オオカミ王ロボ 19

背景
投稿者投稿者ヤマセミいいね1お気に入り登録
プレイ回数667難易度(4.4) 1334打 長文
シートン動物記
アーネスト・トムソン・シートン作
偕成社文庫
順位 名前 スコア 称号 打鍵/秒 正誤率 時間(秒) 打鍵数 ミス 問題 日付
1 もっちゃん先生 4970 B 5.2 94.4% 252.3 1333 79 26 2024/02/21

関連タイピング

問題文

ふりがな非表示 ふりがな表示

(まずわたしは、てにはいるかぎりのわなをあつめた。)

まず私は、手に入る限りの罠を集めた。

(ひゃくさんじゅっこのきょうりょくなこうてつせいのおおかみわなだ。)

百三十個の強力な鋼鉄製のオオカミ罠だ。

(つぎにこれをよんこをひとくみとして、ろぼのきょうこくにむかう、みちというみちにしかけた。)

次にこれを四個を一組として、ロボの峡谷に向かう、道という道に仕掛けた。

(どのわなもしっかりとまるたにむすびつけ、そのまるたをいっこずつちにうめるのだが、)

どの罠もしっかりと丸太に結びつけ、その丸太を一個ずつ地に埋めるのだが、

(じめんをほるときにはとくべつきをくばった。)

地面を掘るときには特別気を配った。

(くさをねごとほりとってから、あなのつちはひとつぶものこさずもうふにあげる。)

草を根ごと掘りとってから、穴の土は一粒も残さず毛布に上げる。

(だから、しごとがおわってさいごにくさをもどすと、)

だから、仕事が終わって最後に草を戻すと、

(にんげんがてをつけたあとはすこしものこらなかった。)

人間が手を付けた跡は少しも残らなかった。

(わなをうめおわると、あわれなぶらんかのしがいを、)

罠を埋め終わると、あわれなブランカの死骸を、

(そのいちいちのばしょにひっぱってあるいた。)

そのいちいちの場所にひっぱって歩いた。

(それからこやのまわりをひとまわりひっぱってあるき、)

それから小屋の周りをひとまわり引っ張って歩き、

(さいごにぶらんかのあしをいっぽんきりとって、わなからわなにあしあとをつけてあるいた。)

最後にブランカの足を一本切り取って、罠から罠に足跡をつけて歩いた。

(つまり、おもいつくかぎりのようじんとくふうをこらしたわけである。)

つまり、思いつく限りの用心と工夫を凝らしたわけである。

(こうしてよるおそくいえにもどり、あしたのけっかをまつことにした。)

こうして夜遅く家に戻り、明日の結果を待つことにした。

(よなかにろぼにこえをきいたようなきがしたが、はっきりしなかった。)

夜中にロボに声を聞いたような気がしたが、はっきりしなかった。

(さてよくじつ、わたしはうまにのってまわったが、)

さて翌日、私は馬に乗って周ったが、

(きたのきょうこくをまわりきらないうちにくらくなってしまった。)

北の峡谷を周りきらないうちに暗くなってしまった。

(そしてなんのせいかもなくこやにもどった。)

そしてなんの成果もなく小屋に戻った。

(ところがゆうしょくのとき、ひとりのかうぼーいがこんなことをいった。)

ところが夕食のとき、一人のカウボーイがこんな事を言った。

(「けさ、きたきょうこくのうしがばかにさわいでいたな。)

「けさ、北峡谷の牛が馬鹿に騒いでいたな。

など

(なにかが、わなにかかったのかもしれませんぜ。」)

何かが、罠にかかったのかもしれませんぜ。」

(わたしがそのばしょへいったのは、よくじつのごごになってからである。)

私がその場所へ行ったのは、翌日の午後になってからである。

(ちかづくと、なにかおおきなはいいろのものが、じめんからおきあがった。)

近づくと、なにか大きな灰色のものが、地面から起き上がった。

(にげようとしてにげられず、もがきながらわたしのまえにたちあがったすがたは、)

逃げようとして逃げられず、もがきながら私の前に立ち上がった姿は、

(まさしくろぼだ。)

まさしくロボだ。

(からんぽーのおうさまは、とうとうわなにかかったのだった。)

カランポーの王さまは、とうとう罠にかかったのだった。

問題文を全て表示 一部のみ表示 誤字・脱字等の報告

◆コメントを投稿

※誹謗中傷、公序良俗に反するコメント、個人情報の投稿、歌詞の投稿、出会い目的の投稿、無関係な宣伝行為は禁止です。削除対象となります。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。

※コメントは日本語で投稿してください。

ヤマセミのタイピング

オススメの新着タイピング

タイピング練習講座 ローマ字入力表 アプリケーションの使い方 よくある質問

人気ランキング

注目キーワード