銀河鉄道の夜 61

投稿者ヤマセミプレイ回数626
難易度(3.8) 1492打 長文タグ小説 銀河鉄道 宮沢賢治
九、ジョバンニの切符 33/36
(黒い丘)
ジョバンニは目をひらきました。
もとの丘の草の中に、疲れて眠っていたのでした。
胸はなんだかおかしくほてり、ほおには冷たい涙がながれていました。
順位 名前 スコア 称号 打鍵/秒 正誤率 時間(秒) 打鍵数 ミス 問題 日付
1 meg 5487 B++ 5.6 96.4% 261.7 1491 55 39 2022/01/10

関連タイピング

問題文

ふりがな非表示 ふりがな表示

(じょばんにはめをひらきました。)

ジョバンニは目をひらきました。

(もとのおかのくさのなかに、つかれてねむっていたのでした。)

もとの丘の草の中に、疲れて眠っていたのでした。

(むねはなんだかおかしくほてり、)

胸はなんだかおかしくほてり、

(ほおにはつめたいなみだがながれていました。)

ほおには冷たい涙がながれていました。

(じょばんにはばねのようにはねおきました。)

ジョバンニはばねのようにはね起きました。

(まちはすっかりさっきのとおりに)

町はすっかりさっきの通りに

(したでたくさんのあかりをつづってはいましたが、)

下でたくさんの灯りを綴ってはいましたが、

(そのひかりはなんだかさっきよりはねっしたというふうでした。)

その光はなんだかさっきよりは熱したというふうでした。

(そしてたったいまゆめであるいたあまのがわも)

そしてたったいま夢で歩いた天の川も

(やっぱりさっきのとおりしろくぼんやりかかり、)

やっぱりさっきの通り白くぼんやりかかり、

(まっくろなみなみのちへいせんのうえではことにけむったようになって、)

まっ黒な南の地平線の上ではことに煙ったようになって、

(そのみぎにはさそりざのあかいほしがうつくしくきらめき、)

その右にはさそり座の赤い星がうつくしくきらめき、

(そらぜんたいのいちじゃそんなにかわってもいないようでした。)

空ぜんたいの位置じゃそんなに変わってもいないようでした。

(じょばんにはいっさんにおかをはしってくだりました。)

ジョバンニはいっさんに丘を走って下りました。

(まだゆうごはんをたべないでまっているおかあさんのことが)

まだ夕ごはんを食べないで待っているお母さんのことが

(むねいっぱいにおもいだされたのです。)

胸いっぱいに思いだされたのです。

(どんどんくろいまつのはやしのなかをとおって、)

どんどん黒い松の林の中を通って、

(それからほのしろいぼくじょうのさくをまわって)

それからほの白い牧場の柵をまわって

(さっきのいりぐちからくらいぎゅうしゃのまえへまたきました。)

さっきの入口から暗い牛舎の前へまたきました。

(そこにはだれかがいまかえったらしく、)

そこには誰かがいま帰ったらしく、

など

(さっきなかったひとつのくるまがなにかのたるをふたつのっけておいてありました。)

さっきなかった一つの車が何かの樽を二つのっけて置いてありました。

(「こんばんは」)

「今晩は」

(じょばんにはさけびました。)

ジョバンニは叫びました。

(「はい。」)

「はい。」

(しろいふといずぼんをはいたひとがすぐでてきてたちました。)

白い太いずぼんをはいた人がすぐ出てきて立ちました。

(「なんのごようですか。」)

「なんのご用ですか。」

(「きょうぎゅうにゅうがぼくのところへこなかったのですが。」)

「今日牛乳がぼくのところへこなかったのですが。」

(「あ、すみませんでした。」)

「あ、すみませんでした。」

(そのひとはすぐおくへいっていっぽんのぎゅうにゅうびんをもってきて)

その人はすぐ奥へ行って一本の牛乳びんをもってきて

(じょばんににわたしながらまたいいました。)

ジョバンニに渡しながらまたいいました。

(「ほんとうに、すみませんでした。)

「ほんとうに、すみませんでした。

(きょうはひるすぎうっかりしてこうしのさくをあけておいたもんですから、)

今日は昼すぎうっかりして仔牛の柵をあけておいたもんですから、

(たいしょうさっそくおやうしのところへいってはんぶんばかりのんでしまいましてね・・・。」)

大将さっそく親牛のところへ行って半分ばかりのんでしまいましてね・・・。」

(そのひとはわらいました。)

その人は笑いました。

(「そうですか。では、いただいていきます。」)

「そうですか。では、いただいて行きます。」

(「ええ、どうもすみませんでした。」)

「ええ、どうもすみませんでした。」

(「いいえ。」)

「いいえ。」

(じょばんにはまだあついちちのびんを)

ジョバンニはまだ熱い乳のびんを

(りょうほうのてのひらでつつむようにもってぼくじょうのさくをでました。)

両方のてのひらで包むようにもって牧場の柵を出ました。

問題文を全て表示 一部のみ表示 誤字・脱字等の報告

◆コメントを投稿

※誹謗中傷、公序良俗に反するコメント、歌詞の投稿、宣伝行為は禁止です。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。

※コメントは日本語で投稿してください。

※歌詞のコメントは著作権侵害となります。投稿しないでください!

ヤマセミのタイピング

オススメの新着タイピング

タイピング練習講座 ローマ字入力表

人気ランキング

注目キーワード