箴言19章(16-29節)

投稿者あっくんプレイ回数15
難易度(4.4) 1125打 長文

関連タイピング

問題文

ふりがな非表示 ふりがな表示

(16.めいれいをまもるものはじぶんのいのちをたもち、じぶんのみちをさげすむものはしぬ。)

16.命令を守る者は自分のいのちを保ち、自分の道をさげすむ者は死ぬ。

(17.よるべのないものにほどこしをするのは、しゅにかすことだ。)

17.寄るべのない者に施しをするのは、主に貸すことだ。

(しゅがそのぜんこうにむくいてくださる。)

主がその善行に報いてくださる。

(18.のぞみのあるうちに、じぶんのこをこらしめよ。)

18.望みのあるうちに、自分の子を懲らしめよ。

(しかし、ころすきをおこしてはならない。)

しかし、殺す気を起こしてはならない。

(19.はげしくいきどおるものはばつをうける。)

19.激しく憤る者は罰を受ける。

(たといかれをすくいだしても、ただ、これをくりかえさなければならない。)

たとい彼を救い出しても、ただ、これをくり返さなければならない。

(20.ちゅうこくをきき、くんかいをうけいれよ。)

20.忠告を聞き、訓戒を受け入れよ。

(そうすれば、あなたはあとでちえをえよう。)

そうすれば、あなたはあとで知恵を得よう。

(21.ひとのこころにはおおくのけいかくがある。しかししゅのはかりごとだけがなる。)

21.人の心には多くの計画がある。しかし主のはかりごとだけが成る。

(22.ひとののぞむものは、ひとのかわらぬあいである。)

22.人の望むものは、人の変わらぬ愛である。

(まずしいひとは、まやかしをいうものにまさる。)

貧しい人は、まやかしを言う者にまさる。

(23.しゅをおそれるなら、いのちにいたる。みちたりてすみ、わざわいにあわない。)

23.主を恐れるなら、いのちに至る。満ち足りて住み、わざわいに会わない。

(24.なまけものはてをさらにさしいれても、それをくちにもっていこうとしない。)

24.なまけ者は手を皿に差し入れても、それを口に持っていこうとしない。

(25.あざけるものをうて、そうすれば、わきまえのないものはりこうになる。)

25.あざける者を打て、そうすれば、わきまえのない者は利口になる。

(さとりのあるものをせめよ。そうすれば、かれはちしきをわきまえる。)

悟りのある者を責めよ。そうすれば、彼は知識をわきまえる。

(26.ちちにらんぼうし、ははをおいだすものは、はじをみ、はずかしめをうけるこである。)

26.父に乱暴し、母を追い出す者は、恥を見、はずかしめを受ける子である。

(27.わがこよ。くんかいをきくのをやめてみよ。)

27.わが子よ。訓戒を聞くのをやめてみよ。

(そうすれば、ちしきのことばからまよいでる。)

そうすれば、知識のことばから迷い出る。

(28.よこしまなしょうにんは、さばきをあざけり、)

28.よこしまな証人は、さばきをあざけり、

など

(わるもののくちは、わざわいをのみこむ。)

悪者の口は、わざわいをのみこむ。

(29.さばきはあざけるもののためにじゅんびされ、)

29.さばきはあざける者のために準備され、

(むちうちはおろかなもののせのためにじゅんびされている。)

むち打ちは愚かな者の背のために準備されている。

問題文を全て表示 一部のみ表示 誤字・脱字等の報告

◆コメントを投稿

※他者を中傷したり、公序良俗に反するコメント、宣伝行為はしないでください。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。

あっくんのタイピング

オススメの新着タイピング

タイピング練習講座 ローマ字入力表

人気ランキング

注目キーワード