【童話】山の神がくれたお嫁さん

投稿者maron プレイ回数426
難易度(3.9) 842打 長文
順位名前スコア称号打鍵/秒正誤率時間(秒)打鍵数ミス問題日付
1 ぱんこ 5686 A 6.2 91.9% 134.7 840 74 20 2020/05/22
2 plant 5223 B+ 5.3 98.3% 158.5 842 14 20 2020/05/17
3 ゆきぞう 4340 C+ 4.5 95.6% 185.7 844 38 20 2020/06/09
4 ゆずちゃん 4167 C 4.2 97.4% 196.3 840 22 20 2020/06/05
5 メンソレータム 3972 D++ 4.1 96.5% 201.9 832 30 20 2020/06/11

関連タイピング

検定試験4級4

検定試験4級4

プレイ回数7642
長文かな1009打
粉雪

粉雪

レミオロメン

プレイ回数143
歌詞かな825打
検定試験1-1

検定試験1-1

プレイ回数1598
長文1832打
検定試験3級10

検定試験3級10

プレイ回数368
長文1158打
ビジネス文書速度部門20

ビジネス文書速度部門20

プレイ回数1610
長文1048打
検定試験4級11

検定試験4級11

プレイ回数1504
長文かな963打

問題文

ふりがな非表示 ふりがな表示

(むかしびょうきのははおやとおやこうこうのむすこがいました)

むかし病気の母親と親孝行の息子がいました

(あるひむすこがやまではたらいていると)

ある日息子が山で働いていると

(やぶのなかからしらがのおにばばがでてきました)

藪の中から白髪の鬼婆が出てきました

(そしてむすこのおべんとうをのぞきました)

そして息子のお弁当を覗きました

(むぎとだいこんばかりのそまつなおべんとうです)

麦と大根ばかりの粗末なお弁当です

(おにばばがむすこにききました)

鬼婆が息子に聞きました

(「びょうきのははおやにもこんなめしをくわせてるのか」)

「病気の母親にもこんな飯を食わせてるのか」

(「ははおやにはちゃんとしろいごはんをたべさせているよ」)

「母親にはちゃんと白いご飯を食べさせているよ」

(むすこがこたえるとおにばばは)

息子が答えると 鬼婆は

(「あととうかしたらおまえのいえにいくからしろいごはんをたいておけ」)

「あと十日したらお前の家に行くから白いご飯を炊いておけ」

(といってやぶのなかにきえてしまいました)

と言って 藪の中に消えてしまいました

(とうかたってむすこがしろいごはんをたいてまっていると)

十日経って 息子が白いご飯を炊いて待っていると

(そらからどすんときれいなはこがおちてきました)

空からドスンと綺麗な箱が落ちてきました

(はこをあけてみるときれいなむすめがはいっていて)

箱を開けてみると 綺麗な娘が入っていて

(「やまのおにばばにここのよめになれといわれた」というのです)

「山の鬼婆に ここの嫁になれと言われた」というのです

(むすこはむすめをおよめさんにしました)

息子は娘をお嫁さんにしました

(およめさんはちょうじゃのむすめでした)

お嫁さんは 長者の娘でした

(はなしをきいたちょうじゃもやさしいむすこがすきになってたくさんのおかねをわたしました)

話を聞いた長者も 優しい息子が好きになってたくさんのお金を渡しました

(それでふたりはしあわせにくらしました)

それで2人は幸せに暮らしました

(あのおにばばはほんとうはやまのかみさまだったのです)

あの鬼婆は 本当は山の神様だったのです

◆コメントを投稿

※公序良俗に反するコメントや、他者を中傷するようなコメントはしないでください。
※このゲームにコメントするにはログインが必要です。