銀河鉄道の夜 17

投稿者ヤマセミプレイ回数677
難易度(3.8) 1271打 長文タグ小説 銀河鉄道 宮沢賢治
七、北十字とプリオシン海岸 (1/6)  
 宮沢賢治 作
「おっかさんは、ぼくをゆるして下さるだろうか。」
いきなり、カムパネルラが、思い切ったというように、少しどもりながら、せきこんでいいました。
順位 名前 スコア 称号 打鍵/秒 正誤率 時間(秒) 打鍵数 ミス 問題 日付
1 ぬんぺっぺ 6702 S+ 6.8 98.2% 185.6 1266 22 33 2021/10/10
2 でこぽん 6234 A++ 6.3 98.5% 198.1 1254 19 33 2021/11/04
3 rui 5335 B++ 5.3 99.4% 232.8 1249 7 33 2021/11/04
4 ネコ 4189 C 4.4 94.5% 286.9 1275 73 33 2021/11/24
5 ナナナナ 3640 D+ 3.9 93.6% 325.5 1271 86 33 2021/11/25

関連タイピング

問題文

ふりがな非表示 ふりがな表示

(なな、きたじゅうじとぷりおしんかいがん)

七、北十字とプリオシン海岸

(「おっかさんは、ぼくをゆるしてくださるだろうか。」)

「おっかさんは、ぼくをゆるして下さるだろうか。」

(いきなり、かむぱねるらが、おもいきったというように、)

いきなり、カムパネルラが、思い切ったというように、

(すこしどもりながら、せきこんでいいました。)

少しどもりながら、せきこんでいいました。

(じょばんには、)

ジョバンニは、

((ああ、そうだ、ぼくのおっかさんは、)

(ああ、そうだ、ぼくのおっかさんは、

(あのとおいひとつのちりのようにみえる)

あの遠い一つのちりのように見える

(だいだいいろのさんかくひょうのあたりにいらっしゃって、)

橙いろの三角標のあたりにいらっしゃって、

(いまぼくのことをかんがえているんだった。))

いまぼくのことを考えているんだった。)

(とおもいながら、ぼんやりしてだまっていました。)

と思いながら、ぼんやりしてだまっていました。

(「ぼくはおっかさんが、ほんとうにしあわせになるなら、)

「ぼくはおっかさんが、ほんとうにしあわせになるなら、

(どんなことでもする。)

どんなことでもする。

(けれども、いったいどんなことが、)

けれども、いったいどんなことが、

(おっかさんのいちばんのしあわせなんだろう。」)

おっかさんのいちばんのしあわせなんだろう。」

(かむぱねるらは、なんだか、なきだしたいのを、)

カムパネルラは、なんだか、泣きだしたいのを、

(いっしょうけんめいこらえているようでした。)

一生けんめいこらえているようでした。

(「きみのおっかさんは、なんにもひどいことないじゃないの。」)

「きみのおっかさんは、なんにもひどいことないじゃないの。」

(じょばんにはびっくりしてさけびました。)

ジョバンニはびっくりして叫びました。

(「ぼくわからない。けれども、だれだって、)

「ぼくわからない。けれども、誰だって、

(ほんとうにいいことをしたら、いちばんしあわせなんだねえ。)

ほんとうにいいことをしたら、いちばんしあわせなんだねえ。

など

(だから、おっかさんは、ぼくをゆるしてくださるとおもう。」)

だから、おっかさんは、ぼくをゆるして下さると思う。」

(かむぱねるらは、なにかほんとうにけっしんしているようにみえました。)

カムパネルラは、なにかほんとうに決心しているように見えました。

(にわかに、くるまのなかが、ぱっとしろくあかるくなりました。)

にわかに、車のなかが、ぱっと白く明るくなりました。

(みると、もうじつに、こんごうせきやくさのつゆや)

見ると、もうじつに、金剛石や草の露や

(あらゆるりっぱさをあつめたような、)

あらゆるりっぱさをあつめたような、

(きらびやかなぎんがのかわどこのうえをみずはこえもなくかたちもなくながれ、)

きらびやかな銀河の河床の上を水は声もなくかたちもなく流れ、

(そのながれのまんなかに、)

その流れのまん中に、

(ぼうっとあおじろくごこうのさしたひとつのしまがみえるのでした。)

ぼうっと青白く後光の射した一つの島が見えるのでした。

(そのしまのたいらないただきに、)

その島の平らないただきに、

(りっぱなめもさめるような、しろいじゅうじかがたって、)

りっぱな目もさめるような、白い十字架がたって、

(それはもうこおったほっきょくのくもでいたといったらいいか、)

それはもう凍った北極の雲で鋳たといったらいいか、

(すきっとしたきんいろのえんこうをいただいて、)

すきっとした金いろの円光をいただいて、

(しずかにえいきゅうにたっているのでした。)

しずかに永久に立っているのでした。

問題文を全て表示 一部のみ表示 誤字・脱字等の報告

◆コメントを投稿

※誹謗中傷、公序良俗に反するコメント、歌詞の投稿、宣伝行為は禁止です。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。

※コメントは日本語で投稿してください。

※歌詞のコメントは著作権侵害となります。投稿しないでください!