オオカミ王ロボ 4

投稿者ヤマセミプレイ回数388お気に入り1
難易度(4.9) 1421打 長文タグシートン オオカミ ロボ 小説
シートン動物記
アーネスト・トムソン・シートン作
偕成社文庫

関連タイピング

問題文

ふりがな非表示 ふりがな表示

(ときどき、こうしやこうまをつかまえることもあるが、)

ときどき、子牛や子馬を捕まえることもあるが、

(こうしのにくやばにくがおきにいりでないことは、はっきりわかっていた。)

子牛の肉や馬肉がお気に入りでないことは、はっきりわかっていた。

(また、おもしろはんぶんにひつじもよくころすが、このにくもすきなのではない。)

また、面白半分にヒツジもよく殺すが、この肉も好きなのではない。

(1893ねんの11がつのよる、ぶらんかときいろおおかみが、)

1893年の11月の夜、ブランカと黄色オオカミが、

(にひゃくごじゅっとうのひつじをひとばんでころしたことがあるが、)

二百五十頭のヒツジを一晩で殺したことがあるが、

(これはあきらかになぐさみのためで、にくはひとかけらもたべていなかった。)

これはあきらかに慰みのためで、肉はひとかけらも食べていなかった。

(こんなことは、このぼうりょくだんがあらしまわったりゃくだつのほんのいちれいで、)

こんなことは、この暴力団が荒らし回った略奪のほんの一例で、

(このほかにもはなせばいくらでもある。)

この他にも話せばいくらでもある。

(とにかく、このれんちゅうをねだやしにするために、)

とにかく、この連中を根絶やしにするために、

(いろいろとあたらしいくふうがなされたが、)

いろいろと新しい工夫がなされたが、

(なにをしようと、このむほうものどもはゆうゆうといきつづけるばかりか、)

何をしようと、この無法者どもはゆうゆうと生き続けるばかりか、

(いよいよさかえるありさまだった。)

いよいよ栄える有様だった。

(ろぼのくびにばくだいなしょうきんがかけられ、)

ロボの首に莫大な賞金がかけられ、

(そのためにちえをしぼったこうみょうなどくやくもしかけられた。)

そのために知恵をしぼった巧妙な毒薬も仕掛けられた。

(だが、このろうおおかみがみやぶって、ほうりださなかったことは、)

だが、この老オオカミが見破って、放り出さなかったことは、

(いちどだってない。)

一度だってない。

(このおおかみがおそれたのは、ただひとつ・・・じゅうとながつくものだけである。)

このオオカミが恐れたのは、ただひとつ・・・銃と名がつくものだけである。

(このあたりのにんげんが、だれでもこれをもっていることは、よくこころえていて、)

このあたりの人間が、誰でもこれを持っていることは、よく心得ていて、

(にんげんにてむかったとか、おそいかかったなどというはなしは、きいたためしがない。)

人間に手向かったとか、襲いかかったなどという話は、聞いた試しがない。

(じっさい、にっちゅう、ひとかげひとつでもみれば、どんなにはなれていても、)

実際、日中、人影一つでも見れば、どんなに離れていても、

など

(いちもくさんににげだす・・・これがこのれんちゅうのいつもかわらぬやりかただった。)

いちもくさんに逃げ出す・・・これがこの連中のいつも変わらぬやり方だった。

(じぶんたちでころしたものしかくちにしない、というかたいおきてを、)

自分たちで殺したものしか口にしない、という堅い掟を、

(ろぼはなかまにまもらせた。)

ロボは仲間に守らせた。

(このおきてのために、いちみのおおかみたちは、)

この掟のために、一味のオオカミたちは、

(いくどおとすいのちをたすかったかわからない。)

幾度落とす命を助かったかわからない。

(またろぼは、にんげんのてがふれたものをかぎつける、まのようなはなをもっていた。)

またロボは、人間の手が触れたものを嗅ぎつける、魔のような鼻を持っていた。

(いや、そのはなはどくさえかぎつけたから、まずこういうもので、)

いや、その鼻は毒さえ嗅ぎつけたから、まずこういうもので、

(れんちゅうがぶざまなめにあうことはなかった。)

連中が無様な目にあうことはなかった。

問題文を全て表示 一部のみ表示 誤字・脱字等の報告

◆コメントを投稿

※誹謗中傷、公序良俗に反するコメント、歌詞の投稿、宣伝行為は禁止です。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。

※コメントは日本語で投稿してください。

※歌詞のコメントは著作権侵害となります。投稿しないでください!

ヤマセミのタイピング

オススメの新着タイピング

タイピング練習講座 ローマ字入力表

人気ランキング

注目キーワード