小倉百人一首 1~10番 元表記Ver

投稿者soraプレイ回数269
難易度(4.0) 602打 長文 かなタグ小倉百人一首 百人一首
小倉百人一首の1~10番を順番に出題します。
小倉百人一首の1~10番を、上の句下の句セットで、
元表記で出題します。
極力間違えないように注意していますが、
間違えていましたら、コメントして下されば幸いです。
序歌なんて(知ら)ないです。

好評でしたら、続きや正規発音Verも作ろうと思います。
順位 名前 スコア 称号 打鍵/秒 正誤率 時間(秒) 打鍵数 ミス 問題 日付
1 加藤 英人 4344 C+ 4.3 99.0% 137.2 602 6 10 2021/11/29

関連タイピング

問題文

ふりがな非表示 ふりがな表示

(あきのたのかりほのいほのとまをあらみわがころもではつゆにぬれつつ)

秋の田の かりほの庵の 苫をあらみ わが衣手は 露にぬれつつ

(はるすぎてなつきにけらししろたえのころもほすてふあまのかぐやま)

春すぎて 夏来にけらし 白妙の 衣ほすてふ 天の香具山

(あしびきのやまどりのおのしだりおのながながしよをひとりかもねむ)

あしびきの 山鳥の尾のしだり尾の ながながし夜を ひとりかも寝む

(たごのうらにうちいでてみればしろたえのふじのたかねにゆきはふりつつ)

田子の浦に うち出でて見れば 白妙の 富士の高嶺に 雪はふりつつ

(おくやまにもみぢふみわけなくしかのこえきくときぞあきはかなしき)

奥山に もみぢ踏み分け 鳴く鹿の 声聞く時ぞ 秋は悲しき

(かささぎのわたせるはしにおくしものしろきをみればよぞふけにける)

かささぎの 渡せる橋に おく霜の 白きを見れば 夜ぞふけにける

(あまのはらふりさけみればかすがなるみかさのやまにいでしつきかも)

天の原 ふりさけ見れば 春日なる 三笠の山に 出でし月かも

(わがいほはみやこのたつみしかぞすむよをうぢやまとひとはいふなり)

わが庵は 都のたつみ しかぞすむ 世をうぢ山と 人はいふなり

(はなのいろはうつりにけりないたづらにわがみよにふるながめせしまに)

花の色は うつりにけりな いたづらに わが身世にふる ながめせしまに

(これやこのゆくもかえるもわかれてはしるもしらぬもあふさかのせき)

これやこの 行くも帰るも 別れては 知るも知らぬも あふ坂の関

◆コメントを投稿

※誹謗中傷、公序良俗に反するコメント、歌詞の投稿、宣伝行為は禁止です。

※ランキング登録した名前で投稿されます。

※コメントは日本語で投稿してください。

※歌詞のコメントは著作権侵害となります。投稿しないでください!