詩編1篇

投稿者あっくん プレイ回数10
難易度(4.1) 533打 長文

関連タイピング

伝道者の書5章(12-20節)

伝道者の書5章(12-20節)

プレイ回数3
長文60秒
伝道者の書5章(1-11節)

伝道者の書5章(1-11節)

プレイ回数3
長文60秒
伝道者の書2章(14-26節)

伝道者の書2章(14-26節)

プレイ回数4
長文60秒
箴言26章(16-28節)

箴言26章(16-28節)

プレイ回数10
長文1016打
伝道者の書3章(1-12節)

伝道者の書3章(1-12節)

プレイ回数3
長文60秒
伝道者の書12章

伝道者の書12章

プレイ回数7
長文1525打

問題文

ふりがな非表示 ふりがな表示

(1.さいわいなことよ。)

1.幸いなことよ。

(わるもののはかりごとにあゆまず、つみびとのみちにたたず、)

悪者のはかりごとに歩まず、罪人の道に立たず、

(あざけるもののざにつかなかった、そのひと。)

あざける者の座に着かなかった、その人。

(2.まことに、そのひとはしゅのおしえをよろこびとし、)

2.まことに、その人は主のおしえを喜びとし、

(ひるもよるもそのおしえをくちずさむ。)

昼も夜もそのおしえを口ずさむ。

(3.そのひとは、すいろのそばにうわったきのようだ。)

3.その人は、水路のそばに植わった木のようだ。

(ときがくるとみがなり、そのははかれない。そのひとは、なにをしてもさかえる。)

時が来ると実がなり、その葉は枯れない。その人は、何をしても栄える。

(4.わるものは、それとはちがい、まさしく、かぜがふきとばすもみがらのようだ。)

4.悪者は、それとは違い、まさしく、風が吹き飛ばすもみがらのようだ。

(5.それゆえ、わるものは、さばきのなかにたちおおせず、)

5.それゆえ、悪者は、さばきの中に立ちおおせず、

(つみびとは、ただしいもののつどいにたてない。)

罪人は、正しい者のつどいに立てない。

(6.まことに、しゅは、ただしいもののみちをしっておられる。)

6.まことに、主は、正しい者の道を知っておられる。

(しかし、わるもののみちはほろびうせる。)

しかし、悪者の道は滅びうせる。

◆コメントを投稿

※公序良俗に反するコメントや、他者を中傷するようなコメントはしないでください。
※このゲームにコメントするにはログインが必要です。

あっくんのタイピング

オススメの新着タイピング

タイピング練習講座 ローマ字入力表

人気ランキング

注目キーワード