ツルゲーネフ はつ恋 ⑩

投稿者cojicojiプレイ回数000
難易度(4.5) 2959打 長文 長文モード推奨タグ小説 長文 文豪
順位 名前 スコア 称号 打鍵/秒 正誤率 時間(秒) 打鍵数 ミス 問題 日付
1 HAKU 7213 7.4 96.6% 395.8 2956 101 48 2020/10/14
2 subaru 6828 S++ 7.2 94.5% 407.0 2949 170 48 2020/10/14
3 おっ 6136 A++ 6.5 94.0% 448.6 2939 186 48 2020/10/16
4 たなか2 5416 B++ 5.6 96.3% 521.9 2937 110 48 2020/11/10
5 うねりん 5205 B+ 5.5 94.8% 535.6 2947 159 48 2020/10/27

関連タイピング

問題文

ふりがな非表示 ふりがな表示

(しち きっかりはちじに、わたしはふろっくこーとをいっちゃくおよび、あたまのかみを)

七 きっかり八時に、わたしはフロックコートを一着および、頭の髪を

(こだかくもりあげて、こうしゃくふじんのすみかなるはなれへはいっていった。)

小高く盛り上げて、侯爵夫人の住家なる傍屋へ入って行った。

(れいのろうぼくが、ぶあいそうなめでわたしをじろりとみると、しぶしぶこしかけから)

例の老僕が、無愛想な眼でわたしをじろりと見ると、しぶしぶ腰掛から

(しりをもたげた。)

尻をもたげた。

(きゃくまにはようきなひとごえがきこえていた。わたしはそのどあをあけると、)

客間には陽気な人声が聞こえていた。わたしはそのドアをあけると、

(あっとばかりうしろへすさった。へやのまんなかには、いすのうえにこうしゃくれいじょう)

あっとばかり後ろへすさった。部屋の真ん中には、椅子の上に侯爵令嬢

(がつったちあがって、おとこのぼうしをめのまえにささげている。いすのまわりには、)

が突っ立ち上がって、男の帽子を眼の前に捧げている。椅子のまわりには、

(ごにんのおとこがひしめきあっている。かれらはわれがちにぼうしのなかへてをつっこもうと)

五人の男がひしめき合っている。彼らは我がちに帽子の中へ手を突っ込もうと

(するのだが、れいじょうはそれをうえへうえへともちあげて、ちからいっぱいゆすぶっていた。)

するのだが、令嬢はそれを上へ上へと持ち上げて、力いっぱい揺ぶっていた。

(わたしのすがたをみとめると、かのじょはおおきなこえで、「まってよ、まってよ!)

わたしの姿を認めると、彼女は大きな声で、「待ってよ、待ってよ!

(あたらしいおきゃくさまだわ、あのひとにもふだをあげなくちゃ」というなり、ひらりと)

新しいお客様だわ、あの人にも札をあげなくちゃ」と言うなり、ひらりと

(いすからとびおりて、わたしのふろっくのそでのおりかえしをつかまえると、--)

椅子から飛び下りて、わたしのフロックの袖の折返しをつかまえると、--

(「さあ、いらっしゃいってば」といった。--「なにをぼんやりたっているの?)

「さあ、いらっしゃいってば」と言った。--「何をぼんやり立っているの?

(みなさん、ごしょうかいいたしますわ。このかたはむっしゅー・ヴぉるでまーる、)

皆さん、御紹介いたしますわ。この方はムッシュー・ヴォルデマール、

(おとなりのぼっちゃんです。それからこちらは」とかのじょは、わたしにむかってじゅんぐりに)

お隣の坊ちゃんです。それからこちらは」と彼女は、わたしに向って順ぐりに

(きゃくをゆびさしながら、つけくわえた。「まれーふすきいはくしゃく、)

客を指さしながら、付け加えた。「マレーフスキイ伯爵、

(おいしゃのるーしんさん、しじんのまいだーのふさん、)

お医者のルーシンさん、詩人のマイダーノフさん、

(たいしょくたいいのにるまーつきいさん、それからけいきへいのべろヴぞーろふさん、)

退職大尉のニルマーツキイさん、それから軽騎兵のベロヴゾーロフさん、

(このかたはもうおあいになったわね、どうぞみなさん、なかよくなすってね」)

この方はもうお会いになったわね、どうぞ皆さん、仲よくなすってね」

(わたしはすっかりあがってしまって、だれにもおじぎをせずにいたほどだった。)

わたしはすっかりあがってしまって、誰にもお辞儀をせずにいたほどだった。

など

(いしゃのるーしんというのが、あのときにわでわたしにこっぴどくはじをかかした)

医者のルーシンというのが、あのとき庭でわたしにこっぴどく恥をかかした

(れいのあさぐろいおとこであることはわかったが、あとはみんなしょたいめんだった。)

例の浅黒い男であることはわかったが、あとはみんな初対面だった。

(「はくしゃく!と、じないーだはあとをつづけた。--「むっしゅー・ヴぉるでまーる)

「伯爵!と、ジナイーダはあとを続けた。--「ムッシュー・ヴォルデマール

(にもふだをかいてあげてちょうだい」「それはふこうへいですな」と、)

にも札を書いて上げてちょうだい」「それは不公平ですな」と、

(こころもちぽーらんどなまりのあることばつきで、はくしゃくははんたいした。)

心もちポーランドなまりのある言葉つきで、伯爵は反対した。

(これはすこぶるびぼうの、こったみなりをしたくりいろのかみのおとこで、ひょうじょうにとんだ)

これは頗る美貌の、凝った身なりをした栗色の髪の男で、表情に富んだ

(とびいろのめと、ほそいこぢんまりしたしろいはなをもち、ちっぽけなくちのうえに、)

鳶色の目と、細い小ぢんまりした白い鼻をもち、ちっぽけな口の上に、

(ちょびひげをはやしている。--「このひと、ばっきんごっこのなかまに)

ちょび髭を生やしている。--「この人、罰金ごっこの仲間に

(はいらなかったんですからねえ」「ふこうへいだ」と、べろヴぞーろふと、もうひとり)

入らなかったんですからねえ」「不公平だ」と、ベロヴゾーロフと、もう一人

(べつのおとこがあいづちをうった。あとのほうのおとこは、たいしょくたいいとよばれたじんぶつで、)

別の男が相槌を打った。あとの方の男は、退職大尉と呼ばれた人物で、

(としはしじゅうがらみ、みっともないほどのあばたづらで、あらびあじんみたいに)

年は四十がらみ、みっともないほどのあばた面で、アラビア人みたいに

(かみのけがちぢれて、ねこぜで、がにまたで、けんしょうのないぐんぷくをきて、むねのぼたんを)

髪の毛が縮れて、猫背で、がに股で、肩章のない軍服を着て、胸のボタンを

(はずしている。「ふだをかいてあげなさいってば」と、れいじょうはくりかえした。--)

はずしている。「札を書いて上げなさいってば」と、令嬢は繰り返した。--

(「そりゃなんのぼうどうなの?むっしゅー・ヴぉるまーるははじめていっしょに)

「そりゃなんの暴動なの?ムッシュー・ヴォルマールは初めて一緒に

(なったんだから、きょうはこのひととくべつあつかいよ。ぶつぶついわないで、)

なったんだから、今日はこの人特別扱いよ。ぶつぶつ言わないで、

(かいてちょうだい、あたしそうしたいんだから」)

書いてちょうだい、あたしそうしたいんだから」

(はくしゃくはかたをすくめたが、すなおにいちれいすると、ほうせきいりのゆびわで)

伯爵は肩をすくめたが、素直に一礼すると、宝石入りの指輪で

(かざりたてたしろいてにぺんをとりあげ、ちいさなかみきれをさきとって、)

飾り立てた白い手にペンをとりあげ、小さな紙切れを裂き取って、

(それにかきはじめた。)

それに書き始めた。

(「ではせめてヴぉるでまーるしに、ことのしだいをせつめいしてあげてもいいでしょう」)

「ではせめてヴォルデマール氏に、事の次第を説明して上げてもいいでしょう」

(と、あざけるようなこえでるーしんがいいだした。ーー)

と、嘲るような声でルーシンが言い出した。ーー

(「さもないと、すっかりまごついておられるようですからな。じつはね、きみ、)

「さもないと、すっかりまごついておられるようですからな。実はね、君、

(われわれはばっきんごっこをしているんだが、れいじょうがばっきんをはらうことになったので、)

我々は罰金ごっこをしているんだが、令嬢が罰金を払うことになったので、

(こううんのくじをひきあてたひとは、れいじょうのおてにきすするけんりをえるわけなんです。)

幸運のくじを引き当てた人は、令嬢のお手にキスする権利を得るわけなんです。

(わかったですか、ぼくのいったことが?」わたしはちらりとかれのかおみたばかりで、)

わかったですか、僕のいったことが?」わたしはちらりと彼の顔見たばかりで、

(あいかわらずぼうぜんじしつのていでつったっていたが、そのあいだにれいじょうはまたいすの)

相変わらず茫然自失のていで突っ立っていたが、その間に令嬢はまた椅子の

(うえにとびのると、またもやぼうしをゆすぶりはじめた。)

上に飛び乗ると、またもや帽子を揺すぶり始めた。

(みんながてをのばしたのでーーわたしもそれにしたがった。)

みんなが手を伸ばしたのでーーわたしもそれに従った。

問題文を全て表示 一部のみ表示 誤字・脱字等の報告

◆コメントを投稿

※他者を中傷したり、公序良俗に反するコメント、宣伝行為はしないでください。

※ランキング登録した名前で投稿されます。

cojicojiのタイピング

オススメの新着タイピング

タイピング練習講座 ローマ字入力表

人気ランキング

注目キーワード