箴言21章(1-15節)

投稿者あっくんプレイ回数27
難易度(4.5) 1166打 長文

関連タイピング

問題文

ふりがな非表示 ふりがな表示

(1.おうのこころはしゅのてのなかにあって、みずのながれのようだ。)

1.王の心は主の手の中にあって、水の流れのようだ。

(みこころのままにむきをかえられる。)

みこころのままに向きを変えられる。

(2.ひとはじぶんのみちはみなただしいとおもう。)

2.人は自分の道はみな正しいと思う。

(しかししゅはひとのこころのねうちをはかられる。)

しかし主は人の心の値うちをはかられる。

(3.せいぎとこうぎをおこなうことは、いけにえにまさってしゅによろこばれる。)

3.正義と公義を行うことは、いけにえにまさって主に喜ばれる。

(4.たかぶるめとおごるこころ、わるもののともしびはつみである。)

4.高ぶる目とおごる心、悪者のともしびは罪である。

(5.きんべんなひとのけいかくはりえきをもたらし、すべてあわてるものはけっそんをまねくだけだ。)

5.勤勉な人の計画は利益をもたらし、すべてあわてる者は欠損を招くだけだ。

(6.いつわりのしたをもってざいほうをえるものは、ふきはらわれるいきのようで、)

6.偽りの舌をもって財宝を得る者は、吹き払われる息のようで、

(しをもとめるものだ。)

死を求める者だ。

(7.わるものはじぶんのぼうぎゃくにひきずられる。こうぎをおこなおうとしないからだ。)

7.悪者は自分の暴虐に引きずられる。公義を行おうとしないからだ。

(8.つみびとのみちはねじれている。しかし、きよいひとのおこないはまっすぐだ。)

8.罪人の道はねじれている。しかし、きよい人の行いはまっすぐだ。

(9.あらそいずきなおんなとしゃこうじょうにいるよりは、やねのかたすみにすむほうがよい。)

9.争い好きな女と社交場にいるよりは、屋根の片隅に住むほうがよい。

(10.わるもののたましいはあくじにあこがれ、りんじんをあわれもうとはしない。)

10.悪者のたましいは悪事にあこがれ、隣人をあわれもうとはしない。

(11.あざけるものがばつをうけるとき、わきまえのないものがちえをえる。)

11.あざける者が罰を受けるとき、わきまえのない者が知恵を得る。

(ちえのあるものがまなぶとき、そのひとはちしきをえる。)

知恵のある者が学ぶとき、その人は知識を得る。

(12.ただしいひとはわるもののいえをみぬく。)

12.正しい人は悪者の家を見抜く。

(わるものどもはじぶんのあくじのためにほろぼされる。)

悪者どもは自分の悪事のために滅ぼされる。

(13.よるべのないもののさけびにみみをとじるものは、じぶんがよぶときにこたえられない.)

13.寄るべのない者の叫びに耳を閉じる者は、自分が呼ぶときに答えられない

(14.ひそかなおくりものはいかりをなだめ、)

14.ひそかな贈り物は怒りをなだめ、

(ふところのわいろははげしいいきどおりをなだめる。)

ふところのわいろは激しい憤りをなだめる。

など

(15.こうぎがおこなわれることは、ただしいものにはよろこびであり、)

15.公義が行われることは、正しい者には喜びであり、

(ふほうをおこなうものにはほろびである。)

不法を行う者には滅びである。

問題文を全て表示 一部のみ表示 誤字・脱字等の報告

◆コメントを投稿

※他者を中傷したり、公序良俗に反するコメント、宣伝行為はしないでください。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。

あっくんのタイピング

オススメの新着タイピング

タイピング練習講座 ローマ字入力表

人気ランキング

注目キーワード