箴言6章(1-18節)

投稿者あっくんプレイ回数00
難易度(4.5) 1281打 長文

関連タイピング

問題文

ふりがな非表示 ふりがな表示

(1.わがこよ。もし、あなたがりんじんのためにほしょうにんとなり、)

1.わが子よ。もし、あなたが隣人のために保証人となり、

(たこくじんのためにせいやくをし、)

他国人のために誓約をし、

(2.あなたのくちのことばによって、あなたじしんがわなにかかり、)

2.あなたの口のことばによって、あなた自身がわなにかかり、

(あなたのくちのことばによって、とらえられたなら、)

あなたの口のことばによって、捕らえられたなら、

(3.わがこよ、そのときにはすぐこうして、じぶんをすくいだすがよい。)

3.わが子よ、そのときにはすぐこうして、自分を救い出すがよい。

(あなたはりんじんのてにおちいったのだから、いって、)

あなたは隣人の手に陥ったのだから、行って、

(ふしてりんじんにしつこくせがむがよい。)

伏して隣人にしつこくせがむがよい。

(4.あなたのめをねむらせず、あなたのまぶたをまどろませず、)

4.あなたの目を眠らせず、あなたのまぶたをまどろませず、

(5.かもしかがかりゅうどのてからのがれるように、)

5.かもしかが狩人の手からのがれるように、

(とりがとりをとるもののてからのがれるようにじぶんをすくいだせ。)

鳥が鳥を取る者の手からのがれるように自分を救い出せ。

(6.なまけものよ。ありのところへいき、そのやりかたをみて、ちえをえよ。)

6.なまけ者よ。蟻のところへ行き、そのやり方を見て、知恵を得よ。

(7.ありにはしゅりょうもつかさもしはいしゃもいないが、)

7.蟻には首領もつかさも支配者もいないが、

(8.なつのうちにしょくもつをかくほし、かりいれどきにしょくりょうをあつめる。)

8.夏のうちに食物を確保し、刈り入れ時に食糧を集める。

(9.なまけものよ。いつまでねているのか。いつめをさましておきるのか。)

9.なまけ者よ。いつまで寝ているのか。いつ目をさまして起きるのか。

(10.しばらくねむり、しばらくまどろみ、しばらくてをこまねいて、またやすむ。)

10.しばらく眠り、しばらくまどろみ、しばらく手をこまねいて、また休む。

(11.だから、あなたのまずしさはふろうしゃのように、)

11.だから、あなたの貧しさは浮浪者のように、

(あなたのとぼしさはおうちゃくもののようにやってくる。)

あなたの乏しさは横着者のようにやって来る。

(12.よこしまなものやふほうのものは、まがったことをいってあるきまわり、)

12.よこしまな者や不法の者は、曲がったことを言って歩き回り、

(13.めくばせをし、あしであいずし、ゆびでさし、)

13.目くばせをし、足で合図し、指でさし、

(14.そのねじれたこころは、いつもあくをはかり、あらそいをまきちらす。)

14.そのねじれた心は、いつも悪を計り、争いをまき散らす。

など

(15.それゆえ、さいがいはとつぜんやってきて、かれはたちまちほろぼされ、)

15.それゆえ、災害は突然やって来て、彼はたちまち滅ぼされ、

(いやされることはない。)

いやされることはない。

(16.しゅのにくむものがむっつある。いや、しゅごじしんのいみきらうものがななつある。)

16.主の憎むものが六つある。いや、主ご自身の忌みきらうものが七つある。

(17.たかぶるめ、いつわりのした、つみのないもののちをながすて、)

17.高ぶる目、偽りの舌、罪のない者の血を流す手、

(18.じゃあくなけいかくをさいくするこころ、あくへはしるにはやいあし、)

18.邪悪な計画を細工する心、悪へ走るに速い足、

問題文を全て表示 一部のみ表示 誤字・脱字等の報告

◆コメントを投稿

※他者を中傷したり、公序良俗に反するコメント、宣伝行為はしないでください。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。