勝手に、小説5ー近代元気印娘2

投稿者横濱kabitan(カビタン)プレイ回数000
難易度(3.7) 654打 長文タグ小説 SF タイムトリップ 近代
さてさて、近代女史2人が出会ったカフェの客とは?
若干、前の《夢迷宮》を引きずっている演出もありますね
順位 名前 スコア 称号 打鍵/秒 正誤率 時間(秒) 打鍵数 ミス 問題 日付
1 yama 5503 速読み 5.5 99.0% 116.1 645 6 23 2020/12/01
2 まぶちゃん 3539 咬み読み 3.7 93.7% 173.2 657 44 23 2020/12/04
3 ken 2355 熟読み 2.5 91.6% 249.2 646 59 23 2020/12/08

関連タイピング

問題文

ふりがな非表示 ふりがな表示

(2にんはきになるせんきゃくのとなりのせきをとった)

2人は気になる先客の隣の席を取った

(2にんはそのふうがわりなきゃくのせにあたる)

2人はその風変わりな客の背に当たる

(ややななめのてーぶるにすわると)

やや斜めのテーブルに座ると

(ちょうどきゃくのてもとがみえた)

丁度客の手元が見えた

(そのきゃくはまったく2にんをきにせず)

その客は全く2人を気にせず

(てにあるものをみていた)

手にある物を見ていた

(そのてにはぶんこほどのはこをもち)

その手には文庫程の箱を持ち

(ひょうしみたいにしゃしんがあった)

表紙みたいに写真があった

(そのきゃくがひょうしをさわるたびに)

その客が表紙を触る度に

(しゃしんがつぎつぎとかわった)

写真が次々と変わった

(「ねぇねぇあれどんなしかけかしら?」)

「ねぇねぇあれどんな仕掛けかしら?」

(じょせいきしゃはなじみのかいりきおんなにささやいた)

女性記者は馴染みの怪力女にささやいた

(かいりきおんなはどんなものも)

怪力女はどんなものも

(みたままうけいれるきりょうで)

見たまま受け入れる器量で

(「きっとにほんのものじゃないの?」)

「きっと日本の物じゃないの?」

(ときにしないようす。)

と気にしない様子。

(じょせいきしゃがもういちどふしぎなきゃくをみると)

女性記者がもう一度不思議な客を見ると

(いつのまにかいなくなっていた)

いつの間にかいなくなっていた

(じょせいきしゃがきつねにつつかれたように)

女性記者がキツネにつつかれた様に

(ぼうっとしていると)

ぼうっとしていると

など

(「あんたがあんまりじろじろみるから)

「あんたがあんまりじろじろ見るから

(いっちゃったのよ」)

往っちゃったのよ」

(とかいりきおんながいった)

と怪力女が言った

問題文を全て表示 一部のみ表示 誤字・脱字等の報告

◆コメントを投稿

※他者を中傷したり、公序良俗に反するコメント、宣伝行為はしないでください。

※ランキング登録した名前で投稿されます。

横濱kabitan(カビタン)のタイピング

オススメの新着タイピング

タイピング練習講座 ローマ字入力表

人気ランキング

注目キーワード