伝道者の書8章(11-17節)

投稿者あっくん プレイ回数4
難易度(4.5) 1030打 長文

関連タイピング

詩編1篇

詩編1篇

プレイ回数9
長文533打
伝道者の書12章

伝道者の書12章

プレイ回数7
長文1525打
伝道者の書11章

伝道者の書11章

プレイ回数0
長文60秒
伝道者の書10章(12-20節)

伝道者の書10章(12-20節)

プレイ回数1
長文60秒
伝道者の書10章(1-11節)

伝道者の書10章(1-11節)

プレイ回数5
長文930打
伝道者の書9章(9-18節)

伝道者の書9章(9-18節)

プレイ回数3
長文1331打

問題文

ふりがな非表示 ふりがな表示

(11.わるいおこないにたいするせんこくがすぐくだされないので、)

11.悪い行いに対する宣告がすぐ下されないので、

(ひとのこらのこころはあくをおこなうおもいでみちている。)

人の子らの心は悪を行う思いで満ちている。

(12.つみびとが、ひゃくどあくじをおかしても、ながいきしている。)

12.罪人が、百度悪事を犯しても、長生きしている。

(しかしわたしは、かみをおそれるものも、かみをうやまって、しあわせであることをしっている。)

しかし私は、神を恐れる者も、神を敬って、しあわせであることを知っている。

(13.わるものにはしあわせがない。)

13.悪者にはしあわせがない。

(そのしょうがいをかげのようにながくすることはできない。かれらはかみをうやまわないからだ。)

その生涯を影のように長くすることはできない。彼らは神を敬わないからだ。

(14.しかし、むなしいことがちじょうでおこなわれている。)

14.しかし、むなしいことが地上で行われている。

(わるもののおこないにたいするむくいをただしいひとがそのみにうけ、)

悪者の行いに対する報いを正しい人がその身に受け、

(ただしいひとのおこないにたいするむくいをわるものがそのみにうけることがある。)

正しい人の行いに対する報いを悪者がその身に受けることがある。

(これもまた、むなしい、とわたしはいいたい。)

これもまた、むなしい、と私は言いたい。

(15.わたしはかいらくをさんびする。)

15.私は快楽を賛美する。

(ひのしたでは、たべて、のんで、たのしむよりほかに、ひとにとってよいことはない。)

日の下では、食べて、飲んで、楽しむよりほかに、人にとって良いことはない。

(これは、ひのしたで、かみがひとにあたえるいっしょうのあいだに、)

これは、日の下で、神が人に与える一生の間に、

(そのろうくにそえてくださるものだ。)

その労苦に添えてくださるものだ。

(16.わたしはいっしんにちえをしり、ひるもよるもねむらずに、)

16.私は一心に知恵を知り、昼も夜も眠らずに、

(ちじょうでおこなわれるひとのしごとをみようとしたとき、)

地上で行われる人の仕事を見ようとしたとき、

(17.すべてはかみのみわざであることがわかった。)

17.すべては神のみわざであることがわかった。

(ひとはひのしたでおこなわれるみわざをみきわめることはできない。)

人は日の下で行われるみわざを見きわめることはできない。

(ひとはろうくしてさがしもとめても、みいだすことはない。)

人は労苦して捜し求めても、見いだすことはない。

(ちえあるものがしっているとおもっても、みきわめることはできない。)

知恵ある者が知っていると思っても、見きわめることはできない。

◆コメントを投稿

※公序良俗に反するコメントや、他者を中傷するようなコメントはしないでください。
※このゲームにコメントするにはログインが必要です。

あっくんのタイピング

オススメの新着タイピング

タイピング練習講座 ローマ字入力表

人気ランキング

注目キーワード