箴言10章

投稿者あっくん プレイ回数7
難易度(4.5) 2250打 長文

関連タイピング

箴言1章(19-29節)

箴言1章(19-29節)

プレイ回数17
長文1357打
箴言2章

箴言2章

プレイ回数54
長文1424打
箴言28章(14-22節)

箴言28章(14-22節)

プレイ回数6
長文1213打
箴言26章(16-28節)

箴言26章(16-28節)

プレイ回数3
長文1014打
箴言24章(18-34節)

箴言24章(18-34節)

プレイ回数6
長文1342打
箴言6章(19-35節)

箴言6章(19-35節)

プレイ回数2
長文60秒

問題文

ふりがな非表示 ふりがな表示

(1.そろもんのしんげん。ちえのあるこはちちをよろこばせ、)

1.ソロモンの箴言。知恵のある子は父を喜ばせ、

(おろかなこはははのかなしみである。)

愚かな子は母の悲しみである。

(2.ふぎによってえたざいほうはやくにたたない。しかしせいぎはひとをしからすくいだす。)

2.不義によって得た財宝は役に立たない。しかし正義は人を死から救い出す。

(3.しゅはただしいものをうえさせない。しかしわるもののねがいをつきはなす。)

3.主は正しい者を飢えさせない。しかし悪者の願いを突き放す。

(4.ぶしょうもののてはひとをびんぼうにし、きんべんなもののてはひとをとます。)

4.無精者の手は人を貧乏にし、勤勉な者の手は人を富ます。

(5.なつのうちにあつめるものはしりょぶかいこであり、)

5.夏のうちに集める者は思慮深い子であり、

(かりいれどきにねむるものははじし)

刈り入れ時に眠る者は恥知らずの子である。

(6.ただしいもののあたまにはいわいふくがあり、わるもののくちはぼうぎゃくをかくす。)

6.正しい者の頭には祝福があり、悪者の口は暴虐を隠す。

(7.ただしいもののよびなはほめたたえられ、わるもののなはくちはてる。)

7.正しい者の呼び名はほめたたえられ、悪者の名は朽ち果てる。

(8.こころにちえのあるものはめいれいをうけいれる。)

8.心に知恵のある者は命令を受け入れる。

(むだぐちをたたくおろかものはふみつけられる。)

むだ口をたたく愚か者は踏みつけられる。

(9.まっすぐにあゆむもののあゆみはあんぜんである。)

9.まっすぐに歩む者の歩みは安全である。

(しかしじぶんのみちをまげるものはおもいしらされる。)

しかし自分の道を曲げる者は思い知らされる。

(10.めくばせするものはひとをいため、むだぐちをたたくおろかものはふみつけられる。)

10.目くばせする者は人を痛め、むだ口をたたく愚か者は踏みつけられる。

(11.ただしいもののくちはいのちのいずみ。わるもののくちはぼうぎゃくをかくす。)

11.正しい者の口はいのちの泉。悪者の口は暴虐を隠す。

(12.にくしみはあらそいをひきおこし、あいはすべてのそむきのつみをおおう。)

12.憎しみは争いをひき起こし、愛はすべてのそむきの罪をおおう。

(13.さとりのあるもののくちびるにはちえがあり、)

13.悟りのある者のくちびるには知恵があり、

(しりょにかけたもののせにはつえがある。)

思慮に欠けた者の背には杖がある。

(14.ちえのあるものはちしきをたくわえ、おろかもののくちはほろびにちかい。)

14.知恵のある者は知識をたくわえ、愚か者の口は滅びに近い。

(15.とむもののざいさんはそのけんごなしろ。ひんみんのほろびはかれらのひんこん。)

15.富む者の財産はその堅固な城。貧民の滅びは彼らの貧困。

など

(16.ただしいもののほうしゅうはいのち。わるもののしゅうかくはつみ。)

16.正しい者の報酬はいのち。悪者の収穫は罪。

(17.くんかいをだいじにするものはいのちへのみちにあり、)

17.訓戒を大事にする者はいのちへの道にあり、

(しっせきをすてるものはまよいでる。)

叱責を捨てる者は迷い出る。

(19.ことばかずがおおいところには、そむきのつみがつきもの。)

19.ことば数が多いところには、そむきの罪がつきもの。

(じぶんのくちびるをせいするものはしりょがある。)

自分のくちびるを制する者は思慮がある。

(20.ただしいもののしたはえりぬきのぎん。わるもののこころはかちがない。)

20.正しい者の舌はえり抜きの銀。悪者の心は価値がない。

(21.ただしいもののくちびるはおおくのひとをやしない、おろかものはしりょがないためにしぬ。)

21.正しい者のくちびるは多くの人を養い、愚か者は思慮がないために死ぬ。

(22.しゅのしゅくふくそのものがひとをとませ、ひとのくろうはなにもそれにくわえない。)

22.主の祝福そのものが人を富ませ、人の苦労は何もそれに加えない。

(23.おろかなものにはあくじがたのしみ。えいちのあるものにはちえがたのしみ。)

23.愚かな者には悪事が楽しみ。英知のある者には知恵が楽しみ。

(24.わるもののおそれていることはそのみにふりかかり、)

24.悪者の恐れていることはその身にふりかかり、

(ただしいものののぞみはかなえられる。)

正しい者の望みはかなえられる。

(25.つむじかぜがすぎさるとき、わるものはいなくなるが、)

25.つむじ風が過ぎ去るとき、悪者はいなくなるが、

(ただしいものはえいえんのいしずえである。)

正しい者は永遠の礎である。

(26.つかいにやるものにとって、なまけものは、はにす、めにけむりのようなものだ。)

26.使いにやる者にとって、なまけ者は、歯に酢、目に煙のようなものだ。

(27.しゅをおそれることはひをふやし、わるもののとしはちぢめられる。)

27.主を恐れることは日をふやし、悪者の年は縮められる。

(28.ただしいものののぞみはよろこびであり、わるもののきたいはきえうせる。)

28.正しい者の望みは喜びであり、悪者の期待は消えうせる。

(29.しゅのみちは、けっぱくなひとにはとりでであり、ふほうをおこなうものにはほろびである。)

29.主の道は、潔白な人にはとりでであり、不法を行う者には滅びである。

(30.ただしいものはいつまでもうごかされない。)

30.正しい者はいつまでも動かされない。

(しかしわるものはこのちにすみつくことができない。)

しかし悪者はこの地に住みつくことができない。

(31.ただしいもののくちはちえをみのらせる。しかしねじれたしたはぬかれる。)

31.正しい者の口は知恵を実らせる。しかしねじれた舌は抜かれる。

(32.ただしいもののくちびるはこういを、わるもののくちはねじれごとをしっている。)

32.正しい者のくちびるは好意を、悪者の口はねじれごとを知っている。

問題文を全て表示 一部のみ表示 誤字・脱字等の報告

◆コメントを投稿

※公序良俗に反するコメントや、他者を中傷するようなコメントはしないでください。
※このゲームにコメントするにはログインが必要です。