銀河鉄道の夜 60

投稿者ヤマセミプレイ回数525
難易度(3.9) 1419打 長文タグ小説 銀河鉄道 宮沢賢治
九、ジョバンニの切符 32/36
(石炭袋)
「あ、あすこ石炭袋だよ。そらのあなだよ。」
カムパネルラが少しそっちをさけるようにしながら、天の川のひととこを指さしました。
順位 名前 スコア 称号 打鍵/秒 正誤率 時間(秒) 打鍵数 ミス 問題 日付
1 でこぽん 6445 S 6.6 97.6% 213.8 1412 34 34 2021/11/09
2 rui 5742 A 5.8 98.9% 241.7 1403 15 34 2021/11/08
3 あがさ 4918 B 5.1 94.9% 271.2 1409 75 34 2021/11/04
4 EMMANYAN 4669 C++ 4.8 95.8% 290.4 1417 61 34 2021/11/08
5 kome 4222 C 4.3 96.3% 320.9 1409 54 34 2021/10/27

関連タイピング

問題文

ふりがな非表示 ふりがな表示

(「あ、あすこせきたんぶくろだよ。そらのあなだよ。」)

「あ、あすこ石炭袋だよ。そらのあなだよ。」

(かむぱねるらがすこしそっちをさけるようにしながら)

カムパネルラが少しそっちをさけるようにしながら

(あまのがわのひととこをゆびさしました。)

天の川のひととこを指さしました。

(じょばんにはそっちをみてまるでぎくっとしてしまいました。)

ジョバンニはそっちを見てまるでぎくっとしてしまいました。

(あまのがわのひととこにおおきなまっくらなあなが、どおんとあいているのです。)

天の川の一とこに大きなまっくらな穴が、どおんとあいているのです。

(そのそこがどれほどふかいか、そのおくになにがあるか、)

その底がどれほど深いか、その奥に何があるか、

(いくらめをこすってのぞいてもなんにもみえず、)

いくら目をこすってのぞいてもなんにも見えず、

(ただめがしんしんといたむのでした。)

ただ目がしんしんと痛むのでした。

(じょばんにがいいました。)

ジョバンニがいいました。

(「ぼくもうあんなおおきなやみのなかだってこわくない。)

「ぼくもうあんな大きな闇の中だってこわくない。

(きっとみんなのほんとうのさいわいをさがしにいく。)

きっとみんなのほんとうのさいわいをさがしに行く。

(どこまでもどこまでもぼくたちいっしょにすすんでいこう。」)

どこまでもどこまでもぼくたちいっしょに進んで行こう。」

(「ああきっといくよ。)

「ああきっと行くよ。

(ああ、あすこののはらはなんてきれいだろう。)

ああ、あすこの野原はなんてきれいだろう。

(みんなあつまってるねえ。あすこがほんとうのてんじょうなんだ。)

みんな集まってるねえ。あすこがほんとうの天上なんだ。

(あっあすこにいるのぼくのおかあさんだよ。」)

あっあすこにいるのぼくのお母さんだよ。」

(かむぱねるらはにわかにまどのとおくにみえる)

カムパネルラはにわかに窓の遠くに見える

(きれいなのはらをさしてさけびました。)

きれいな野原を指して叫びました。

(じょばんにもそっちをみましたけれども)

ジョバンニもそっちを見ましたけれども

(そこはぼんやりしろくけむっているばかり、)

そこはぼんやり白くけむっているばかり、

など

(どうしてもかむぱねるらがいったようにはおもわれませんでした。)

どうしてもカムパネルラがいったようには思われませんでした。

(なんともいえずさびしいきがしてぼんやりそっちをみていましたら、)

なんともいえずさびしい気がしてぼんやりそっちを見ていましたら、

(むこうのかわぎしににほんのでんしんばしらが)

向こうの河岸に二本の電信ばしらが

(ちょうどりょうほうからうでをくんだようにあかいうでぎをつらねてたっていました。)

ちょうど両方から腕を組んだように赤い腕木をつらねて立っていました。

(「かむぱねるら、ぼくたちいっしょにいこうねえ。」)

「カムパネルラ、ぼくたちいっしょに行こうねえ。」

(じょばんにがこういいながらふりかえってみましたら、)

ジョバンニがこういいながらふりかえって見ましたら、

(そのいままでかむぱねるらのすわっていたせきに)

そのいままでカムパネルラのすわっていた席に

(もうかむぱねるらのかたちはみえず)

もうカムパネルラの形は見えず

(ただくろいびろうどばかりひかっていました。)

ただ黒いびろうどばかりひかっていました。

(じょばんにはまるでてっぽうだまのようにたちあがりました。)

ジョバンニはまるで鉄砲丸(てっぽうだま)のように立ちあがりました。

(そしてだれにもきこえないようにまどのそとへからだをのりだして、)

そして誰にも聞こえないように窓の外へからだを乗り出して、

(ちからいっぱいはげしくむねをうってさけび、)

力いっぱいはげしく胸をうって叫び、

(それからもうのどいっぱいなきだしました。)

それからもう咽喉いっぱい泣きだしました。

(もうそこらがいっぺんにまっくらになったようにおもいました。)

もうそこらが一ぺんにまっくらになったように思いました。

問題文を全て表示 一部のみ表示 誤字・脱字等の報告

◆コメントを投稿

※誹謗中傷、公序良俗に反するコメント、歌詞の投稿、宣伝行為は禁止です。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。

※コメントは日本語で投稿してください。

※歌詞のコメントは著作権侵害となります。投稿しないでください!