箴言8章(1-19節)

投稿者あっくんプレイ回数14
難易度(5.0) 1417打 長文

関連タイピング

問題文

ふりがな非表示 ふりがな表示

(1.ちえはよばわらないだろうか。えいちはそのこえをあげないだろうか。)

1.知恵は呼ばわらないだろうか。英知はその声をあげないだろうか。

(2.これはおかのいただき、みちのかたわら、とおりみちのよつかどにたち、)

2.これは丘の頂、道のかたわら、通り道の四つかどに立ち、

(3.もんのかたわら、まちのいりぐち、せいもんのいりぐちでおおごえでよばわっていう。)

3.門のかたわら、町の入口、正門の入口で大声で呼ばわって言う。

(4.「ひとびとよ。わたしはあなたがたによばわり、ひとのこらにこえをかける。)

4.「人々よ。わたしはあなたがたに呼ばわり、人の子らに声をかける。

(5.わきまえのないものよ。ふんべつをわきまえよ。おろかなものよ。しりょをわきまえよ。)

5.わきまえのない者よ。分別をわきまえよ。愚かな者よ。思慮をわきまえよ。

(6.きけ。わたしはこうきなことについてかたり、)

6.聞け。わたしは高貴なことについて語り、

(わたしのくちびるはただしいことをのべよう。)

わたしのくちびるは正しいことを述べよう。

(7.わたしのくちはしんじつをつげ、わたしのくちびるはあくをいみきらうからだ。)

7.わたしの口は真実を告げ、わたしのくちびるは悪を忌みきらうからだ。

(8.わたしのいうことはみなただしい。)

8.わたしの言うことはみな正しい。

(そのうちにはまがったことやよこしまはない。)

そのうちには曲がったことやよこしまはない。

(9.これはみな、しきべつするものには、しょうじき、ちしきをみいだすものには、ただしい。)

9.これはみな、識別する者には、正直、知識を見いだす者には、正しい。

(10.ぎんをうけるよりも、わたしのこらしめをうけよ。)

10.銀を受けるよりも、わたしの懲らしめを受けよ。

(えりぬきのおうごんよりもちしきを。)

えり抜きの黄金よりも知識を。

(11.ちえはしんじゅにまさり、どんなよろこびも、これにはくらべられないからだ。)

11.知恵は真珠にまさり、どんな喜びも、これには比べられないからだ。

(12.ちえであるわたしはふんべつをすみかとする。そこにはちしきとしりょとがある。)

12.知恵であるわたしは分別を住みかとする。そこには知識と思慮とがある。

(13.しゅをおそれることはあくをにくむことである。)

13.主を恐れることは悪を憎むことである。

(わたしはたかぶりと、おごりと、あくのみちと、ねじれたことばをにくむ。)

わたしは高ぶりと、おごりと、悪の道と、ねじれたことばを憎む。

(14.せつりとすぐれたちせいとはわたしのもの。)

14.摂理とすぐれた知性とはわたしのもの。

(わたしはふんべつであって、わたしにはちからがある。)

わたしは分別であって、わたしには力がある。

(15.わたしによって、おうたちはおさめ、くんしゅたちはせいぎをせいていする。)

15.わたしによって、王たちは治め、君主たちは正義を制定する。

など

(16.わたしによって、しはいしゃたちはしはいする。)

16.わたしによって、支配者たちは支配する。

(こうきなひとたちはすべてせいぎのさばきつかさ。)

高貴な人たちはすべて正義のさばきつかさ。

(17.わたしをあいするものを、わたしはあいする。)

17.わたしを愛する者を、わたしは愛する。

(わたしをねっしんにさがすものは、わたしをみつける。)

わたしを熱心に捜す者は、わたしを見つける。

(18.とみとほまれとはわたしとともにあり、とうといたからものとぎもわたしとともにある。)

18.富と誉れとはわたしとともにあり、尊い宝物と義もわたしとともにある。

(19.わたしのみはおうごんよりも、じゅんきんよりもよく、)

19.わたしの実は黄金よりも、純金よりも良く、

(わたしのうみだすものはえりぬきのぎんにまさる。)

わたしの生み出すものはえり抜きの銀にまさる。

問題文を全て表示 一部のみ表示 誤字・脱字等の報告

◆コメントを投稿

※他者を中傷したり、公序良俗に反するコメント、宣伝行為はしないでください。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。

あっくんのタイピング

オススメの新着タイピング

タイピング練習講座 ローマ字入力表

人気ランキング

注目キーワード