【第122回 検定試験】3級

投稿者maronプレイ回数0000順位300位
難易度(4.3) 1166打 長文タグタイピング スピード検定
日本語ワープロ検定試験
第122回(令和2年2月)速度問題
順位 名前 スコア 称号 打鍵/秒 正誤率 時間(秒) 打鍵数 ミス 問題 日付
1 nash 8813 8.9 98.1% 129.8 1166 22 24 2020/10/03
2 hayao 8110 8.4 96.6% 137.6 1156 40 24 2020/10/03
3 subaru 7694 7.9 96.4% 145.3 1161 43 24 2020/10/29
4 HAKU 7585 7.7 97.4% 149.5 1165 31 24 2020/10/29
5 Fuku 7514 7.6 98.3% 157.7 1205 20 24 2020/10/09

関連タイピング

問題文

ふりがな非表示 ふりがな表示

(よのなかには、すがたやかたちがよくにているけれど、)

世の中には、姿や形がよく似ているけれど、

(まったくべつのしゅるいにぶんるいされているものがそんざいします。)

全く別の種類に分類されているものが存在します。

(たとえばかれいとひらめはどうでしょう。)

例えばカレイとヒラメはどうでしょう。

(しろうとめにはおなじようなさかなにみえますが、)

素人目には同じような魚に見えますが、

(ぜんしゃがおちょぼぐちをしているのにたいして、こうしゃはとがったはがでています。)

前者がおちょぼ口をしているのに対して、後者はとがった歯が出ています。

(このちがいはたべものです。)

この違いは食べ物です。

(かれいはつりのえさとしてしられている、)

カレイは釣りのエサとして知られている、

(ごかいなどのちいさないきものをしゅしょくとしています。)

ゴカイなどの小さな生き物を主食としています。

(いっぽう、ひらめはこざかなをたべるために、)

一方、ヒラメは小魚を食べるために、

(おおきなくちとぎざぎざしたはをもっているのです。)

大きな口とギザギザした歯を持っているのです。

(ではじきととうきはどうでしょうか。)

では磁器と陶器はどうでしょうか。

(おなじやきものですが、そのちがいはせいぶんにあります。)

同じ焼き物ですが、その違いは成分にあります。

(ぜんしゃはいしをおおくふくんでいるので、さわるとすべすべしているのにたいし、)

前者は石を多く含んでいるので、触るとスベスベしているのに対し、

(こうしゃはつちをおおくふくむためうすでのものがつくられることがおおく、)

後者は土を多く含むため薄手のものが作られることが多く、

(ひかりにかざすとすけてみえるほどのさくひんもあります。)

光にかざすと透けて見えるほどの作品もあります。

(そしてとうきはしつかんがやわらかく、あつでのうつわがたくさんつくられています。)

そして陶器は質感が柔らかく、厚手の器がたくさん作られています。

(ほかにも、あしかとあざらしのちがいをしっていますか。)

他にも、アシカとアザラシの違いを知っていますか。

(みみとあしにちゅうもくしてみましょう。)

耳と足に注目してみましょう。

(ぜんしゃにはみみのあたりにとっきぶつがあり、まえあしをつかってけいかいにすすむのにたいし、)

前者には耳の辺りに突起物があり、前足を使って軽快に進むのに対し、

(こうしゃのみみはあながあいているだけで、)

後者の耳は穴が空いているだけで、

など

(あしはりくじょうよりすいちゅうでうごきやすいようにちいさくなっています。)

足は陸上より水中で動きやすいように小さくなっています。

(では、ささとたけはどうでしょう。)

では、ササとタケはどうでしょう。

(みわけるのがむずかしいようですが、めじるしはふしにある「さや」のうむだといいます。)

見分けるのが難しいようですが、目印は節にある「さや」の有無だといいます。

(ぜんしゃはせいちょうしてもこれがのこっており、こうしゃははがれています。)

前者は成長してもこれが残っており、後者ははがれています。

問題文を全て表示 一部のみ表示 誤字・脱字等の報告

◆コメントを投稿

※他者を中傷したり、公序良俗に反するコメント、宣伝行為はしないでください。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。

maronのタイピング

オススメの新着タイピング

タイピング練習講座 ローマ字入力表

人気ランキング

注目キーワード