伝道者の書11章

投稿者あっくんプレイ回数9
難易度(4.5) 60秒 長文

関連タイピング

問題文

ふりがな非表示 ふりがな表示

(1.あなたのぱんをみずのうえになげよ。)

1.あなたのパンを水の上に投げよ。

(ずっとあとのひになって、あなたはそれをみいだそう。)

ずっと後の日になって、あなたはそれを見いだそう。

(2.あなたのうけるぶんをななにんかはちにんにわけておけ。)

2.あなたの受ける分を七人か八人に分けておけ。

(ちじょうでどんなわざわいがおこるかあなたはしらないのだから。)

地上でどんなわざわいが起こるかあなたは知らないのだから。

(3.くもがあめでみちると、それはちじょうにふりそそぐ。)

3.雲が雨で満ちると、それは地上に降り注ぐ。

(きがみなみかぜやきたかぜでたおされると、そのきはたおれたばしょにそのままにある。)

木が南風や北風で倒されると、その木は倒れた場所にそのままにある。

(4.かぜをけいかいしているひとはたねをまかない。)

4.風を警戒している人は種を蒔かない。

(くもをみているものはかりいれをしない。)

雲を見ている者は刈り入れをしない。

(5.あなたはにんぷのたいないのほねぼねのこととどうよう、)

5.あなたは妊婦の胎内の骨々のことと同様、

(かぜのみちがどのようなものかをしらない。)

風の道がどのようなものかを知らない。

(そのように、あなたはいっさいをおこなわれるかみのみわざをしらない。)

そのように、あなたはいっさいを行われる神のみわざを知らない。

(6.あさのうちにあなたのたねをまけ。ゆうがたもてをはなしてはいけない。)

6.朝のうちにあなたの種を蒔け。夕方も手を放してはいけない。

(あなたは、あれか、これか、どこでせいこうするのか、しらないからだ。)

あなたは、あれか、これか、どこで成功するのか、知らないからだ。

(ふたつともおなじようにうまくいくかもわからない。)

二つとも同じようにうまくいくかもわからない。

(7.ひかりはこころよい。たいようをみることはめのためによい。)

7.光は快い。太陽を見ることは目のために良い。

(8.ひとはながねんいきて、ずっとたのしむがよい。)

8.人は長年生きて、ずっと楽しむがよい。

(だが、やみのひもかずおおくあることをわすれてはならない。)

だが、やみの日も数多くあることを忘れてはならない。

(すべておこることはみな、むなしい。)

すべて起こることはみな、むなしい。

(9.わかいおとこよ。わかいうちにたのしめ。わかいひにあなたのこころをよろこばせよ。)

9.若い男よ。若いうちに楽しめ。若い日にあなたの心を喜ばせよ。

(あなたのこころのおもむくまま、あなたのめののぞむままにあゆめ。)

あなたの心のおもむくまま、あなたの目の望むままに歩め。

など

(しかし、これらすべてのことにおいて、)

しかし、これらすべての事において、

(あなたはかみのさばきをうけることをしっておけ。)

あなたは神のさばきを受けることを知っておけ。

(10.だから、あなたのこころからかなしみをのぞき、)

10.だから、あなたの心から悲しみを除き、

(あなたのにくたいからいたみをとりされ。わかさも、せいしゅんも、むなしいからだ。)

あなたの肉体から痛みを取り去れ。若さも、青春も、むなしいからだ。

問題文を全て表示 一部のみ表示 誤字・脱字等の報告

◆コメントを投稿

※他者を中傷したり、公序良俗に反するコメント、宣伝行為はしないでください。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。

あっくんのタイピング

オススメの新着タイピング

タイピング練習講座 ローマ字入力表

人気ランキング

注目キーワード