【31~40】百人一首全句打

投稿者『メリ★るん♪♪プレイ回数000お気に入り1
【決まり字一覧】

31.『上句』あさぼらけあ 『下句』よし
32.『上句』やまが    『下句』ながれ
33.『上句』ひさ     『下句』しづ
34.『上句』たれ     『下句』まつも
35.『上句』ひとは    『下句』はなぞ
36.『上句』なつ     『下句』くもの
37.『上句』しら     『下句』つ
38.『上句』わすら    『下句』ひとの
39.『上句』あさぢ    『下句』あまり
40.『上句』しの     『下句』もの

関連タイピング

問題文

ふりがな非表示 ふりがな表示

(あさぼらけありあけのつきとみるまでに)

朝ぼらけ ありあけの月と 見るまでに

(よしののさとにふれるしらゆき)

吉野の里に 降れる白雪

(やまがはにかぜのかけたるしがらみは)

山川に 風のかけたる しがらみは

(ながれもあへぬもみぢなりけり)

流れもあへぬ 紅葉なりけり

(ひさかたのひかりのどけきはるのひに)

ひさかたの 光のどけき 春の日に

(しづごころなくはなのちるらむ)

しづ心なく 花の散るらむ

(たれをかもしるひとにせむたかさごの)

誰をかも 知る人にせむ たかさごの

(まつもむかしのともならなくに)

松も昔の 友ならなくに

(ひとはいさこころもしらずふるさとは)

人はいさ 心も知らず ふるさとは

(はなぞむかしのかににほひける)

花ぞ昔の 香に匂ひける

(next)

少し振り返りの時間を取りましょう 次に進むにはNextと入力して下さい

(なつのよはまだよひながらあけぬるを)

夏の夜は まだ宵ながら 明ぬるを

(くものいづこにつきやどるらむ)

雲のいづこに 月やどるらむ

(しらつゆにかぜのふきしくあきののは)

白露に 風の吹きしく 秋の野は

(つらぬきとめぬたまぞちりける)

つらぬきとめぬ 玉ぞ散りける

(わすらるるみをばおもはずちかひてし)

忘らるる 身をば思はず 誓ひてし

(ひとのいのちのをしくもあるかな)

人のいのちの 惜しくもあるかな

(あさぢふのをののしのはらしのぶれど)

浅茅生の 小野の篠原 しのぶれど

(あまりてなどかひとのこひしき)

あまりてなどか 人の恋しき

(しのぶれどいろにいでにけりわがこひは)

しのぶれど 色に出でにけり わが恋は

など

(ものやおもふとひとのとふまで)

物や思ふと 人の問ふまで

(end)

少し振り返りの時間を取りましょう 終了するにはENDと入力してください

問題文を全て表示 一部のみ表示 誤字・脱字等の報告

◆コメントを投稿

※他者を中傷したり、公序良俗に反するコメント、宣伝行為はしないでください。

※ランキング登録した名前で投稿されます。

『メリ★るん♪♪のタイピング

オススメの新着タイピング

タイピング練習講座 ローマ字入力表

人気ランキング

注目キーワード