銀河鉄道の夜 31

投稿者ヤマセミプレイ回数868
難易度(3.6) 713打 長文タグ小説 銀河鉄道 宮沢賢治
九、ジョバンニの切符 3/36
宮沢賢治 作
「おや、こいつはたいしたもんですぜ。こいつはもう、ほんとうの天上へさえ行ける切符だ。 こいつはもう、ほんとうのてんじょうへさえいけるきっぷだ。天上どこじゃない、どこでも勝手にあるける通行券です。・・・」

関連タイピング

問題文

ふりがな非表示 ふりがな表示

(するととりとりがよこからちらっとそれをみて)

すると鳥とりが横からちらっとそれを見て

(あわてたようにいいました。)

あわてたようにいいました。

(「おや、こいつはたいしたもんですぜ。)

「おや、こいつはたいしたもんですぜ。

(こいつはもう、ほんとうのてんじょうへさえいけるきっぷだ。)

こいつはもう、ほんとうの天上へさえ行ける切符だ。

(てんじょうどこじゃない、どこでもかってにあるけるつうこうけんです。)

天上どこじゃない、どこでも勝手にあるける通行券です。

(こいつをおもちになりゃ、なるほど、)

こいつをお持ちになりゃ、なるほど、

(こんなふかんぜんなげんそうだいよじのぎんがてつどうなんか、)

こんな不完全な幻想第四次の銀河鉄道なんか、

(どこまででもいけるはずでさあ、)

どこまででも行けるはずでさあ、

(あなたがたはたいしたもんですね。」)

あなた方はたいしたもんですね。」

(「なんだかわかりません。」)

「なんだかわかりません。」

(じょばんにがあかくなってこたえながら)

ジョバンニが赤くなって答えながら

(それをまたたたんでかくしにいれました。)

それをまたたたんでかくしに入れました。

(そしてきまりがわるいのでかむぱねるらとふたり、)

そしてきまりが悪いのでカムパネルラとふたり、

(またまどのそとをながめていましたが、)

また窓の外をながめていましたが、

(そのとりとりの、ときどきたいしたもんだというように)

その鳥とりの、ときどきたいしたもんだというように

(ちらちらこっちをみているのがぼんやりわかりました。)

ちらちらこっちを見ているのがぼんやりわかりました。

(「もうじきわしのていしゃばだよ。」)

「もうじきワシの停車場だよ。」

(かむぱねるらがむこうぎしの、)

カムパネルラが向こう岸の、

(みっつならんだちいさなあおじろいさんかくひょうと)

三つならんだ小さな青じろい三角標と

(ちずとをみくらべていいました。)

地図とをみくらべていいました。

◆コメントを投稿

※誹謗中傷、公序良俗に反するコメント、歌詞の投稿、宣伝行為は禁止です。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。

※コメントは日本語で投稿してください。

※歌詞のコメントは著作権侵害となります。投稿しないでください!

ヤマセミのタイピング

オススメの新着タイピング

タイピング練習講座 ローマ字入力表

人気ランキング

注目キーワード