清国ニ対スル宣戦ノ詔勅 ①

投稿者こたんプレイ回数000
難易度(4.2) 773打 長文 かなタグ歴史 日本史 戦争 国語 世界史
明治天皇

関連タイピング

問題文

ふりがな非表示 ふりがな表示

(てんゆうをほぜんし、ばんせいいっけいのこうそをふめるだいにっぽんていこくこうていは、)

天佑を保全し、万世一系の皇祚を践める大日本帝国皇帝は、

(ちゅうじつゆうぶなるなんじ、ゆうしゅうにしめす。)

忠実勇武なる汝、有衆に示す。

(ちん、ここにしんこくにたいしてたたかいをせんす。)

朕、茲に清国に対して戦を宣す。

(ちんがひゃくりょうゆうしはよろしくちんがいをていし、)

朕が百僚有司は宜く朕が意を体し、

(りくじょうにかいめんに、しんこくにたいしてこうせんのじにしたがい、)

陸上に海面に、清国に対して交戦の事に従い、

(もってこっかのもくてきをたっするにどりょくすべし。)

以って国家の目的を達するに努力すべし。

(いやしくもこくさいほうにもとらざるかぎり、おのおのきのうにおうじて、)

苟も国際法に戻らざる限り、各々権能に応じて、

(いっさいのしゅだんをつくすにおいてかならずいろうなからんことをきせよ。)

一切の手段を尽すに於て必ず遺漏なからんことを期せよ。

(おもうに、ちんがそくいいらい、ここににじゅうゆうよねん、ぶんめいのかをへいわのちにもとめ、)

惟うに、朕が即位以来、茲に二十有余年、文明の化を平和の治に求め、

(ことをがいこくにかまうるのきわめてふかなるをしんじ、)

事を外国に構うるの極めて不可なるを信じ、

(ゆうしをしてつねにゆうほうのよしみをあつくするにどりょくせしめ、)

有司をして常に友邦の誼を篤くするに努力せしめ、

(さいわいにれっこくのこうさいは、としをおうてしんみつをくわう。なんぞはからん。)

幸に列国の交際は、年を逐うて親密を加う。何ぞ料らん。

(しんこくのちょうせんじけんにおける、われにたいしてちゃくちゃくりんこうにもとり、)

清国の朝鮮事件に於ける、我に対して著著鄰交に戻り、

(しんぎをしっするのきょにいでんとは。)

信義を失するの挙に出でんとは。

◆コメントを投稿

※他者を中傷したり、公序良俗に反するコメント、宣伝行為はしないでください。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。

こたんのタイピング

オススメの新着タイピング

タイピング練習講座 ローマ字入力表

人気ランキング

注目キーワード