Ark

スポンサーリンク
投稿者豆乳鍋 プレイ回数207 順位8630位
楽曲情報 ARK  Sound Horizon  作詞REVO  作曲REVO
難易度(4.5) 1544打 歌詞 タグSound Horizon サンホラ
雰囲気が素敵な曲です。
※このタイピングは「ARK」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

死せる乙女その手には水月

死せる乙女その手には水月

SoundHorizonの[Moira]の曲です。

プレイ回数216
歌詞かな614打
Star Dust

Star Dust

Sound Horizonの曲です。

プレイ回数359
歌詞1834打
光と闇の童話

光と闇の童話

Sound Horizon

プレイ回数200
歌詞かな1886打
切情!伯火繚乱

切情!伯火繚乱

「切情!佰花繚乱」 (MOSAIC.WAV)

プレイ回数37
歌詞かな1170打
アラベスク

アラベスク

「アラベスク」 (水島 大宙)

プレイ回数86
歌詞かな653打
激愛メリーゴーランド

激愛メリーゴーランド

「激愛メリーゴーランド」 (Psycho le Cemu)

プレイ回数51
歌詞881打

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(はこにわをかたるおりのなかできんだんのきかんにてをくわえて)

「--箱庭を驕る檻の中で禁断の海馬に手を加えて

(おごれるむのうなかみにでもなったつもりなの)

驕れる無能な創造神にでも成った心算なの......」

(ほうかいそれははらみつづけたきせつにがつのゆきのひ「そろる」のゆめ)

崩壊其れは孕み続けた季節二月の雪の日「妹」の記憶

(われわれをらくえんへみちびけるはこぶねはあわれなるたましいをだいちからときはなつ)

「我々を楽園へ導ける箱舟は哀れなる魂を大地から解き放つ

(すくいをもとめるあなたにarkをあたえよう)

救いを求める貴方にArkを与えよう」

(それはげっこううけてぎんいろにきらめいた)

《Arkと呼ばれた物》は月光を受けて銀色に煌めいた...

(おもいでまでうらぎったつめたいことばのあめ)

想い出まで裏切った冷たい言葉の雨

(しあわせだったふたりとわにとどかなくなるまえに)

幸せだった二人永遠に届かなくなる前に...

(ねぇなぜかわってしまったのあんなにもあいしあっていたのに)

「ねぇ・・・何故変わってしまったの?あんなにも愛し合っていたのに」

(なみだをほほえみにかえつめよるないふをにぎって)

涙を微笑みに換え詰め寄る《Arkと呼ばれた物》を握って...

(あいぞうの「あーく」)

--愛憎の「箱舟」

(いんがそれはたぐりよせたいとろくがつのあめのひ「ふらーてる」のゆめ)

因果其れは手繰り寄せた糸六月の雨の日「兄」の記憶

(しんじてたそのひとにうらぎられたしょうじょ)

信じてたその人に裏切られた少女

(にげこんだらくえんはしんこうというきょうき)

逃げ込んだ楽園は信仰という狂気

(あたらしいせかいへとはばたけるじこあんじ)

新しい世界へと羽ばたける自己暗示

(すみわたるかくせいはしんこうというきょうき)

澄み渡る覚醒は進行という凶器

(さいごのときにめぐったいびつなあいのきおく)

最後の瞬間に廻った歪な愛の記憶

(ぜいじゃくなこころがたえきれずあのひうそをついた)

脆弱な精神が堪えきれずあの日嘘をついた...

(りっすればりっするほどおちるゆるされぬおもいにやかれながら)

律すれば律する程堕ちる赦されぬ想いにやかれながら

(まぐわうきずはふかくあまくはめつへいざなう)

まぐわう傷は深く甘く破滅へ誘う...

(はいとくの「あーく」)

--背徳の「箱舟」

(ひけんたい1096つうしょう「そろる」おなじく)

被験体#1096通称「妹」同じく

(ひけんたい1076つうしょう「ふらーてる」をさつがい)

被験体1076通称「兄」を殺害

(けーすなんばー12かじょうとうえいがたいぞんにおけるふくろこうじのもでる)

<奨励番号12>過剰投影型依存における袋小路の模型

(すなわちあーく)

即ち《虚妄型箱舟依存症候群》

(かぎりなくどういつにちかづけるついおくはきょうきにもにたげんそう)

限りなく同一に近づける追憶は狂気にも似た幻想

(もとめるままにくちびるをうばいあいすこしずつらくえんをおわれてゆく)

求める儘に唇を奪い合い少しずつ楽園を追われてゆく

(おなじとらうまかさねればひびきあうけれどそれいじょうには)

同じ心的傷重ねれば響き会うけれどそれ以上には...

(はこにわをかたるおりのなかできんだのきかんにてをくわえて)

「--箱庭を騙る檻の中で禁断の海馬に手を加えて

(おごれるむのうなかみにでもなったつもりなのか)

驕れる無能な創造神にでも成った心算なの?」か...

(ありしひにさかせたはなびらはくらやみにちりゆくように)

在りし日に咲かせた花弁は暗闇に散り逝くように

(りんとしょうじょのこわいろでささやくらくえんへかえりましょう)

凜と少女の声色で囁く「楽園へ還りましょう」...

(うぉっちゃーはてんをあおぎためいきをつく)

監視卿は天を仰ぎ深い溜息を吐く

(うしなったはずの「ばしょ」がむなしくうずいた)

失ったはずの「左手の薬指」が虚しく疼いた

(ふとかれがもにたーのむこうへしせんをもどすと)

--ふと彼が監視鏡の向こうへ視線を戻すと

(ああいつのまにかしょうじょのはいごにはかめんのおとこがたっていた)

嗚呼...いつの間にか少女の背後には「仮面の男」が立っていた--

◆コメントを投稿

※公序良俗に反するコメントや、他者を中傷するようなコメントはしないでください。
※ランキング登録した名前で投稿されます。