夢野久作 瓶詰地獄①

投稿者nyokesiプレイ回数1641
難易度(4.5) 3190打 長文 長文モード可タグ長文 小説 文豪 夢野久作
順位 名前 スコア 称号 打鍵/秒 正誤率 時間(秒) 打鍵数 ミス 問題 日付
1 Yuu 8171 8.4 96.8% 372.9 3151 104 55 2021/08/25
2 えむ 6733 S+ 7.2 93.4% 437.5 3167 221 55 2021/09/15
3 うねりん 6071 A++ 6.2 96.6% 504.2 3170 109 55 2021/08/30
4 みぽ 5230 B+ 5.4 96.6% 594.6 3222 112 55 2021/08/23
5 omamo 4394 C+ 4.5 96.7% 698.9 3176 105 55 2021/10/11

関連タイピング

問題文

ふりがな非表示 ふりがな表示

(はいていじかますますごせいえい、けいがたてまつりそうろう。)

拝呈 時下益々御清栄、奉慶賀候(けいがたてまつりそうろう)。

(のぶれば、かねてよりごつうたつの、ちょうりゅうけんきゅうようとおぼしき、)

陳者(のぶれば)、予(かね)てより御通達の、潮流研究用と覚しき、

(あかふうろうつきのびーるびん、しゅうとくしだいとどけつげつかまつるよう、とうみんいっぱんに)

赤封蝋附きのビール瓶、拾得次第届け告げ仕(つかまつ)る様、島民一般に

(もうしわたしおきそうろうところ、このほど、ほんとうなんがんに、べつこづつみのごとき、じゅしふうろうつきの)

申し渡し置き候処、此の程、本島南岸に、別小包の如き、樹脂封蝋附きの

(びーるびんがさんこひょうちゃくいたしいるをはっけん、とどけいでもうしそうろう。みぎはいずれもやくはんり、)

ビール瓶が三個漂着致し居るを発見、届け出で申し候。右は何れも約半里、

(ないし、いちりあまりをへだてたるかしょに、あるいはすなにうもれ、またはいわのすきまに)

乃至(ないし)、一里余を隔てたる箇所に、或は砂に埋もれ、又は岩の隙間に

(かたくはさまれおりたるものにて、よほどいぜんにひょうちゃくいたしたるものらしく、なかみも、)

固く挟まれ居りたるものにて、よほど以前に漂着致したるものらしく、中味も、

(ごこうじのごとき、かんせいはがきとはあいみえず、ざっきちょうのはへんざまのものらしくそうろうため、)

御高示の如き、官製端書とは相見えず、雑記帳の破片様のものらしく候為め、

(ごかめいのごときひょうちゃくのじじつとうのきにゅうはふかのうとぞんぜられそうろう。)

御下命の如き漂着の時日等の記入は不可能と被為在候(ぞんぜられそうろう)。

(しかれども、なおなにかのごさんこうとぞんじ、さんこともふうびんのまま、そんぴにて)

然れ共、尚何かの御参考と存じ、三個とも封瓶のまま、村費にて

(ごそうふもうしあげそうろうかん、なにとぞごらくしゅあいねがいたく、)

御送附申し上げ候間、何卒御落手 相願度(あいねがいたく)、

(このだんきいをえそうろうけいぐ)

此の段 得貴意候(きいをえそうろう) 敬具

(がつにちばつばつしまむらやくばかいようけんきゅうじょおんちゅう)

月  日   ✕✕島村役場   海洋研究所 御中

(だいいちのびんのないよう)

◇第一の瓶の内容

(ああ・・・このはなれじまに、すくいのふねがとうとうきました。)

ああ・・・この離れ島に、救いの舟がとうとう来ました。

(おおきなにほんのえんとつのふねから、ぼーとがにそう、あらなみのうえにおろされました。)

大きな二本のエントツの舟から、ボートが二艘、荒浪の上におろされました。

(ふねのうえから、それをみおくっているひとびとのなかにまじって、わたしたちのおとうさまや、)

舟の上から、それを見送っている人々の中にまじって、私たちのお父様や、

(おかあさまとおもわれる、なつかしいおすがたがみえます。そうして・・・おお・・・)

お母様と思われる、なつかしいお姿が見えます。そうして・・・おお・・・

(わたしたちのほうにむかって、しろいはんかちをふってくださるのが、ここからよく)

私たちの方に向って、白いハンカチを振って下さるのが、ここからよく

(わかります。)

わかります。

など

(おとうさまや、おかあさまたちはきっと、わたしたちがいちばんはじめにだした、びーるびんの)

お父様や、お母様たちはきっと、私たちが一番はじめに出した、ビール瓶の

(てがみをごらんになって、たすけにきてくだすったにちがいありませぬ。)

手紙を御覧になって、助けに来て下すったに違いありませぬ。

(おおきなふねからまっしろいけむりがでて、いまたすけにいくぞ・・・というように、たかいたかい)

大きな船から真白い煙が出て、今助けに行くぞ・・・というように、高い高い

(ふえのねがきこえてきました。そのおとが、このちいさなしまのなかの、)

笛の音が聞こえて来ました。その音が、この小さな島の中の、

(とりやむしをいっときにとびたたせて、)

禽鳥(とり)や昆虫(むし)を一時に飛び立たせて、

(とおいわだなかにきえていきました。)

遠い海中(わだなか)に消えて行きました。

(けれども、それは、わたしたちふたりにとって、さいごのしんぱんのひのらっぱよりも)

けれども、それは、私たち二人にとって、最後の審判の日のラッパよりも

(おそろしいひびきでございました。わたしたちのまえでてんとちがさけて、かみさまのおめの)

恐ろしい響で御座いました。私たちの前で天と地が裂けて、神様のお眼の

(ひかりと、じごくのほのおがいっときにひらめきでたようにおもわれました。)

光りと、地獄の火焔(ほのお)が一時に閃き出たように思われました。

(ああ。てがふるえて、こころがあわててかかれませぬ。)

ああ。手が慄(ふる)えて、心が倉皇(あわて)て書かれませぬ。

(なみだでめがみえなくなります。)

涙で眼が見えなくなります。

(わたしたちふたりは、いまから、あのおおきなふねのましょうめんにあるたかいがけのうえにのぼって、)

私たち二人は、今から、あの大きな船の真正面に在る高い崖の上に登って、

(おとうさまや、おかあさまや、すくいにきてくださるすいふさんたちによくみえるように、)

お父様や、お母様や、救いに来て下さる水夫さん達によく見えるように、

(しっかりとだきあったまま、ふかいふちのなかにみをなげてしにます。)

シッカリと抱き合ったまま、深い淵の中に身を投げて死にます。

(そうしたら、いつも、あそこにおよいでいるふかが、まもなく、わたしたちをたべて)

そうしたら、いつも、あそこに泳いでいるフカが、間もなく、私たちを喰べて

(しまってくれるでしょう。そうして、あとには、このてがみをつめたびーるびんが)

しまってくれるでしょう。そうして、あとには、この手紙を詰めたビール瓶が

(いっぽんういているのを、ぼーとにのっているひとびとがみつけて、ひろいあげて)

一本浮いているのを、ボートに乗っている人々が見つけて、拾い上げて

(くださるでしょう。)

下さるでしょう。

(ああ。おとうさま。おかあさま。すみません。)

ああ。お父様。お母様。すみません。

(すみません、すみません、すみません。)

すみません、すみません、すみません。

(わたしたちははじめから、あなたがたのいとしごでなかったとおもってあきらめてくださいませ。)

私たちは初めから、あなた方の愛し子でなかったと思って諦めて下さいませ。

(また、せっかく、とおいふるさとから、わたしたちふたりを、わざわざたすけにきて)

又、せっかく、遠い故郷(ふるさと)から、私たち二人を、わざわざ助けに来て

(くだすったみなさまのごしんせつにたいしても、こんなことをするわたしたちふたりは)

下すった皆様の御親切に対しても、こんなことをする私たち二人は

(ほんとにほんとにすみません。どうぞどうぞおゆるしください。そうして、)

ホントにホントに済みません。どうぞどうぞお赦し下さい。そうして、

(おとうさまと、おかあさまにいだかれて、にんげんのせかいへかえる、よろこびのときがくる)

お父様と、お母様に懐(いだ)かれて、人間の世界へ帰る、喜びの時が来る

(とどうじに、しんでいかねばならぬ、ふしあわせなわたしたちのうんめいを、)

と同時に、死んで行かねばならぬ、不倖(ふしあわせ)な私たちの運命を、

(おあわれみくださいませ。)

お矜恤(あわれみ)下さいませ。

(わたしたちは、こうしてわたしたちのにくたいとたましいをばっせねば、おかしたつみの)

私たちは、こうして私たちの肉体と霊魂(たましい)を罰せねば、犯した罪の

(つぐのいができないのです。このはなれじまのなかで、わたしたちふたりが)

報償(つぐのい)が出来ないのです。この離れ島の中で、私たち二人が

(おかした、それはそれはおそろしいよこしまのむくいなのです。)

犯した、それはそれは恐ろしい悖戻(よこしま)の報責(むくい)なのです。

(どうぞ、これよりうえにざんげすることを、おゆるしください。)

どうぞ、これより以上(うえ)に懺悔することを、おゆるし下さい。

(わたしたちふたりはふかのえじきになるねうちしかない、しれものだったの)

私たち二人はフカの餌食になる値打しか無い、狂妄(しれもの)だったの

(ですから・・・。)

ですから・・・。

(ああ。さようなら。)

ああ。さようなら。

(かみさまからもにんげんからもすくわれえぬかなしきふたりよりおとうさまおかあさまみなみなさま)

神様からも人間からも救われ得ぬ 哀しき二人より お父様お母様皆々様

問題文を全て表示 一部のみ表示 誤字・脱字等の報告

◆コメントを投稿

※誹謗中傷、公序良俗に反するコメント、歌詞の投稿、宣伝行為は禁止です。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。

※コメントは日本語で投稿してください。

※歌詞のコメントは著作権侵害となります。投稿しないでください!