【01~10】百人一首全句打

投稿者『メリ★るん♪♪プレイ回数313  お気に入り1
【決まり字一覧】

01.『上句』あさの 『下句』わがころもでは
02.『上句』はるす 『下句』ころもほ
03.『上句』あし  『下句』ながな
04.『上句』たご  『下句』ふじ
05.『上句』おく  『下句』こえ
06.『上句』かさ  『下句』しろ
07.『上句』あまの 『下句』みかさ
08.『上句』わがい 『下句』よをう
09.『上句』はなの 『下句』わがみよ
10.『上句』これ  『下句』しる
順位 名前 スコア 称号 打鍵/秒 正誤率 時間(秒) 打鍵数 ミス 問題 日付
1 3930 お疲れ様でした 4.2 92.1% 143.0 614 52 22 2020/08/28

関連タイピング

問題文

ふりがな非表示 ふりがな表示

(あきのたのかりほのいほのとまをあらみ)

秋の田の かりほの庵の 苫をあらみ

(わがころもではつゆにぬれつつ)

わが衣手は 露にぬれつつ

(はるすぎてなつきにけらししろたへの)

春すぎて 夏来にけらし 白妙の

(ころもほすてふあまのかぐやま)

衣ほすてふ 天の香具山

(あしびきのやまどりのをのしだりをの)

あしびきの 山鳥の尾の しだり尾の

(ながながしよをひとりかもねむ)

ながながし夜を ひとりかも寝む

(たごのうらにうちいでてみればしろたへの)

田子の浦に うち出でて見れば 白妙の

(ふじのたかねにゆきはふりつつ)

富士の高嶺に 雪はふりつつ

(おくやまにもみぢふみわけなくしかの)

奥山に もみぢ踏み分け 鳴く鹿の

(こえきくときぞあきはかなしき)

声聞く時ぞ 秋は悲しき

(next)

少し振り返りの時間を取りましょう 次に進むにはNextと入力してください

(かささぎのわたせるはしにおくしもの)

かささぎの 渡せる橋に おく霜の

(しろきをみればよぞふけにける)

白きを見れば 夜ぞふけにける

(あまのはらふりさけみればかすがなる)

天の原 ふりさけ見れば 春日なる

(みかさのやまにいでしつきかも)

三笠の山に 出でし月かも

(わがいほはみやこのたつみしかぞすむ)

わが庵は 都のたつみ しかぞすむ

(よをうぢやまとひとはいふなり)

世をうぢ山と 人はいふなり

(はなのいろはうつりにけりないたづらに)

花の色は うつりにけりな いたづらに

(わがみよにふるながめせしまに)

わが身世にふる ながめせしまに

(これやこのゆくもかへるもわかれては)

これやこの 行くも帰るも 別れては

など

(しるもしらぬもあふさかのせき)

知るも知らぬも あふ坂の関

(end)

少し振り返りの時間を取りましょう 終了するにはENDと入力してください

問題文を全て表示 一部のみ表示 誤字・脱字等の報告

◆コメントを投稿

※公序良俗に反するコメントや、他者を中傷するようなコメントはしないでください。

※ランキング登録した名前で投稿されます。

『メリ★るん♪♪のタイピング

オススメの新着タイピング

タイピング練習講座 ローマ字入力表

人気ランキング

注目キーワード