伝道者の書10章(12-20節)

投稿者あっくんプレイ回数0
難易度(4.5) 60秒 長文

関連タイピング

問題文

ふりがな非表示 ふりがな表示

(12.ちえあるものがくちにすることばはやさしく、)

12.知恵ある者が口にすることばは優しく、

(おろかなもののくちびるはそのみをほろぼす。)

愚かな者のくちびるはその身を滅ぼす。

(13.かれがくちにすることばのはじまりは、おろかなこと、)

13.彼が口にすることばの始まりは、愚かなこと、

(かれのくちのおわりは、みじめなきょうき。)

彼の口の終わりは、みじめな狂気。

(14.おろかものはよくしゃべる。ひとはこれからおこることをしらない。)

14.愚か者はよくしゃべる。人はこれから起こることを知らない。

(これからあとにおこることをだれがつげることができよう。)

これから後に起こることをだれが告げることができよう。

(15.おろかなもののろうくは、おのれをつかれさせる。)

15.愚かな者の労苦は、おのれを疲れさせる。

(かれはまちにいくみちさえしらない。)

彼は町に行く道さえ知らない。

(16.わざわいなことよ。あなたのおうがこどもであって、)

16.わざわいなことよ。あなたの王が子どもであって、

(あなたのしゅちょうたちがあさからしょくじをするくには。)

あなたの首長たちが朝から食事をする国は。

(17.さいわいなことよ。あなたのおうがきぞくのでであって、)

17.幸いなことよ。あなたの王が貴族の出であって、

(あなたのしゅちょうたちが、ようためではなく、ちからをつけるために、)

あなたの首長たちが、酔うためではなく、力をつけるために、

(さだまったときに、しょくじをするくには。)

定まった時に、食事をする国は。

(18.なまけているとてんじょうがおち、てをこまねいているとあまもりがする。)

18.なまけていると天井が落ち、手をこまねいていると雨漏りがする。

(19.しょくじをするのはわらうため。ぶどうしゅはじんせいをたのしませる。)

19.食事をするのは笑うため。ぶどう酒は人生を楽しませる。

(きんせんはすべてのひつようにおうじる。)

金銭はすべての必要に応じる。

(20.おうをのろおうと、ひそかにおもってはならない。)

20.王をのろおうと、ひそかに思ってはならない。

(しんしつでもとむものをのろってはならない。)

寝室でも富む者をのろってはならない。

(なぜなら、そらのとりがそのこえをもちはこび、)

なぜなら、空の鳥がその声を持ち運び、

(つばさのあるものがそのことをつげるからだ。)

翼のあるものがそのことを告げるからだ。

◆コメントを投稿

※他者を中傷したり、公序良俗に反するコメント、宣伝行為はしないでください。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。

あっくんのタイピング

オススメの新着タイピング

タイピング練習講座 ローマ字入力表

人気ランキング

注目キーワード