伝道者の書5章(12-20節)

投稿者あっくんプレイ回数8
難易度(4.5) 60秒 長文

関連タイピング

問題文

ふりがな非表示 ふりがな表示

(12.はたらくものは、すこしたべてもおおくたべても、ここちよくねむる。)

12.働く者は、少し食べても多く食べても、ここちよく眠る。

(とむものは、まんぷくしても、あんみんをとどめられる。)

富む者は、満腹しても、安眠をとどめられる。

(13.わたしはひのしたに、いたましいことがあるのをみた。)

13.私は日の下に、痛ましいことがあるのを見た。

(しょゆうしゃにまもられているとみが、そのひとにがいをくわえることだ。)

所有者に守られている富が、その人に害を加えることだ。

(14.そのとみはふこうなできごとでうしなわれ、こどもがうまれても、)

14.その富は不幸な出来事で失われ、子どもが生まれても、

(じぶんのてもとにはなにもない。)

自分の手もとには何もない。

(15.ははのはらからでてきたときのように、またはだかでもとのところにかえる。)

15.母の胎から出て来たときのように、また裸でもとの所に帰る。

(かれは、じぶんのろうくによってえたものを、)

彼は、自分の労苦によって得たものを、

(なにひとつてにたずさえていくことができない。)

何一つ手に携えて行くことができない。

(16.これもいたましいことだ。)

16.これも痛ましいことだ。

(でてきたときとまったくおなじようにしてさっていく。)

出て来たときと全く同じようにして去って行く。

(かぜのためにろうくしてなにのえきがあるだろう。)

風のために労苦して何の益があるだろう。

(17.しかも、ひとはいっしょう、やみのなかでしょくじをする。)

17.しかも、人は一生、やみの中で食事をする。

(おおくのくつう、びょうき、そしていかり。)

多くの苦痛、病気、そして怒り。

(18.みよ。わたしがよいとみたこと、このましいことは、)

18.見よ。私がよいと見たこと、好ましいことは、

(かみがそのひとにゆるされるいのちのにっすうのあいだ、)

神がその人に許されるいのちの日数の間、

(ひのしたでほねおるすべてのろうくのうちに、しあわせをみつけて、)

日の下で骨折るすべての労苦のうちに、しあわせを見つけて、

(たべたりのんだりすることだ。これがひとのうけるぶんなのだ。)

食べたり飲んだりすることだ。これが人の受ける分なのだ。

(19.じつにかみはすべてのにんげんにとみとざいほうをあたえ、これをたのしむことをゆるし、)

19.実に神はすべての人間に富と財宝を与え、これを楽しむことを許し、

(じぶんのうけるぶんをうけ、じぶんのろうくをよろこぶようにされた。)

自分の受ける分を受け、自分の労苦を喜ぶようにされた。

など

(これこそがかみのたまものである。)

これこそが神の賜物である。

(20.こういうひとは、じぶんのしょうがいのことをくよくよおもわない。)

20.こういう人は、自分の生涯のことをくよくよ思わない。

(かみがかれのこころをよろこびでみたされるからだ。)

神が彼の心を喜びで満たされるからだ。

問題文を全て表示 一部のみ表示 誤字・脱字等の報告

◆コメントを投稿

※他者を中傷したり、公序良俗に反するコメント、宣伝行為はしないでください。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。

あっくんのタイピング

オススメの新着タイピング

タイピング練習講座 ローマ字入力表

人気ランキング

注目キーワード