ダンマパダ 第三章 心

投稿者Uを中指で打つ人プレイ回数75
難易度(4.5) 60秒 長文タグ仏教 ブッダ 真理のことば
仏典『ダンマパダ』(法句経)(真理のことば)、第3章
原始仏典のひとつで、仏教の本質をわかりやすく伝えています。

関連タイピング

問題文

ふりがな非表示 ふりがな表示

(こころは、どうようし、ざわめき、まもりがたく、せいしがたい。)

心は、動揺し、ざわめき、護り難く、制し難い。

(えいちあるひとはこれをなおくする。ゆみやしょくにんがやがらをなおくするように。)

英知ある人はこれを直くする。弓矢職人が矢柄を直くするように。

(みずのなかのすみかからひきだされておかのうえになげすてられたさかなのように、)

水の中の住居から引き出されて陸の上になげすてられた魚のように、

(このこころは、あくまのしはいからのがれようとしてもがきまわる。)

この心は、悪魔の支配から逃れようとしてもがきまわる。

(こころは、とらえがたく、かろがろとざわめき、ほっするままにおもむく。)

心は、捉え難く、軽々とざわめき、欲するままにおもむく。

(そのこころをおさめることはよいことである。)

その心をおさめることは善いことである。

(こころをおさめたならば、あんらくをもたらす。)

心をおさめたならば、安楽をもたらす。

(こころは、きわめてみにくく、きわめてびみょうであり、ほっするがままにおもむく。)

心は、極めて見難く、極めて微妙であり、欲するがままにおもむく。

(えいちあるひとはこころをまもれかし。こころをまもったならば、あんらくをもたらす。)

英知ある人は心を守れかし。心を守ったならば、安楽をもたらす。

(こころはとおくにいき、ひとりうごき、けいたいなく、むねのおくのどうくつにひそんでいる。)

心は遠くに行き、独り動き、形体なく、胸の奥の洞窟にひそんでいる。

(このこころをせいするひとびとは、しのそくばくからのがれるであろう。)

この心を制する人々は、死の束縛からのがれるであろう。

(こころがあんじゅうすることなく、ただしいしんりをしらず、)

心が安住することなく、正しい真理を知らず、

(しんねんがけがされたならば、さとりのちえはまったからず。)

信念が汚されたならば、さとりの智慧は全からず。

(こころがぼんのうにけがされることなく、おもいがみだれることなく、)

心が煩悩に汚されることなく、おもいが乱れることなく、

(ぜんあくのはからいをすてて、めざめているひとには、なにもおそれることがない。)

善悪のはからいを捨てて、目ざめている人には、何も恐れることが無い。

(このしんたいはみずがめのようにもろいものだとしって、)

この身体は水瓶のように脆いものだと知って、

(このこころをじょうかくのように(けんごに)あんりゅうして、ちえのぶきをもって、あくまとたたかえ。)

この心を城廓のように(堅固に)安立して、知慧の武器をもって、悪魔と戦え。

(かちえたものをまもれ。しかもそれにしゅうじゃくすることなく。)

克ち得たものを守れ。しかもそれに執著することなく。

(ああ、このみはまもなくちじょうによこたわるであろう、)

ああ、この身はまもなく地上によこたわるであろう、

(いしきをうしない、むようのきぎれのように、なげすてられて。)

意識を失い、無用の木片のように、投げ棄てられて。

など

(にくむひとがにくむひとにたいし、うらむひとがうらむひとにたいして、)

憎む人が憎む人にたいし、怨む人が怨む人にたいして、

(どのようなことをしようとも、)

どのようなことをしようとも、

(よこしまなことをめざしているこころはそれよりもひどいことをする。)

邪なことをめざしている心はそれよりもひどいことをする。

(ははもちちもそのほかしんぞくがしてくれるよりも)

母も父もそのほか親族がしてくれるよりも

(さらにすぐれたことを、ただしくむけられたこころがしてくれる。)

さらに優れたことを、正しく向けられた心がしてくれる。

問題文を全て表示 一部のみ表示 誤字・脱字等の報告

◆コメントを投稿

※誹謗中傷、公序良俗に反するコメント、歌詞の投稿、宣伝行為は禁止です。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。

※コメントは日本語で投稿してください。

※歌詞のコメントは著作権侵害となります。投稿しないでください!

Uを中指で打つ人のタイピング

オススメの新着タイピング

タイピング練習講座 ローマ字入力表

人気ランキング

注目キーワード