百人一首 26~50

投稿者あやプレイ回数213
難易度(4.0) 1512打 長文 かなタグ百人一首
順位 名前 スコア 称号 打鍵/秒 正誤率 時間(秒) 打鍵数 ミス 問題 日付
1 加藤 英人 3710 D+ 3.7 99.0% 403.7 1512 14 25 2021/11/26

関連タイピング

  • 暗誦 百人一首

    暗誦 百人一首

    歌人も一緒に覚えましょう

    プレイ回数4789
    長文120秒
  • 百人一首

    百人一首

    百人一首から15首出てきます

    プレイ回数48496
    長文かな5998打
  • 百人一首

    百人一首

    百人一首ぜんぶ!超上級者向けです!!

    プレイ回数3578
    長文かな5934打
  • 百人一首タイピング

    百人一首タイピング

    百人一首タイピングです

    プレイ回数16605
    長文かな120秒
  • 百人一首タイピング(1~50)

    百人一首タイピング(1~50)

    百人一首を楽しく覚えながらタイピングしましょう!

    プレイ回数1094
    長文かな3012打
  • 百人一首タイピング!①

    百人一首タイピング!①

    小倉百人一首の上の句・下の句をタイピング!(①~⑩)

    プレイ回数1339
    長文かな598打

問題文

ふりがな非表示 ふりがな表示

(をぐらやまみねのもみぢばこころあらばいまひとたびのみゆきまたなむ)

小倉山 峰のもみぢ葉 心あらば  今ひとたびの みゆき待たなむ

(みかのはらわきてながるるいづみがはいつみきとてかこひしかるらむ)

みかの原 わきて流るる 泉川  いつ見きとてか 恋しかるらむ

(やまざとはふゆぞさびしさまさりけるひとめもくさもかれぬとおもへば)

山里は 冬ぞさびしさ まさりける  人目も草も かれぬと思へば

(こころあてにをらばやをらむはつしものおきまどはせるしらぎくのはな)

心あてに 折らばや折らむ 初霜の  置きまどはせる 白菊の花

(ありあけのつれなくみえしわかれよりあかつきばかりうきものはなし)

有明の つれなく見えし 別れより  暁ばかり 憂きものはなし

(あさぼらけありあけのつきとみるまでによしののさとにふれるしらゆき)

朝ぼらけ 有明の月と 見るまでに  吉野の里に 降れる白雪

(やまがはにかぜのかけたるしがらみはながれもあへぬもみぢなりけり)

山川に 風のかけたる しがらみは  流れもあへぬ 紅葉なりけり

(ひさかたのひかりのどけきはるのひにしづごころなくはなのちるらむ)

ひさかたの 光のどけき 春の日に  静心なく 花の散るらむ

(たれをかもしるひとにせむたかさごのまつもむかしのともならなくに)

誰をかも 知る人にせむ 高砂の  松も昔の 友ならなくに

(ひとはいさこころもしらずふるさとははなぞむかしのかににほひける)

人はいさ 心も知らず ふるさとは  花ぞ昔の 香ににほひける

(なつのよはまだよひながらあけぬるをくものいづこにつきやどるらむ)

夏の夜は まだ宵ながら 明けぬるを  雲のいづこに 月宿るらむ

(しらつゆにかぜのふきしくあきののはつらぬきとめぬたまぞちりける)

白露に 風の吹きしく 秋の野は  つらぬきとめぬ 玉ぞ散りける

(わすらるるみをばおもはずちかひてしひとのいのちのをしくもあるかな)

忘らるる 身をば思はず 誓ひてし  人の命の 惜しくもあるかな

(あさぢふのをののしのはらしのぶれどあまりてなどかひとのこひしき)

浅茅生の 小野の篠原 しのぶれど  あまりてなどか 人の恋しき

(しのぶれどいろにいでにけりわがこひはものやおもふとひとのとふまで)

しのぶれど 色に出でにけり わが恋は  物や思ふと 人の問ふまで

(こひすてふわがなはまだきたちにけりひとしれずこそおもひそめしか)

恋すてふ わが名はまだき 立ちにけり  人知れずこそ 思ひそめしか

(ちぎりきなかたみにそでをしぼりつつすえのまつやまなみこさじとは)

契りきな かたみに袖を しぼりつつ  末の松山 波越さじとは

(あひみてののちのこころにくらぶればむかしはものをおもはざりけり)

逢ひ見ての のちの心に くらぶれば  昔は物を 思はざりけり

(あふことのたえてしなくはなかなかにひとをもみをもうらみざらまし)

逢ふことの 絶えてしなくは なかなかに  人をも身をも 恨みざらまし

(あはれともいふべきひとはおもほえでみのいたづらになりぬべきかな)

あはれとも いふべき人は 思ほえで  身のいたづらに なりぬべきかな

など

(ゆらのとをわたるふなびとかぢをたえゆくへもしらぬこひのみちかな)

由良のとを 渡る舟人 かぢを絶え  ゆくへも知らぬ 恋の道かな

(やへむぐらしげれるやどのさびしきにひとこそみえねあきはきにけり)

八重葎 しげれる宿の さびしきに  人こそ見えね 秋は来にけり

(かぜをいたみいはうつなみのおのれのみくだけてものをおもふころかな)

風をいたみ 岩うつ波の おのれのみ  くだけて物を 思ふころかな

(みかきもりえじのたくひのよるはもえひるはきえつつものをこそおもへ)

みかきもり 衛士のたく火の 夜は燃え  昼は消えつつ 物をこそ思へ

(きみがためをしからざりしいのちさへながくもがなとおもひけるかな)

君がため 惜しからざりし 命さへ  長くもがなと 思ひけるかな

問題文を全て表示 一部のみ表示 誤字・脱字等の報告