色は、少しも

(さっきとかわりません。やはりつめたいさげすみのそこに、にくしみのいろをみせて)

さっきと変わりません。やはり冷たい蔑みの底に、憎しみの色を見せて

(いるのです。はずかしさ、かなしさ、はらだたしさ、--そのときのわたしのこころのうちは、)

いるのです。恥しさ、悲しさ、腹立たしさ、--その時のわたしの心の中は、

(なんといえばよいかわかりません。わたしはよろよろたちあがりながら、おっとのそばへ)

何と云えば好いかわかりません。わたしはよろよろ立ち上がりながら、夫の側へ

(ちかよりました。「あなた。もうこうなったうえは、あなたとごいっしょには)

近寄りました。「あなた。もうこうなった上は、あなたと御一緒には

など

(おられません。わたしはひとおもいにしぬかくごです。しかし、--しかしあなたも)

居られません。わたしは一思いに死ぬ覚悟です。しかし、--しかしあなたも

(おしになすってください。あなたはわたしのはじをごらんになりました。わたしは)

お死になすって下さい。あなたはわたしの恥を御覧になりました。わたしは

(このままあなたひとり、おのこしもうすわけにはまいりません。」わたしはいっしょうけんめいに、)

このままあなた一人、お残し申す訳には参りません。」わたしは一生懸命に、

(これだけのことをいいました。それでもおっとはいまわしそうに、わたしをみつめている)

これだけの事を云いました。それでも夫は忌わしそうに、わたしを見つめている

(ばかりなのです。わたしはさけそうなむねをおさえながら、おっとのたちをさがしました。)

ばかりなのです。わたしは裂けそうな胸を抑えながら、夫の太刀を探しました。

(が、あのぬすびとにうばわれたのでしょう、たちはもちろんゆみやさえも、やぶのなかには)

が、あの盗人に奪われたのでしょう、太刀は勿論弓矢さえも、藪の中には

(みあたりません。しかしさいわいさすがだけは、わたしのあしもとにおちているのです。)

見当たりません。しかし幸い小刀だけは、わたしの足もとに落ちているのです。

(わたしはそのさすがをふりあげると、もういちどおっとにこういいました。)

わたしはその小刀を振り上げると、もう一度夫にこう云いました。

(「ではおいのちをいただかせてください。わたしもすぐにおともします。」)

「ではお命を頂かせて下さい。わたしもすぐにお供します。」

(おっとはこのことばをきいたとき、やっとくちびるをうごかしました。もちろんくちにはささのらくようが、)

夫はこの言葉を聞いた時、やっと唇を動かしました。勿論口には笹の落葉が、

(いっぱいにつまっていますから、こえはすこしもきこえません。が、わたしはそれを)

一ぱいにつまっていますから、声は少しも聞えません。が、わたしはそれを

(みると、たちまちそのことばをさとりました。おっとはわたしをさげすんだまま、「ころせ。」)

見ると、たちまちその言葉を覚りました。夫はわたしを蔑んだまま、「殺せ。」

(とひとこといったのです。わたしはほとんどゆめうつつのうちに、おっとのはなだのすいかんのむねへ、)

と一言いったのです。わたしはほとんど夢うつつの内に、夫の縹の水干の胸へ、

(ずぶりとさすがをさしとおしました。わたしはまたこのときも、きをうしなってしまったの)

ずぶりと小刀を刺し通しました。わたしはまたこの時も、気を失ってしまったの

(でしょう。やっとあたりをみまわしたときには、おっとはもうしばられたまま、)

でしょう。やっとあたりを見まわした時には、夫はもう縛られたまま、

(とうにいきがたえていました。そのあおざめたかおのうえには、たけにまじったすぎむらの)

とうに息が絶えていました。その蒼ざめた顔の上には、竹に交った杉むらの

(そらから、にしびがひとすじおちているのです。わたしはなきごえをのみながら、)

空から、西日が一すじ落ちているのです。わたしは泣き声を呑みながら、

(しがいのなわをときすてました。そうして、--そうしてわたしがどうなったか?)

死骸の縄を解き捨てました。そうして、--そうしてわたしがどうなったか?

(それだけはもうわたしには、もうしあげるちからもありません。とにかくわたしは)

それだけはもうわたしには、申し上げる力もありません。とにかくわたしは

(どうしても、しにきるちからがなかったのです。さすがをのどにつきたてたり、やまのすその)

どうしても、死に切る力がなかったのです。小刀を喉に突き立てたり、山の裾の

(いけへみをなげたり、いろいろなこともしてみましたが、しにきれずにこうしている)

池へ身を投げたり、いろいろな事もして見ましたが、死に切れずにこうしている

(かぎり、これもじまんにはなりますまい。(さみしきびしょう)わたしのようにふがいない)

限り、これも自慢にはなりますまい。(寂しき微笑)わたしのように腑甲斐ない

(ものは、だいじだいひのかんぜおんぼさつも、おみはなしなすったものかもしれません。)

ものは、大慈大悲の観世音菩薩も、お見放しなすったものかも知れません。

(しかしおっとをころしたわたしは、ぬすびとのてごめにあったわたしは、いったいどうすれば)

しかし夫を殺したわたしは、盗人の手ごめに遇ったわたしは、一体どうすれば

(よいのでしょう?いったいわたしは、--わたしは、--(とつぜんはげしきすすりなき))

好いのでしょう?一体わたしは、--わたしは、--(突然烈しき歔欷)

問題文を全て表示 一部のみ表示 誤字・脱字等の報告

◆コメントを投稿

※公序良俗に反するコメントや、他者を中傷するようなコメントはしないでください。
※このゲームにコメントするにはログインが必要です。

nyokesiのタイピング

オススメの新着タイピング

タイピング練習講座 ローマ字入力表

人気ランキング

注目キーワード