川端康成『雪国』より

投稿者kofuriプレイ回数834
難易度(3.8) 417打 長文 かなタグ文学 小説
句読点有り。
順位 名前 スコア 称号 打鍵/秒 正誤率 時間(秒) 打鍵数 ミス 問題 日付
1 yama 5886 A+ 5.9 99.7% 70.5 416 1 10 2021/11/20
2 1 4956 B 5.2 94.9% 79.7 417 22 10 2021/12/08
3 kei 4262 C+ 4.4 95.8% 93.6 417 18 10 2021/11/27
4 カルシウム 1690 G++ 1.8 92.6% 227.2 417 33 10 2021/12/05

関連タイピング

問題文

ふりがな非表示 ふりがな表示

(いちめんのゆきのこおりつくおとがちのそこふかくなっているような、きびしいやけいであった。)

一面の雪の凍りつく音が地の底深く鳴っているような、厳しい夜景であった。

(つきはなかった。)

月はなかった。

(うそのようにおおいほしは、)

嘘のように多い星は、

(みあげていると、むなしいはやさでおちつつあるとおもわれるほど、)

見上げていると、虚しい速さで落ちつつあると思われるほど、

(あざやかにうきでていた。)

あざやかに浮き出ていた。

(ほしのぐんがめへちかづいてくるにつれて、そらはいよいよとおくよるのいろをふかめた。)

星の群が目へ近づいて来るにつれて、空はいよいよ遠く夜の色を深めた。

(こっきょうのやまやまはもうかさなりもみわけられず、)

国境の山々はもう重なりも見分けられず、

(そのかわりそれだけのあつさがありそうないぶしたくろで、)

そのかわりそれだけの厚さがありそうないぶした黒で、

(ほしぞらのすそにおもみをたれていた。)

星空の裾に重みを垂れていた。

(すべてさえしずまったちょうわであった。)

すべて冴え静まった調和であった。

◆コメントを投稿

※誹謗中傷、公序良俗に反するコメント、歌詞の投稿、宣伝行為は禁止です。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。

※コメントは日本語で投稿してください。

※歌詞のコメントは著作権侵害となります。投稿しないでください!