【第122回 検定試験】4級

投稿者maronプレイ回数0000順位401位
難易度(4.3) 988打 長文タグタイピング スピード検定
日本語ワープロ検定試験
第122回(令和2年2月)速度問題
順位 名前 スコア 称号 打鍵/秒 正誤率 時間(秒) 打鍵数 ミス 問題 日付
1 nash 9433 9.6 97.9% 102.4 987 21 20 2020/10/03
2 hayao 8544 8.7 97.2% 111.3 979 28 20 2020/10/02
3 HAKU 7892 8.0 97.8% 122.4 988 22 20 2020/10/25
4 Fuku 7711 8.0 96.0% 125.4 1009 42 20 2020/11/05
5 はじめ 7653 8.0 95.1% 122.3 986 50 20 2020/09/25

関連タイピング

問題文

ふりがな非表示 ふりがな表示

(はさみは、かならずといっていいほどかくかていにあるみぢかなどうぐのひとつでしょう。)

ハサミは、必ずといっていいほど各家庭にある身近な道具の一つでしょう。

(そのれきしはふるく、いまから3000ねんほどまえのぎりしあでは、)

その歴史は古く、今から3000年ほど前のギリシアでは、

(ようもうをきりとるためにもちいられていたようです。)

羊毛を切り取るために用いられていたようです。

(これはいとをきるときにつかうような、にぎってつかうたいぷでした。)

これは糸を切る時に使うような、握って使うタイプでした。

(げんざいわたしたちがつかっている2まいのはをねじでとめたかたちのはさみについては、)

現在わたしたちが使っている2枚の刃をネジで留めた形のハサミについては、

(こだいろーまじだいにかんがえられたといわれています。)

古代ローマ時代に考えられたといわれています。

(にほんでもっともふるいはさみは、ぎりしあがたのもので、)

日本で最も古いハサミは、ギリシア型のもので、

(ならにある7せいきのこふんからしゅつどしています。)

奈良にある7世紀の古墳から出土しています。

(そして、ろーまのようなたいぷのはさみは)

そして、ローマのようなタイプのハサミは

(しょうそういんにせいどうでつくられたものがあります。)

正倉院に青銅で作られたものがあります。

(とうじ、わがくにではかみやぬのをきるのにはこがたなをりようしていました。)

当時、わが国では紙や布を切るのには小刀を利用していました。

(そのためようとはかぎられていたようです。)

そのため用途は限られていたようです。

(めいじじだいになって、ようふくがつくられるようになると、)

明治時代になって、洋服が作られるようになると、

(いまつかっているようなようばさみがゆにゅうされ、)

今使っているような洋バサミが輸入され、

(こくないでもせいぞうされるようになっていきます。)

国内でも製造されるようになっていきます。

(なぜはさみは、ものをきることができるのでしょうか。)

なぜハサミは、ものを切ることができるのでしょうか。

(じつは、てこのげんりをりようしています。)

実は、テコの原理を利用しています。

(もちてのぶぶんがりきてんに、ねじがしてんとなり、そのさきがさようてんにあたります。)

持ち手の部分が力点に、ネジが支点となり、その先が作用点にあたります。

(このこうぞうによってよわいちからでも、)

この構造によって弱い力でも、

(かんたんにきることができるようになっているのです。)

簡単に切ることができるようになっているのです。

◆コメントを投稿

※他者を中傷したり、公序良俗に反するコメント、宣伝行為はしないでください。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。

maronのタイピング

オススメの新着タイピング

タイピング練習講座 ローマ字入力表

人気ランキング

注目キーワード