大阪圭吉 デパートの絞刑吏①

投稿者nyokesi プレイ回数587
難易度(5.0) 5613打 長文 長文モード可 タグ長文 小説 文豪
順位名前スコア称号打鍵/秒正誤率時間(秒)打鍵数ミス問題日付
1 nash 6795 S++ 7.1 95.4% 786.1 5611 269 71 2020/02/23
2 subaru 6659 S+ 6.9 95.4% 796.5 5569 265 71 2020/02/19
3 Haku 6426 S 6.6 96.8% 844.1 5610 185 71 2020/02/20
4 おっ 6321 S 6.6 95.3% 841.6 5590 270 71 2020/02/20
5 ゆーてぃ 5952 A+ 6.4 92.4% 862.9 5591 455 71 2020/04/02

関連タイピング

タイピングが向上しない人のためのタイピング

タイピングが向上しない人のためのタイピング

タイピングをいくら練習しても上手にならないスランプな人へ

プレイ回数615535
長文826打
米津玄師/Lemon

米津玄師/Lemon

米津玄師のLemonです

プレイ回数745984
歌詞かな1119打
第5回パソコン入力スピード認定試験 試験問題

第5回パソコン入力スピード認定試験 試験問題

約5100文字 ツラいけど頑張って!

プレイ回数42668
長文5256打
P検タイピング

P検タイピング

わりと長文です。

プレイ回数144580
長文582打
112回 ワープロ検定初段(速度)

112回 ワープロ検定初段(速度)

日本語ワープロ検定試験初段の速度問題です

プレイ回数39366
長文2179打
第113回 日本語ワープロ検定試験 4級

第113回 日本語ワープロ検定試験 4級

時間無制限です

プレイ回数73221
長文989打

問題文

ふりがな非表示 ふりがな表示

(たぶんどいつものであったとおもうが、あるえいがのししゃかいで、)

多分独逸(ドイツ)物であったと思うが、或る映画の試写会で、

(あおやまきょうすけーーとしりあいになってから、にかげつていどのことで)

青山喬介(きょうすけ)ーーと知り合いになってから、二カ月程度の事で

(ある。そうちょうごじはん。しゃからのでんわをうけたわたしは、きょうすけといっしょにrでぱーとへ、)

ある。早朝五時半。社からの電話を受けた私は、喬介と一緒にRデパートへ、

(そのあさはやくおこったとびおりじさつのにゅーすをとるために、ふるすぴーどで)

その朝早く起こった飛降り自殺のニュースを取るために、フルスピードで

(たくしーをとばしていた。きょうすけはわたしよりもさんねんもせんぱいで、かつてはぼうえいががいしゃの)

タクシーを飛ばしていた。喬介は私よりも三年も先輩で、かつては某映画会社の

(いさいあるかんとくとしてとくいなちいをしめてはいたが、にほんのふぁんのいっぱんてきな)

異彩ある監督として特異な地位を占めてはいたが、日本のファンの一般的な

(しゅこうとかいしゃのこむまあしゃりずむとにげいごうすることができず、)

趣向と会社の営利主義(コムマアシャリズム)とに迎合する事が出来ず、

(えいがかいをいんたいして、いっこのじゆうけんきゅうかとしてしずかなせいかつをおくっていた。きんべんで)

映画界を隠退して、一個の自由研究家として静かな生活を送っていた。勤勉で

(ねんきょうなかれは、いちめんにおいて、めすのごとくえいびんなかんじゅせいとほうふなそうぞうりょくをもって)

粘強な彼は、一面に於て、メスの如く鋭敏な感受性と豊富な想像力を以って

(しばしばわたしをおどろかした。とはいえかれはまたあらゆるかがくのぶんやに)

しばしば私を驚かした。とは言え彼は又あらゆる科学の分野に

(わたって、しゅうとうなどうさつりょくといじょうにめいせきなぶんせきてきちりょくをふるいこうだいなかちぶかい)

亙(わた)って、周到な洞察力と異状に明晰な分析的智力を振い宏大な価値深い

(がくしきをたくわえていた。わたしはきょうすけとのこのこうゆうのとうしょにおいてそのおどろくべき)

学識を貯えていた。私は喬介とのこの交遊の当初に於てその驚くべき

(かれのがくしきをわたしのしょくぎょうてきなかつどうのうえにりようしようとたくらんだ。が、)

彼の学識を私の職業的な活動の上に利用しようとたくらんだ。が、

(ひをへるにつれてわたしのやしんはかぎりないきょうたんとけいぼのねんにかわっていった。そうして)

日を経るにつれて私の野心は限りない驚嘆と敬慕の念に変って行った。そうして

(まもなくわたしは、ほんごうのげしゅくをひきはらってかれのすんでいるあぱーとへ、しかもかれと)

間もなく私は、本郷の下宿を引き払って彼の住んでいるアパートへ、しかも彼と

(となりあわせのへやへいじゅうしてしまった。それほどこのあおやまきょうすけというおとこは、わたしにとって)

隣合せの部屋へ移住してしまった。それ程この青山喬介と言う男は、私にとって

(おかしがたいみりょくをもっていたのである。)

犯し難い魅力を持っていたのである。

(ろくじじゅっぷんまえに、わたしたちはrでぱーとへついた。ついしのげんばはこのでぱーとのうらに)

六時十分前に、私達はRデパートへ着いた。墜死の現場はこのデパートの裏に

(あたるとうほくがわのろじで、けっこんのぎょうけつしたあすふぁるとのどうろのうえには、ふきんの)

当る東北側の露地で、血痕の凝結したアスファルトの道路の上には、附近の

(てんいんやろうどうしゃやそうちょうのつうこうにんが、たてもののおくじょうをみあげたり、くちぐちにやかましく)

店員や労働者や早朝の通行人が、建物の屋上を見上げたり、口々に喧ましく

など

(しゃべりあったりしていた。したいはしいれぶのしょうひんおきばにかりしゅうようされ、とうきょくのいっこうが)

喋り合ったりしていた。死体は仕入部の商品置場に仮収容され、当局の一行が

(けんしをおわったところであった。わたしたちがそこへはいっていくと、こんどまるまるしょの)

検死を終わった処であった。私達が其処へ入って行くと、今度◯◯署の

(しほうしゅにんにえいしんしたわたしのいとこがこころよくわたしたちをむかえながら、このじけんはじさつでなく)

司法主任に栄進した私の従兄弟が快く私達を迎えながら、この事件は自殺でなく

(こうさつによるたさつじけんであること、ひがいしゃはこのみせのききんぞくぶのれじすたーかかりで)

絞殺による他殺事件である事、被害者はこの店の貴金属部のレジスター係で

(のぐちたついちというにじゅうはっさいのどくしんてんいんであること、したいのらっかてんふきんに)

野口達市(たついち)と言う二十八歳の独身店員である事、死体の落下点付近に

(いくつかのだいやのまじったこうかなしんじゅのくびかざりがおちていたこと、そしてその)

幾つかのダイヤの混じった高価な真珠の首飾が落ちていた事、そしてその

(くびかざりは、おとといひがいしゃのきんむするききんぞくぶでふんしつしたにひんのうちのひとつであること、)

首飾は、一昨日被害者の勤務する貴金属部で紛失した二品の内の一つである事、

(さらにまた、したいおよびくびかざりはけさよじにじゅんかいちゅうのけいかんによってはっけんされたもの)

更に又、死体及び首飾は今朝四時に巡廻中の警官に依って発見されたもの

(なること、そしてさいごに、このじけんはじぶんがたんにんしていることをつけくわえて、しょうしょう)

なる事、そして最後に、この事件は自分が担任している事を附け加えて、少々

(とくいげにはなしてくれた。せつめいがおわると、わたしたちはゆるしをえてしたいにせっきんし、)

得意気に話してくれた。説明が終わると、私達は許しを得て死体に接近し、

(けしのはなのようなそのすがたにみいることができた。ずがいこつはふんさいされ、きょくどに)

罌粟(けし)の花の様なその姿に見入る事が出来た。頭蓋骨は粉砕され、極度に

(ゆがめられたがんめんは、ぎょうけつしたあかぐろいけっこんによってものすごくいろどられて)

歪められた顔面は、凝結した赤黒い血痕に依って物凄く色彩(いろど)られて

(いた。けいぶにはあらあらしいこうさつのそうこんがみえ、つちいろにへんしょくしたきょくぶのひふはところどころ)

いた。頸部には荒々しい絞殺の瘡痕が見え、土色に変色した局部の皮膚は所々

(やぶれてしょうりょうのしゅっけつがたおるじのねまきのえりにしみこんでいた。けんしのために)

破れて少量の出血がタオル地の寝巻の襟に染み込んでいた。検死のために

(ろしゅつされたきょうぶには、おなじようなつちいろのみみずばれがあやしくななめによこたわり、その)

露出された胸部には、同じ様な土色の蚯蚓腫れが怪しく斜に横たわり、その

(かいせんにそうひだりきょうぶのろっこつのいっぽんは、むざんにもへしおられていた。さらにまた、)

怪線に沿う左胸部の肋骨の一本は、無惨にもヘシ折られていた。更に又、

(したいのところどころーーりょうほうのてのひら、かた、かがくぶ、ひじなどのろしゅつかしょには、むすうの)

屍体の所々ーー両方の掌、肩、下顎部、肘等の露出個所には、無数の

(かるいさっかしょうがいたいたしくのこり、たおるじのねまきにもに、さんのほころびがみとめられた。)

軽い擦過傷が痛々しく残り、タオル地の寝巻にも二、三の綻ろびが認められた。

(わたしがこのむざんなこうけいをのーとにとっているあいだ、きょうすけはだいたんにもちょくせつしたいにてを)

私がこの無惨な光景をノートに取っている間、喬介は大胆にも直接死体に手を

(ふれててのなかそのほかのさっかしょうやけいきょうぶのこうこんをめんみつにかんさつしていた。)

触れて掌中(てのなか)その他の擦過傷や頸胸部の絞痕を綿密に観察していた。

(「しごなんじかんをけいかしていますか?」きょうすけはたちあがると、ものずきにもそばにいた)

「死後何時間を経過していますか?」喬介は立上がると、物好きにも側にいた

(けいさついにむかってこうしつもんした。「ろく、しちじかんをへていますね」「すると、さくばんの)

警察医に向ってこう質問した。「六、七時間を経ていますね」「すると、昨晩の

(じゅうじからじゅういちじまでのあいだにころされたわけですね。そしていつごろになげおとされたもの)

十時から十一時までの間に殺された訳ですね。そしていつ頃に投げ墜されたもの

(でしょう?」「ろじょうにのこされたけっこん、またはとうぶのけっこんのぎょうけつじょうたいからみて)

でしょう?」「路上に残された血痕、又は頭部の血痕の凝結状態から見て

(どうしてもごぜんさんじよりまえのことです。それから、すくなくともじゅうにじごろまでは)

どうしても午前三時より前の事です。それから、少なくとも十二時頃までは

(あのろじにもつうこうにんがありますから、けっきょくじかんのはんいはれいじからさんじごろまでの)

あの露地にも通行人がありますから、結局時間の範囲は零時から三時頃までの

(あいだにげんていされますね」「わたしもそうおもいます。それからひがいしゃがねまきをきている)

間に限定されますね」「私もそう思います。それから被害者が寝巻を着ている

(のはなぜでしょうか?ひがいしゃはしゅくちょくいんではないのでしょう?」きょうすけの)

のは何故でしょうか? 被害者は宿直員ではないのでしょう?」喬介の

(このしつもんにけいさついはだまってしまった。いままでしほうしゅにんになにごとかじんもんされていた)

この質問に警察医は黙ってしまった。今まで司法主任に何事か訊問されていた

(ねまきすがたのろくにんのてんいんのひとりがけいさついにかわってきょうすけのしつもんにこたえた。「のぐちくんは)

寝巻姿の六人の店員の一人が警察医に代って喬介の質問に答えた。「野口君は

(ゆうべしゅくちょくだったのです。というのは、おのおのちがったうりばからまいばんじゅんばんの)

昨夜(ゆうべ)宿直だったのです。と言うのは、各々違った売場から毎晩順番の

(こうたいでしゅくちょくするのが、このみせのとくしゅなきそくといいますかまあきまりになって)

交代で宿直するのが、この店の特種な規則と言いますかまあキマリになって

(いるのです。さくばんのしゅくちょくは、てんいんのなかではこののぐちくんとわたしと、そこにたっている)

いるのです。昨晩の宿直は、店員の中ではこの野口君と私と、其処に立っている

(ごにんと、つごうしちにんでした。それからざつえきのようむいんさんのかたであそこに)

五人と、都合七人でした。それから雑役の用務員さんの方で彼処(あそこ)に

(いるさんにんをくわえ、ぜんぶでじゅうにんのしゅくちょくでした。そんなわけでおなじしゅくちょくしつへ)

いる三人を加え、全部で十人の宿直でした。そんなわけで同じ宿直室へ

(ねながら、しゅくちょくいんのなかではおたがいになじみのすくないかおばかりということになるのです。)

寝ながら、宿直員の中ではお互に馴染の少い顔ばかりと言う事になるのです。

(さくばんのようすですか?ごしょうちのとおりただいまではまいばんくじまでやかんえいぎょうをして)

昨晩の様子ですか? 御承知の通り只今では毎晩九時まで夜間営業をして

(いますので、くじにへいてんしてからすっかりしずかになるまでにはよんじゅっぷんはじゅうぶんに)

いますので、九時に閉店してからすっかり静かになるまでには四十分は充分に

(かかります。さくばんわたしたちが、おのおのてわけをしてとじまりをあらためてからしょうとうして)

掛ります。昨晩私達が、各々手分けをして戸締りを改めてから消燈して

(ねについたときは、もうじゅうじにちかいころでした。のぐちくんは、ねまきにきかえてから)

寝に就いた時は、もう十時に近い頃でした。野口君は、寝巻に着換えてから

(ひとりででていかれたようですがたぶんべんじょへでもいくのだろうとおもってべつにきにも)

一人で出て行かれたようですが多分便所へでも行くのだろうと思って別に気にも

(とめませんでした。それからけさのよじにおまわりさんにおこされるまでは、)

留めませんでした。それから今朝の四時にお巡りさんに起こされるまでは、

(なんにもしらずにぐっすりねむってしまったのです。・・・ええ、しゅくちょくしつは、)

何にも知らずにぐっすり眠ってしまったのです。・・・ええ、宿直室は、

(ようむいんさんたちのがちかいで、わたしたちのはさんがいのうらがわにあたっています。ろっかいからおくじょうに)

用務員さん達のが地階で、私達のは三階の裏側に当っています。六階から屋上に

(つうずるどあーですか?べつにじょうはおろしません」このしゅくちょくてんいんのきょうじゅつがおわると、)

通ずるドアーですか? 別に錠は下しません」この宿直店員の供述が終ると、

(きょうすけはほかのはちにんのしゅくちょくいんにむかって、さくばんのことにかんしていまのきょうじゅついがいの)

喬介は他の八人の宿直員に向って、昨晩の事に関して今の供述以外の

(にゅーすをもっているひとはないかをしつもんした。が、べつにあたらしいほうこくをもたらした)

ニュースを持っている人はないかを質問した。が、別に新しい報告を齎らした

(ものはなかった。ただ、こどもふくぶにぞくしているというひとりが、さくばんははいたのために)

者はなかった。ただ、子供服部に属していると言う一人が、昨晩は歯痛のために

(いちじごろまでねむられなかったこと、そのあいだのぐちたついちのべっどがからであることにはすこしも)

一時頃まで眠られなかった事、その間野口達市のベッドが空である事には少しも

(きがつかなかったこと、あやしげなものおとなぞはすこしもきこえなかったことなど、)

気が附かなかった事、怪し気な物音なぞは少しも聞えなかった事等、

(ちょっとしたちんじゅつをなしたにすぎなかった。)

ちょっとした陳述をなしたに過ぎなかった。

問題文を全て表示 一部のみ表示 誤字・脱字等の報告

◆コメントを投稿

※公序良俗に反するコメントや、他者を中傷するようなコメントはしないでください。
※このゲームにコメントするにはログインが必要です。

nyokesiのタイピング

オススメの新着タイピング

タイピング練習講座 ローマ字入力表

人気ランキング

注目キーワード