風の又三郎 19

投稿者ヤマセミプレイ回数125
難易度(3.9) 1909打 長文タグ小説 風の又三郎 宮沢賢治
九月十二日 大風の朝①
宮沢賢治 作 全文
順位 名前 スコア 称号 打鍵/秒 正誤率 時間(秒) 打鍵数 ミス 問題 日付
1 HAKU 6753 S++ 6.9 97.0% 274.1 1909 58 46 2020/09/01
2 おっ 6614 S+ 6.9 95.8% 274.7 1900 83 46 2020/09/08
3 じゃじゃ 6600 S+ 6.7 97.9% 280.0 1888 40 46 2020/09/15
4 でこ 6249 A++ 6.4 96.9% 294.9 1903 60 46 2020/09/13
5 nikukyu- 4110 C 4.3 94.9% 450.5 1957 105 46 2020/08/31

関連タイピング

問題文

ふりがな非表示 ふりがな表示

(くがつじゅうににち、だいじゅににち)

九 月 十 二 日 、第 十 二 日

(「どっどど どどうど どどうど どどう)

「どっどど どどうど どどうど どどう

(あおいくるみも、ふきとばせ)

青いくるみも、吹きとばせ

(すっぱいかりんもふきとばせ)

すっぱいかりんもふきとばせ

(どっどど どどうど どどうど どどう)

どっどど どどうど どどうど どどう

(どっどど どどうど どどうど どどう」)

どっどど どどうど どどうど どどう」

(せんころ、またさぶろうからきいたばかりのあのうたを)

先頃(センコロ)、又三郎から聞いたばかりのあの歌を

(いちろうはゆめのなかでまたきいたのです。)

一郎は夢の中でまたきいたのです。

(びっくりしてはねおきてみると、)

びっくりして跳ね起きて見ると、

(そとではほんとうにひどくかぜがふいて、はやしはまるでほえるよう、)

外ではほんとうにひどく風が吹いて、林はまるで咆えるよう、

(あけがたちかくのあおぐろいうすあかりが、)

あけがた近くの青ぐろいうすあかりが、

(しょうじやたなのうえのちょうちんばこやいえじゅう、いっぱいでした。)

障子や棚の上の提灯箱や家中、一っぱいでした。

(いちろうはすばやくおびをして、そしてげたをはいてどまをくだり、)

一郎はすばやく帯をして、そして下駄をはいて土間を下り、

(うまやのまえをとおってくぐりをあけましたら、)

馬屋の前を通って潜りをあけましたら、

(かぜがつめたいあめのつぶといっしょに、どうっとはいってきました。)

風がつめたい雨の粒と一緒に、どうっと入って来ました。

(うまやのうしろのほうでなにかとがばたっとたおれ、)

馬屋のうしろの方で何か戸がばたっと倒れ、

(うまはぶるるっとはなをならしました。)

馬はぶるるっと鼻を鳴らしました。

(いちろうはかぜがむねのそこまでにじみこんだようにおもって、)

一郎は風が胸の底まで滲み込んだように思って、

(はあとつよくいきをはきました。)

はあと強く息を吐きました。

(そしてそとへかけだしました。)

そして外へかけだしました。

など

(そとはもうよほどあかるく、つちはぬれておりました。)

外はもうよほど明るく、土はぬれて居りました。

(いえのまえのくりのきのれつは、へんにあおくしろくみえて、)

家の前の栗の木の列は、変に青く白く見えて、

(それがまるでかぜとあめとで、いませんたくをするとでもいうように、)

それがまるで風と雨とで、今洗濯をするとでもいう様に、

(はげしくもまれていました。)

烈しくもまれていました。

(あおいはもいくまいもふきとばされ、)

青い葉も幾枚も吹き飛ばされ、

(ちぎられたあおいくりのいがは、くろいじめんにたくさんおちていました。)

ちぎられた青い栗のいがは、黒い地面にたくさん落ちていました。

(そらではくもがけわしいはいいろにひかり、)

空では雲がけわしい灰色に光り、

(どんどんどんどんきたのほうへふきとばされていました。)

どんどんどんどん北の方へ吹きとばされていました。

(とおくのほうのはやしはまるでうみがあれているように、)

遠くの方の林はまるで海が荒れているように、

(ごとんごとんとなったり、ざっときこえたりするのでした。)

ごとんごとんと鳴ったり、ざっと聞えたりするのでした。

(いちろうはかおいっぱいにつめたいあめのつぶをなげつけられ、)

一郎は顔いっぱいに冷たい雨の粒を投げつけられ、

(かぜにきものをもっていかれそうになりながら、)

風に着物をもって行かれそうになりながら、

(だまってそのおとをききすまし、じっとそらをみあげました。)

だまってその音をききすまし、じっと空を見上げました。

(するとむねが、さらさらとなみをたてるようにおもいました。)

すると胸が、さらさらと波をたてるように思いました。

(けれどもまた、じっと、そのなってほえてうなって、)

けれどもまた、じっと、その鳴って吠えてうなって、

(かけていくかぜをみていますと、)

かけて行く風をみていますと、

(こんどはむねが、どかどかなってくるのでした。)

今度は胸が、どかどかなってくるのでした。

(きのうまでおかやのはらのそらのそこに、すみきってしんとしていたかぜが、)

昨日まで丘や野原の空の底に、澄みきってしんとしていた風が、

(けさ、よあけがたにわかにいっせいにこううごきだして、)

今朝、夜あけ方俄かに一斉に斯う動き出して、

(どんどんどんどん、たすかろらかいしょうのきたのはじをめがけて、)

どんどんどんどん、タスカロラ海床の北のはじをめがけて、

(いくことをかんがえますと、)

行くことを考えますと、

(もういちろうはかおがほてり、いきもはあはあなって、)

もう一郎は顔がほてり、息もはあはあなって、

(じぶんまでがいっしょに、そらをかけていくようなきもちになって、)

自分までが一緒に、空を翔けて行くような気持ちになって、

(むねをいっぱいはって、いきをふっとふきました。)

胸を一ぱいはって、息をふっと吹きました。

(「ああひでかぜだ。きょうはたばこもあわもすっかりやらえる。」)

「ああひで風だ。今日はたばこも粟もすっかりやらえる。」

(といちろうのおじいさんがくぐりのところにたって、じっとそらをみています。)

と一郎のおじいさんが潜りのところに立って、じっと空を見ています。

問題文を全て表示 一部のみ表示 誤字・脱字等の報告

◆コメントを投稿

※他者を中傷したり、公序良俗に反するコメント、宣伝行為はしないでください。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。

ヤマセミのタイピング

オススメの新着タイピング

タイピング練習講座 ローマ字入力表

人気ランキング

注目キーワード