【第123回】検定試験 4級

投稿者maronプレイ回数4226順位1548位
難易度(3.9) 1027打 長文タグタイピング 検定試験
日本語ワープロ検定試験
第123回(令和2年7月)速度問題
順位 名前 スコア 称号 打鍵/秒 正誤率 時間(秒) 打鍵数 ミス 問題 日付
1 HAKU 7543 7.8 96.7% 131.5 1026 34 25 2021/03/18
2 nonki 7085 7.1 98.6% 143.4 1030 14 25 2021/04/23
3 つっち 6508 S+ 6.7 96.9% 156.1 1049 33 25 2021/04/21
4 mikan 6489 S 6.6 97.1% 154.1 1030 30 25 2021/03/30
5 ぱんだ 6218 A++ 6.5 95.1% 157.1 1030 53 25 2021/03/14

関連タイピング

問題文

ふりがな非表示 ふりがな表示

(わたしたちにほんじんにとってはあたりまえともいえるさーびすのひとつに、)

私たち日本人にとっては当たり前ともいえるサービスの一つに、

(おしぼりがあげられます。)

おしぼりが挙げられます。

(これは、いつごろからはじまったのでしょうか。)

これは、いつ頃から始まったのでしょうか。

(しょせつありますが、)

諸説ありますが、

(へいあんじだいにとうじのくげがいえにまねいたきゃくをもてなすときに、)

平安時代に当時の公家が家に招いた客をもてなす時に、

(ぬれたぬのをていきょうしたことがはじまりだといわれています。)

濡れた布を提供したことが始まりだといわれています。

(ほかには、えどじだいにちゃやでのさーびすがきげんとなったというせつもあります。)

他には、江戸時代に茶屋でのサービスが起源となったという説もあります。

(これは、たいへんなおもいをして、)

これは、大変な思いをして、

(やまみちをのぼってきたたびびとたちへのきづかいからうまれたものだったようです。)

山道を登ってきた旅人たちへの気遣いから生まれたものだったようです。

(いずれにしても、おもてなしのこころからたんじょうしたことに)

いずれにしても、おもてなしの心から誕生したことに

(かわりはないでしょう。)

変わりはないでしょう。

(また、むろまちじだいになると、)

また、室町時代になると、

(げんかんさきでみずをいれたおけとてぬぐいをていきょうするやどやがとうじょうします。)

玄関先で水を入れた桶と手ぬぐいを提供する宿屋が登場します。

(おとずれたひとは、)

訪れた人は、

(よごれたてあしをきれいにしてたびのつかれをいやしていたそうです。)

汚れた手足をきれいにして旅の疲れを癒やしていたそうです。

(このときのぬれたてぬぐいをしぼるこういが、)

このときの濡れた手ぬぐいを絞る行為が、

(おしぼりというなまえのゆらいになったといわれています。)

おしぼりという名前の由来になったといわれています。

(ときはすぎ、)

時は過ぎ、

(めんのたおるをふたつおりにしてまいたものがれんたるされ、)

綿のタオルを二つ折りにして巻いたものがレンタルされ、

(いんしょくてんなどでていきょうされるようになったのは、)

飲食店などで提供されるようになったのは、

など

(しょうわ30ねんだいのことです。)

昭和30年代のことです。

(そのあと、がいしょくさんぎょうのしじょうかくだいにともなって、)

その後、外食産業の市場拡大に伴って、

(てがるなかみのおしぼりがとうじょうしますが、)

手軽な紙のおしぼりが登場しますが、

(きんねんはえこのかんてんから、)

近年はエコの観点から、

(れんたるがみなおされているようです。)

レンタルが見直されているようです。

問題文を全て表示 一部のみ表示 誤字・脱字等の報告

◆コメントを投稿

※他者を中傷したり、公序良俗に反するコメント、宣伝行為はしないでください。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。

maronのタイピング

オススメの新着タイピング

タイピング練習講座 ローマ字入力表

人気ランキング

注目キーワード