伝道者の書5章(1-11節)

投稿者あっくん プレイ回数2
難易度(5.0) 60秒 長文

関連タイピング

詩編1篇

詩編1篇

プレイ回数9
長文533打
伝道者の書12章

伝道者の書12章

プレイ回数7
長文1525打
伝道者の書11章

伝道者の書11章

プレイ回数0
長文60秒
伝道者の書10章(12-20節)

伝道者の書10章(12-20節)

プレイ回数1
長文60秒
伝道者の書10章(1-11節)

伝道者の書10章(1-11節)

プレイ回数5
長文930打
伝道者の書9章(9-18節)

伝道者の書9章(9-18節)

プレイ回数3
長文1331打

問題文

ふりがな非表示 ふりがな表示

(1.かみのみやへいくときは、じぶんのあしにきをつけよ。)

1.神の宮へ行くときは、自分の足に気をつけよ。

(ちかよってきくことはおろかなものがいけにえをささげるのにまさる。)

近寄って聞くことは愚かな者がいけにえをささげるのにまさる。

(かれらはじぶんたちがあくをおこなっていることをしらないからだ。)

彼らは自分たちが悪を行っていることを知らないからだ。

(2.かみのまえでは、かるがるしく、こころあせってことばをだすな。)

2.神の前では、軽々しく、心あせってことばを出すな。

(かみはてんにおられ、あなたはちにいるからだ。だから、ことばをすくなくせよ。)

神は天におられ、あなたは地にいるからだ。だから、ことばを少なくせよ。

(3.しごとがおおいとゆめをみる。ことばがおおいとおろかなもののこえとなる。)

3.仕事が多いと夢を見る。ことばが多いと愚かな者の声となる。

(4.かみにせいがんをたてるときには、それをはたすのをおくらせてはならない。)

4.神に誓願を立てるときには、それを果たすのを遅らせてはならない。

(かみはおろかなものをよろこばないからだ。ちかったことははたせ。)

神は愚かな者を喜ばないからだ。誓ったことは果たせ。

(5.ちかってはたさないよりは、ちかわないほうがよい。)

5.誓って果たさないよりは、誓わないほうがよい。

(6.あなたのくちが、あなたにつみをおかさせないようにせよ。)

6.あなたの口が、あなたに罪を犯させないようにせよ。

(ししゃのまえで「あれはかしつだ」といってはならない。)

使者の前で「あれは過失だ」と言ってはならない。

(かみが、あなたのいうことをきいていかり、)

神が、あなたの言うことを聞いて怒り、

(あなたのてのわざをほろぼしてもよいだろうか。)

あなたの手のわざを滅ぼしてもよいだろうか。

(7.ゆめがおおくなると、むなしいことばもおおくなる。ただ、かみをおそれよ。)

7.夢が多くなると、むなしいことばも多くなる。ただ、神を恐れよ。

(8.あるしゅうで、まずしいものがしいたげられ、)

8.ある州で、貧しい者がしいたげられ、

(けんりとせいぎがかすめられるのをみても、そのことにおどろいてはならない。)

権利と正義がかすめられるのを見ても、そのことに驚いてはならない。

(そのうわやくには、それをみはるもうひとりのうわやくがおり、)

その上役には、それを見張るもうひとりの上役がおり、

(かれらよりももっとたかいものたちもいる。)

彼らよりももっと高い者たちもいる。

(9.なににもまして、くにのりえきはのうちをたがやさせるおうである。)

9.何にもまして、国の利益は農地を耕させる王である。

(10.きんせんをあいするものはきんせんにまんぞくしない。)

10.金銭を愛する者は金銭に満足しない。

など

(とみをあいするものはしゅうえきにまんぞくしない。これもまた、むなしい。)

富を愛する者は収益に満足しない。これもまた、むなしい。

(11.ざいさんがふえると、きしょくしゃもふえる。もちぬしにとってなんのえきになろう。)

11.財産がふえると、寄食者もふえる。持ち主にとって何の益になろう。

(かれはそれをめでみるだけだ。)

彼はそれを目で見るだけだ。

問題文を全て表示 一部のみ表示 誤字・脱字等の報告

◆コメントを投稿

※公序良俗に反するコメントや、他者を中傷するようなコメントはしないでください。
※このゲームにコメントするにはログインが必要です。

あっくんのタイピング

オススメの新着タイピング

タイピング練習講座 ローマ字入力表

人気ランキング

注目キーワード